MGリゼルC型(ゼネラルレビル配備機)の塗装レシピと写真レビューその2 シャドー吹きの注意点

こんにちは!

今回は、MGリゼルC型(ゼネラルレビル配備機)のシャドー吹きの注意点をご紹介したいと思います!

MGリゼルC型の塗装(シャドー吹き)をしようという方は参考にしてみてくださいね。

前回の記事で塗装レシビはご紹介しているので、まずはざっと、塗装した画像をご覧くださいまし。

IMG_0860

IMG_0872

IMG_0868

IMG_0873

IMG_0871

IMG_0870

それではリゼルC型の塗装を印象づけるシャドー吹きのご紹介します。

自分が初めてシャドー吹きをやった感想としては、「そーとー難しい・・・」でした(汗)

もちろん、塗装は個人の好みですから、どんな塗装にしてもそれは自由です。否定することもないですし、個人で満足がいくならどんな塗装でもいいものです。

 

ですが、今回リゼルC型にシャドー吹きをして、悪くはないと思っていますが、すごく満足しているわけではないところがあります。

とくにシャドー吹きは、次の3つが難しいと感じました。

●シャドー吹きの注意点

1,狙ったところが塗装出来ているかわかりにくい

2,狙ったところに塗装できていなければ、汚れているようにしか見えない

3,色を濃くし過ぎると、シャドーではなくなる

まず

1,狙ったところが塗装出来ているかわかりにくい

に関してですが、シャドー吹きをするために、塗料を3倍くらいに薄めます。(塗料は前回の記事でご紹介したとおりの分量です)

薄めるため、実際にシャドーを吹いた時に色がついているのかわかりにくいところがあります。

なので、自分ではきちんと吹いているつもりでも、色が付いているか、薄いのか、濃いのか、かなりわかりにくかったです。

ですから、まずはじめにさっと吹いて、乾かして色を確認してから、薄ければまた吹くといったことを繰り返すと良いかもしれません。

次に

2,狙ったところに塗装できていなければ、汚れているようにしか見えない

に関してですが、これは字の通りで、焦って狙ったところに塗装できていなかった場合、綺麗になるどころか逆に汚くなってしまうことがあります。

ジオラマ等で使うにはいいでしょうが、飾っておく場合にはかなり残念な感じになる場合があります。

ですから、狙ったところにきちんと吹くためにも、性能の良いコンプレッサーと、エアブラシの使い方のレベルアップが必須かなと思いました。

次に

3,色を濃くし過ぎると、シャドーではなくなる

に関してですが、焦って何度もシャドーを吹くと、吹けば吹くほど色が濃くなっていきます。

色がついていないと思って何度も塗り重ねたり、塗料をあまり薄めないで吹きかけるとシャドーではなくなってしまいます。

そうなると、また基本の色を塗ってシャドーを一から始めるか、別の色で塗装してシャドーをあきらめるかということになる場合があります。

以上のことから、シャドー吹きはかなりの熟練度が必要だなと思ったわけです。今回のリゼルC型も、まだまだだな・・・と。

ですが、ここで諦めると、きれいなシャドー吹きはできないので、自分もまたシャドー吹きはチャレンジしてみたいと思います。

まあでも、いいコンプレッサーを買ってからかな(笑)

IMG_0867

IMG_0869

シャドーに関しては以上ですかね~。

シャドー吹きのさらに詳しい方法はパンドラの匣さんのホームページをご覧くださいませ!下のページの中段辺りからどうぞ!

⇒http://auf-ewig.com/h/2013/11/131120.html

それでは今回はこのへんで。

次回はリゼルC型の製作と塗装に関して気になったことをご紹介します!

ではよいガンプラライフをお過ごしください~。ではでは~。 

⇒楽天でMGリゼルC型を探す
⇒駿河屋でMG リゼルC型を探す


コメントを残す