MG1/100フリーダムVer.2.0 スペシャルコーティングVerがプレバンで予約開始になりました。

こんにちは!今回は、MG1/100フリーダムVer.2.0 スペシャルコーティングVerがプレバンで予約開始になりましたのでご紹介します!

1

この度プレミアムバンダイより、『MG1/100フリーダムガンダムVer.2.0 フルバーストモード スペシャルコーティングバージョン』と、フルバースト状態を再現できる『MG1/100フリーダムガンダムVer.2.0 拡張エフェクトセット』が予約開始になりました。

『フルバーストモード スペシャルコーティングバージョン』には専用の拡張エフェクトセットが付属し、メタリックなMGフリーダムガンダムVer2.0と合わせて、エフェクトパーツを使用したフルバーストモードを再現することが出来ます。

フリーダムガンダム本体の白い部分にはホワイトメッキが使用してあり、金属の質感を再現してあります。その他の紺、青、赤の部分にはメタリックの成型色が採用されています。

2

スペシャルコーティングバージョン用の拡張エフェクトセットは、通常の拡張エフェクトセットと違い、ビームの中にラメが入った特別仕様になっています。また、通常の拡張エフェクトセットにはない、ネイビークリアーの専用スタンドが付属します。

デカールは「ガンプラビルダーズワールドカップ2013」世界チャンピオン・山内俊平氏のスペシャル版マーキングデザインが付属します。シルバー部分は通常の製品とは違う、特色印刷色が採用されていて、重量感あるディティールが再現できます。(通常デザインの水転写デカールは付属しません。)

20160328_freedomDX_07

4

スペシャルなMGフリーダムガンダムVer.2.0の容姿を楽しめ、さらに劇中でのフルバーストモードをワンランク上のディティールで楽しめるMG1/100フリーダムガンダムVer2.0 スペシャルコーティングバージョンをぜひチェックしましょう。

『MG1/100フリーダムガンダムVer.2.0 拡張エフェクトセット』は通常販売されるMG1/100フリーダムガンダムVer.2.0をフルバーストモードで再現できる拡張エフェクトセットです。

5

こちらのビームエフェクトはラメが含まれない通常仕様となっていて、専用スタンドも付属しません。ですが、「ガンプラビルダーズワールドカップ2013」世界チャンピオン・山内俊平氏のスペシャル版マーキングデザインと合わせて、通常のフリーダムガンダムを再現するための水転写デカールが付属します。※MGフリーダムガンダムVer2.0本体は付属しません。

リアルなMGフリーダムガンダムVer.2.0を再現するならこちらも必見です!合わせてチェックしましょう。

icon
icon

⇒楽天でMGフリーダムガンダムVer.2.0を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

2 件のコメントがあります。

  1. フリーダム

    on 2016年3月29日 at 15:13 - 返信

    欲しくなる内容ですね!
    通常の2・0でも、楽しめるのに・・・。
    やっぱりここは、お金と相談ですね~

    • nori

      on 2016年3月29日 at 15:19 - 返信

      コメントありがとうございます!
      フリーダム2.0と拡張セットで6000円くらい、スペシャルコーティングVerで10800円なので、単純に倍くらいですね。普通の水転写デカールがなかったり、専用スタンドがついていたり、それぞれ違うのでそこも悩ましいところです。

コメントを残す