icon
icon
icon

HGUC ペーネロペーの制作⑬ 各部のシャープ化やモールドの彫り直しなど

今回は、HGUC ペーネロペーの製作⑬をご紹介します!

ペーネロペーの制作もラストスパート。今回はやること自体は前回とほとんど変わらず。各部のシャープ化やモールドの彫り直しなどをしていきます。

まずは前回、接着しておいたビームバルカンの表面をヤスって合わせ目を消しておきます。接着時に消えてしまったモールドも合わせてスジボリ。モールドを再造形しておきました。

プラ板を貼っておいた肩部FFユニットの側面ダクトの先端はヤスってシャープ化。先端部分が薄いので、ヤスるときに力を入れすぎて接着部分を折らないように注意します。根気よくじっくりと整形していきます。

そして肩部FFユニットの前後装甲パーツはそれぞれBMCタガネ(0.2mm)でラインモールドを彫り直し、段差部分をスジボリしてメリハリを付けておきます。

FFユニット脚部側面の装甲もラインモールドや段差部分に沿ってスジボリ。スジボリ前に比べ、段差部分をスジボリすることで別パーツっぽく見立てることができるのがいいですね。

スジボリし、モールドを彫り直したFFユニット脚部側面パーツは部分的に鋼魂のダクトフィンAW-100を接着し、ディテールアップしておきます。

FFユニットのフロントアーマーにもダクトフィンを接着。脚部装甲、フロントアーマー共に仮接着なので、塗装後に接着してディテールアップしていきます。

次いでにFFユニットの胸部装甲も各部モールドや段差部分をスジボリ。

オデュッセウスガンダムの全身各部も一通りスジボリしておきました。この作業しかしていないのにあっという間に時間が過ぎてしまいますね;

以上、今回はここまでです。特に気になった改修箇所もなかったので、ひたすらスジボリしてモールドを強調しておきました。これでスミ入れはかなりラクになるかと思います。頑張ったぶん、仕上がりも良くなるといいですね。これで各部の改修、ディテールアップは終わった(つもり)なので、表面処理をした後、塗装して仕上げていきます。

⇒あみあみでHGUCペーネロペーを探す
⇒DMM.comでHGUCペーネロペーを探す
⇒楽天でHGUCペーネロペーを探す
⇒駿河屋でHGUCペーネロペーを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUCペーネロペーを探す

制作には『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。(一度切りです。)切れ味はもちろん優秀。薄刃ですが強度が高く長持ちするのでおすすめです。⇒ヌルっと切れる片刃ニッパーのレビューはこちら

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す