MGサザビーver.kaの塗装レシピと写真レビューその6 メタルパーツの取り付けなど。

MGサザビーver.kaの塗装レシピと写真レビューその6です!

今回は、MGサザビーver.kaのメタルパーツの取り付けについてご紹介します。

DSC_0593

メタルパーツを取り付けると、金属の重厚な感じやリアル感が増してすごくかっこよくなりますよね。

ガンプラの塗装済み完成品を見ても、メタルパーツをつけているガンプラは品があって美しいと誰もが思うと思います。

でも、付け方がわからないとか、綺麗に仕上がらなかったらどうしようとか悩んでしまって、結局手を付けられなかったりすることも多いことでしょう。

今回のMGサザビーVer.kaの塗装レシピブログ記事でご紹介したように、バーニア部分をメッキシルバーNEXTなどで塗装すれば、ムリにメタルパーツを付けなくてもそれなりの出来栄えにもなります。

ですが、やはりここは一歩レベルを上げるためにも、メタルパーツを取り付けてみてはいかがでしょうか。

うまくできれば、本当に飾っておけるような高級感あるガンプラに仕上げることが出来ますよ。

では今回MGサザビーVer.kaに取り付けたメタルパーツのご紹介です。

今回取り付けたメタルパーツは2箇所、背中のバーニア部分と、腰の左右にある開閉式アーマーを展開した時に見えるバーニア部分です。

IMG_0561

IMG_0637

ホントは脚の大きいバーニア内や足の甲にある隠れたバーニア、その他、もっと別の部分にもメタルパーツをつけようと思ったのですが、出来が悪くなかったのでやめました。

IMG_0647

では使ったメタルパーツをご紹介します。使用したメタルパーツは下記のとおりです。

 

○背中のメタルパーツ

プラモプラス 

PPノズルB-単品-Ver.2 4個入

Tanpin-B2-10

変換シャフトDアンテナ用3本入

Antenna-A

PPアポジAステン 2mm 12個入り

Apogee-20

BSバーニアノーマル 10.0mm (BSV-N10)

ハイキューパーツ

※BSバーニアノーマル 10.0mm はもう売っていないようです。

IMG_0643

簡単に説明しますね。

まず背中のバーニア上2つについてです。

プラモプラスPPノズルBに変換シャフトDを瞬間接着剤で取り付けます。(内部シャフトの長さは、切ってお好みの長さに調節しましょう)

そしてピンバイスでサザビー背中パーツのバーニア取付部に穴を開けます。

クラフトツール 精密ピンバイスS 74051
クラフトツール 精密ピンバイスS 74051

クラフトツール 極細ドリル刃セット 74044
クラフトツール 極細ドリル刃セット 74044

あとは瞬間接着剤でバーニアをつけるだけです。(ん!?もともと穴が開いていたからピンバイスの穴あけは必要なかったかな?)

カンタン!次に行きましょう。

背中の下バーニアについてです。

ハイキューパーツのBSバーニアノーマル 10.0mは売り切れの場合が多く、人気があって手に入りにくいのかなあという印象をうけました。形状もいいですしね。

個人的には、アルミ感が強く、つやがありすぎる感じがしたので、一度メッキシルバーNEXTで塗装をしました。

写真ではわかりにくいかもしれませんが、何もしないものよりもつやが消えてバーニアの重厚感が増した感じです。

ちなみにこのBSバーニアは、画像を見て分かるとおり2重のバーニアになっているので注意しましょう。

まあ、1重にしようが2重にしようが、それは好みですけどね。

まずプラモプラスのPPアポジAステン 2mmをBSバーニアのシャフト差し込み部分に瞬間接着剤で取り付けます。

そして、バーニアに取り付けたPPアポジAステン 2mmの穴に変換シャフトDを瞬間接着剤で取り付けました。

それを上記同様に、バーニア取付部にピンバイスで穴を開けて、瞬間接着剤で取り付けました。

 

○腰のバーニアメタルパーツ

EVOLVEWORKS製

EWメタルバーニア アルミMセット

↑これもどうやら売り切れのようです。

残念ですね。EVOLVEWORKSのバーニアは大きさとかもちょうどよくて、質感もよくてよかったんです。

だから以前に製作したMGνガンダムVer.kaにも取り付けました。

DSC_0028

やっぱりメタルパーツは大量に買って保持しておく人も多いので、在庫数が少ない場合が多いですね。残念。

アルミでない色違いのバーニアもあるので、そちらを購入されてはいかがでしょうか。

⇒EWメタルバーニア Mセット 2セット入

item_43_1

腰のバーニア取り付け方は上記と同じです。

IMG_0637

まず瞬間接着剤でバーニアとバーニア内部のシリンダーを接着します。

バーニア取付部パーツにピンバイスで穴を開けます。この時注意するのは、あまり大きい穴を開けすぎないこと。

とくにこの腰のバーニア取付部パーツは穴を開ける部分がデリケートなので、大きいドリルで穴を開けるとヒビが入ったりすることがあります。

なのでパーツが割れないように気をつけながら穴を開けましょう。穴を開けたら瞬間接着剤で取り付けるだけです。

他のバーニア部分にメタルパーツを取り付けるのも、だいたい同じような感じですね。

注意点としては、やっぱり瞬間接着剤の取り扱いですね。

バーニア部分に瞬間接着剤がついてしまうと、せっかくのバーニアの金属感が曇って台無しになってしまいます。

一度つけたら乾くまで触らないなど、注意しましょう。

メタルパーツについては以上です。

 

今回がMGサザビーver.kaの紹介最後かと思いましたが、思ったよりも記事にボリュームが出たので、サザビーのレビューや制作しての感想はまた次回となります。

では次回をお楽しみに!

⇒楽天でMGサザビーver.kaを探す
⇒駿河屋でMGサザビーver.kaを探す


コメントを残す