MG百式Ver2.0の金メッキの剥がし方

こんにちは!今回は、MG百式Ver2.0の金メッキの剥がし方をご紹介します!

MG百式Ver2.0はランナーに金メッキが施されていて、塗装なんてしなくても十分なくらいの完成度があります。なので内層パーツ類を塗装するだけでもかなりキレイな百式に仕上がります。

しかし自分だけのガンプラとしてオリジナリティを出したい時に、この元々付いているメッキ調の金色は少々塗装の邪魔にになったりすることがあります。

もちろんそのままメッキの上から塗装をするのもありといえばありですが、塗膜が剥げたりふとした時に下地のメッキが見えたりすることもあります。なので、そういったことがないよう後々の事を考えた塗装としても、そして塗料の食いつきをしっかりとさせるためにもランナーのメッキを剥がしてから塗装するのが好ましいといえます。なので、今回はそのMG百式Ver2.0の金メッキの剥がし方をご紹介したいと思います。

ではまずは百式の外装パーツをランナーから切り離した状態からどうぞ。

IMG_2583

ランナーから金メッキパーツを切り離した状態です。この色でも十分キレイな百式になるんですけどね~。個人的には赤黄色系が少し弱いかなあと。ゲート処理はメッキをはがした後に行います。

この金色パーツは銀メッキの上に金色が塗装されています。なので、まずはその金色を落としていきます。

IMG_2584

まずはメッキパーツの表面にある金色を落とすために、クレオスのMr.カラー薄め液を用意します。この溶剤は塗料を薄めたり、何かと重宝しますね。

Mr.うすめ液 特大 400ml T104

そして百式のメッキパーツを金属やビンのような容器に移し替えます。これは薄め液によって容器が溶けてしまうのを防ぐためです。まあ薄め液がかなり濃度の薄いものになっているので、スーパーの惣菜用透明パックみたいなもの以外はそれほど溶ける容器は無いと思いますが念のため。

IMG_2586

パーツが浸かるくらい溶剤を入れます。浸からなくても混ぜるだけですぐに金色が落ちていきます。5秒くらいでみるみる金色が落ちていきます。

IMG_2587

2分くらいつけておくだけでこの状態です。ほぼ金色が落ちて銀メッキパーツに変わりました。5分もつけておくとほぼキレイになると思います。自分は3分ぐらいですぐに溶剤から上げました。

IMG_2589

ではパーツを溶剤から上げます。ティッシュなどで溶剤を拭き取りながら、1個ずつ上げていきます。残った金色の溶剤は取っておいて、塗装道具(エアブラシやペインティングクリップなど)の洗浄に使います。

IMG_2590

こんな感じになりました。きれいに金色が落ちてますね。

IMG_2591

次にパーツに付いている溶剤をきれいに落とすため、ざるに入れて水洗いします。(一応です。必要ないかもです)

IMG_2595

次に、キッチンハイター(漂白剤)を使って銀メッキを落としていきます。先ほど使った金属の容器もキレイに水洗いしておき、パーツを入れて水を少し入れます。(おそらく水なしでもOKです。)

IMG_2597

だいたいご家庭にあるかと思いますが、普通の台所用漂白剤のキッチンハイターです。

キッチンハイター 4901301017598/600mL

IMG_2598

銀メッキパーツが浸るくらいハイターを入れます。ちなみにキッチンハイターを使う場合は、手荒れなどを防ぐために手袋をして作業をしましょう。自分は手袋無しで使用しても大丈夫でしたが、使用後にしっかりと手を洗いました。手質、皮膚質が人それぞれなので、手荒れがひどい方などは特に注意が必要です。

少し割り箸などでかき混ぜてしばらく時間を置きます。

IMG_2599

3分位でこの状態です。パーツの銀メッキが少しずつ落ちていくのが分かります。

IMG_2600

5分位でこの状態です。だいぶ銀メッキが落ちてきましたね。

IMG_2601

15分くらい経つとこの状態です。ほぼ銀メッキが剥がれて白いパーツになりました。もしまだ落ちていないようであれば、もう少し待ってみてください。キッチンハイターを水で少し薄めているので15分でしたが、そのまま原液の状態だともっと落ちるのが早いと思います。が、パーツに影響が出てもいけないので少し水で薄めて使うことをオススメします。

IMG_2602

あとはざるに上げてキレイに水洗いします。パーツをナイロン袋に入れ、食器用洗剤を一滴二滴垂らしてしっかりと洗浄してキッチンハイターを落としておきましょう。その後またざるに移して水洗いしてメッキ剥がし終了です。水分は乾燥させるなりティッシュや布で拭くなりしっかりと切っておきましょう。

IMG_2603

こんな感じにキレイにメッキを落とすことが出来ました。

IMG_2627

あとはお好みの金色に塗装したりサーフェイサーを吹いたりお好みの処理をどうぞ。

以上です。外装パーツの金色を変えてオリジナリティあふれる百式にしてみるのもガンプラの楽しみのひとつですし、きっと満足いくものに仕上がるでしょう。ぜひ参考にして、自分だけの百式を完成させてみてくださいね。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でMG 百式Ver.2.0を探す
⇒駿河屋でMG 百式Ver.2.0を探す

2 件のコメントがあります。

  1. 置物猫

    on 2016年2月12日 at 10:12 - 返信

    おはようございます。

    やっぱりメッキ塗装剥がして綺麗に塗り直すと、全然違いますね。

    ラッカーで塗料を落として、漂白剤でメッキ部分を落とすというやり方は、よそでも見たことはあるのですが、写真付きで具体的に記載されているところが少なくて、「どうなんだろう?」という部分はありましたが、今回Noriさんの記事を見て、「なるほど!」と思いました。

    流石に組み上げたものはできませんが、色むらが気になってはいたので、もし次回購入することがあったら考えてみたいですね。

    しかし半透明で組むのも面白そうですね。

    • nori

      on 2016年2月21日 at 02:38 - 返信

      コメントありがとうございます!
      自分もネットで調べて初めてやってみたんですが、思ったよりもすんなりいきました(^^)
      逆に言えば溶液がキョーレツということかもしれませんが、キレイに仕上がっったのは嬉しかったですね。
      ネットを見ていると半透明で組んでる百式も見かけました。やるな!と思いました(笑)
      半透明もそうですし、シルバーの百式も面白いですね(^^)

コメントを残す