MGガンダムVer3.0の塗装レシピと写真レビューその2 デカールを貼る時の注意

それでは、MGガンダムVer3.0の塗装レシピと写真レビューその2です。

DSC_0460

とはいっても、ほとんど前回の記事で塗装レシピはご紹介しきってしまいました。

なので今回は、前回の記事の最後にお伝えした、MGガンダムVer3.0をよりリアルに仕上げるための必需品のご紹介と、組み立てる上での簡単な注意点をご紹介します!

まずは、MGガンダムVer3.0をよりリアルに仕上げるための必需品です。

すでに以前のブログ記事で書いちゃってますが、それは水転写デカールですね~。

ちなみに、以前書いたブログ内容はこちらです。

⇒私の好きな曲ランキング第7位の発表です!

(↑この記事内で、水転写デカールのご紹介をしました。)

MGガンダムVer3.0に付いているリアリスティックデカールを使うと、シールとパーツの間に段差ができたり、光の関係でシールが目立ったりします。

なので、下のシールド画像を見ても分かる通り、ほとんどシールの凹凸がない水転写デカールが必需品になります。

IMG_0377

あと、作るときに注意する点ですが・・・そうですね・・・あえて言うなら、

あえて言おう!カスであると!!!

giren

・・・失礼しました。(ギレンが降りてきた(笑))

あえて言うなら、マグネットコーティング部分のデカール張りでしょうか。

パーツが円形をしてるマグネットコーティング部分のパーツに水転写デカールを貼るわけですが、肘や膝の部分は普通に貼っても問題無いと思います。

ですが脚のくるぶしの部分にデカールを貼ると、デカールが浮いてしまいます。

DSC_0508

説明がわかりやすいよう、下に画像を用意しました。

○マグネットコーティング部分にデカールを貼った場合

マークセッター1

このままトップコートをすると、デカールが浮いたままになってデカールが剥がれる原因になります。

なので、コレを回避するために、マークセッターというデカールのりを使いました。

Mr.ホビー 仕上げ材 デカール軟化剤 Mr.マークセッター 容量:40ml デカールに革命を!MS232
Mr.ホビー 仕上げ材 デカール軟化剤 Mr.マークセッター 容量:40ml デカールに革命を!MS232

(デカールに革命を!ってのがいいですね)

使い方は、パーツにデカールを貼ったあと、上から塗るだけです。

ひと塗りすれば、デカールが柔らかくなってパーツにくっつきます。

○マークセッターを使用した場合

マークセッター2

自分もはじめは『大丈夫なのか・・・?』と半信半疑でしたが、使ってみると『これはいい(〃∇〃)』と思いました(笑)

注意する点はそんなところでしょうか。

MGガンダムVer3.0自体、よく出来たガンプラなので、素晴しい仕上がりになります!

あと、個人的には、そのうち、モールドやメタルバーニアなど(金属パーツ)をつけてみたいですね。

それでは前回のように、写真をご紹介します。塗装とデカール貼りの参考になればと思います。

⇒楽天でMGガンダム Ver.3.0を探す
⇒駿河屋でMGガンダム Ver.3.0を探す

DSC_0463

DSC_0464

DSC_0466

DSC_0475

DSC_0477

DSC_0486

DSC_0503

DSC_0504

DSC_0508

DSC_0516

DSC_0518

以上、MGガンダムVer3.0のご紹介でした。

ではまた。ではでは~。


1件のコメントがあります。

  1. こんこ

    on 2013年11月7日 at 09:56 - 返信

    1. 無題
    初めて拝見しました!
    凄く面白かったです(^o^)
    ギレンが降臨してた(笑)
    http://ameblo.jp/konko1107/

コメントを残す