HGUC RGM-79C ジム改 レビュー

今回は、2010年8月に発売されたHGUC 1/144 RGM-79C ジム改のレビューをご紹介します!

HGUC RGM-79C ジム改は、『機動戦士ガンダム0083スターダストメモリー』に登場する連邦所属MS『ジム改』の1/144スケールモデルキットです。90mmマシンガンや360mmハイパー・バズーカ、シールドの他、多種のハンドパーツが付属。平手と握り手が選択可能で、多様な演出が楽しめるキットになっています。価格は1,296円(税込み)。

劇中でサウス・バニング大尉が搭乗したジム改。造形自体は歴代HGUCジム系キットとそれほど変わりませんが、全体的な構造(内部構造など)を見ると2006年に発売されたHGUCパワードジムと同タイプになっているようです。

成型色はネイビーとクリーム色がベース。全体的にシールによる色分け箇所はありませんが、腰のV字マークは組立時に貼り付けるよう、説明書に記載されています。

10年ほど前のキットなので可動域は今のキットほど広くはないですが、ポリキャップ(PC-123プラス)を適度に使用してあり、関節強度も高めになっています。バランスがいいので自立もかなり安定しています。

頭部。頬にダクトが追加された特徴的な形状になっています。前後挟み込みタイプなので上から側面にかけて合わせ目ができます。頬のダクト内部は塗り分けが必要です。

とさか後部のセンサーは塗り分けが必要です。ゴーグルと額のセンサーは一体型のクリアーグリーンパーツで、内部パーツはメカニカルな造形が再現されています。

胸部。モールドは少なめ。エアインテークやコックピットハッチは別パーツで色分けされています。前後挟み込みタイプですが、側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。

腰部。こちらもモールドは少なめでシンプルな造形。中央のV字マークは黄色いシールによる色分けです。マーキングシールなので接着が弱く、浮き気味になりやすいので注意です。

腰アーマー裏にモールドなどの造形はありません。股間部は簡単なボールジョイントによる接続です。リアアーマー下部には別パーツでサブスラスターが造形されています。(はめ込みが甘くて浮いてますね;)

腕部。ジムらしい角型でシンプルな造形。ハンドパーツは親指や4指が別パーツ化された穴なしの握り手が付属しています。手甲パーツはクリーム色に塗装する必要があります。

二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプで上下に合わせ目ができます。肘から下が分離しないので、合わせ目を消す場合は後ハメ加工かマスキング塗装が必要です。

ショルダーアーマー。前後挟み込みタイプですが、合わせ目は側面に一部できるのみです。側面のダクトは内部をグレー、フチを赤で塗り分ける必要があります。

脚部。大腿部は側面に、膝から下は後部に合わせ目ができますが、どちらも段落ちモールドっぽくなっています。

足首から下の部分。特徴的なスリッパ型で、くるぶしの装甲はグレーのパーツで色分けされています。足裏もモールド入りの別パーツで造形されているので肉抜き穴はありません。アンクルガードは左右での組み合わせで、前側の端に合わせ目ができます。

バックパック。本体は1個パーツのシンプル構造。左側面にはサーベル柄が懸架されています。

バックパックは2ダボ接続。固定強度が高めなので、取り外す場合は慎重に作業する必要があります。バックパック裏面はガッツリ肉抜き穴になっています。(バックパックを外すのに手間取り、キズキズになってしまいました;)

2017年に発売されたHGUC陸戦型ジムなどのバックパックは、微妙にダボ穴の間隔が違うので装備することはできませんでした。同時期に発売されたパワードジムやジムクゥエルなどのバックパックもダボ形状が違ったりするのでマウントは出来ないようです。中には合うものもあるかも。

下部のバーニア(メインスラスター)もシンプルな造形で、可動ギミックはありません。内部は赤く塗り分ける必要があります。

HGUC陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。ジム系のキットなのでHGとしては小型の部類になります。陸戦型ジム、ジム改共に頭頂高は18.0mです。

頭部の上下可動域は少なめ。首があまり長くないこともあり、顎や頭部の襟袖が干渉したりするのであまり表現力はありません。左右へは一応水平にまで可動しますが、襟や顎などが干渉するのでかなりきつめ。首の短さが左右への可動にも影響しています。

腕は水平にまで上げることができませんでした。肘はしっかりと折り曲げることができます。

肩の前後スイングは、一応肩内部パーツに前後可動するギミックがあり、前方に少しスイング可動するようになっています。

腹部に可動ギミックがなく、腰もボールジョイント接続ではないため、上半身の前後スイングはできません。腰は360度回転可能です。腕の接続部は胸部から伸びるダイプで上下可動できるようにはなっていません。

股間部にはアクションベースマウントパーツ用の穴が蓋で塞がれていて、付属のマウントパーツを取り付けることでアクションベースにディスプレイが可能です。

フロントアーマーが広く展開するので、水平程度にまで前後開脚が可能です。

膝はくの字程度にまで可動します。膝パーツには合わせ目ができます。

足首の可動は、つま先を伸ばす動きはあまり広くはできませんが、かかとを上げるような動きはかなり深くまで可動します。左右への可動もそれほど広くはありません。

左右への開脚は、股間部がボールジョイント接続なのでハの字程度にまでしか広げることができません。

内股、ガニ股の可動も水平まではいかず、45度程度までとなります。

立膝もきれいな形でこなすことはできませんでした。

可動域を総括すると、肘や前後開脚など部分的に可動が広い箇所はあるものの、股間部がボールジョイントだったり、肩が胴体から伸びる軸型だったりで、現行キットに比べると全体的に物足りなさのある可動域だと思います。

シールド、シールド用マウントパーツ、アクションベース用マウントパーツ、360mmハイパー・バズーカ、90mmマシンガン、武器持ち手(右)、平手(左右:手甲パーツグレー)、平手(左:手甲パーツクリーム)、握り手(右)が付属。

肩内部パーツが余剰で付属のほか、トリントン基地のロゴやペイント弾跡などが含まれたマーキングシールが付属します。

90mmマシンガン。モナカ割の簡単な構造で、前後、上下各面に合わせ目ができます。マガジンの脱着ギミックなどはありません。

センサーは塗り分けが必要で、後部のモールドは左右で少し位置がずれているので、合わせ目を消す場合は修正する必要がありそうです。特にリアアーマーにマウントするなどのギミックはありません。

360mmハイパー・バズーカ。グリップを挟んでの左右挟み込みタイプなので、上下などに合わせ目ができます。

砲口は開口され、中間部にあるセンサーは塗り分けが必要です。後部のダクトはスリット入りで、グリップはあまり広くないですが、前後に可動します。こちらもリアアーマーにマウントしたりするギミックはありません。

シールド。連邦型の標準的な形状で、別パーツ2枚による組み合わせです。裏面はモールドが造形され、部分的に塗り分けが必要です。

シールドはマウントパーツを使用して両前腕にマウント可能です。組み換えることで側面と後部に向けることができます。

ハンドパーツ各種をアップで。手甲パーツがクリーム色の平手は手首が可動します。

90mmマシンガンとシールドを装備して。90mmマシンガンは武器持ち手で保持します。90mmマシンガンはダボ固定ではないのでふらつきますが、保持強度はまずまずなので、ポージングはそれほど気にすることなくできそうです。

武器持ち手(右)の手甲パーツがクリーム色なので、左手もそれに合ったハンドパーツ(手甲パーツがクリーム色のもの)を使用する必要があります。(グレーとクリームの手甲パーツを組み換えることはできませんでした。)

可動域があまり広くない分、少しポージングに不自由さがありますが、特にポロリもなく安心してポージングさせることができます。二の腕部分が若干外れやすいので、その点だけ注意です。

ハイパー・バズーカも問題なく保持できますが、多少ぎこちなさがあるので、できればもう少しグリップの可動範囲が広ければより柔軟に構えることができたと思います。ですがある程度のポージングは可能です。

HGUC陸戦型ジムからサーベル刃を拝借して。サーベル柄が飾りになってしまうので、できればビームサーベル刃が付属しているとありがたかったところです。

以上です。キット自体はかなりオーソドックスですが、ジム改ならではの頭部造形や体型バランスなどにどこか味を感じるキットになっていると思います。クリームとネイビーのカラーリングは、地味めながらもジムの造形ととてもよく合っていていいですね。ポージングするごとに良さが感じられます。

手甲パーツがグレーとクリームで分かれているので、できればどのハンドパーツにも合う(クリーム色の)手甲パーツが用意されていればよかったのと、ビームサーベル刃は付属していると良かったですね。

可動域があまり広くないのでポージングには多少の不自由さがありますが、それでもある程度の迫力あるポージングはできますし、浮かせた状態よりも接地させたほうがよく見えるので、0083の劇中シーンも良く表現できると思います。10年前の発売ですが特に古さはなく、泥臭さみたいなのも演出できる優秀さがいいですね。

⇒楽天でHGUC RGM-79C ジム改を探す
⇒駿河屋でHGUC RGM-79C ジム改を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC RGM-79C ジム改を探す

2 件のコメントがあります。

  1. 事務

    on 2019年1月6日 at 20:02 - 返信

    2010年発売なら、発売してから20年も経ってませんよね…。

    • nori

      on 2019年1月6日 at 20:36 - 返信

      コメントありがとうございます!
      失礼しました、ご指摘感謝ですm(_ _)m
      記事を修正しておきました^_^;

コメントを残す