HGUC フェネクス(ナラティブVer.)の製作③ 塗装その2

今回は、HGUC フェネクス(ナラティブVer.)の製作③をご紹介します!

前回に続いてフェネクスの塗装をしていきます。なんだかんだで新ガンプラレビューとマスキングに手間取っていますが、塗り分けがキレイにできると疲れも吹っ飛ぶので、地道に作業を続けてレベルアップに努めていきたいと思います。それでは前回の・・・と言ってもだいぶ前ですけど、続きをどうぞ。

まずは前回、ゴールドで塗装したアームド・アーマーDEのマスキングを剥がしておきました。まぁ悪くはないですけど、裏のグレーのところにゴールドが付いちゃってるので、またあとで塗り直しておきます。

その他、シールド裏の塗り分けを忘れていたり(画像右上)、ナラティブVer.で追加されたパーツ(画像右下)にレールの一部が造形されていたりするので、それらの部分をマスキングしてまた塗装に備えます。アームド・アーマーDEの裏面(画像左下)も含め、その他さらに塗り分ける部分(画像左上)も一緒にマスキングしておきました。

シールド裏などは縁が細いので、はじめに縁に貼って向こう側に折り曲げてしまうとすぐにテープが浮いてキレイに塗り分けられない場合があります。なので画像左のように裏からテープを貼って端を外側にちょっと曲げ、画像右のように縁に沿って上から貼っていくとキレイに貼れて、キレイに塗り分けられると思います。

マスキング後に、前回アームド・アーマーの塗装に使ったブラック+フラットホワイト+フレームメタリック1+ブライトレッド+シャインイエローを適度にまぜたもので塗り分けて置きました。

そしてマスキングを剥がした状態。テープを貼ってすぐに塗装したので、キレイに塗り分けられました。マスキングテープは時間の経過で少しずつ剥がれてくるので、貼ってからすぐに塗装したほうが正確に塗り分けられると思います。

ってか、アームド・アーマーDE表面下部(画像左上)の塗り分けるところ間違ってる~~~_| ̄|◯ ・・・・と言っても後の祭りなので、またあとで塗り直しておきます・・・・;(無駄な作業がぁーTдT)

気を取り直して続きを;前回塗装していない部分のゴールドパーツは、サフを吹いて艶ありブラックで塗装したあと、ブライトゴールド70%+パールシルバー30%(共にガイアカラー)で塗装しておきました。こちらもパールを入れたので、少し虹色に輝くようになっています。

マスキングした足裏パーツや膝パーツなど、関節や内部パーツ類はサフ後(既にサフを吹いているものは省く)、ライトガルグレー45%+ジャーマングレー40%+フレームメタリック1 15%(全てガイアカラー)で塗装しておきました。足裏のマスキングや膝裏のマスキングゾルは、ここではまだ剥がさないでおきます。

マガジンをマスキングしておいたビームマグナムを含め、画像左上の武器類はジャーマングレー45%+ニュートラルグレーⅣ40%+フレームメタリック15%(全てガイアカラー)で少しライトなメタリックグレーを作って塗装しました。

バックパックはユニコらしい明るめのブルーはあまり好みではないので、マーズダークブルー50%+ウルトラブルー25%+ジャーマングレー25%(全てガイアカラー)で塗装。ダークグレーに近い深めのネイビーブルーを作って塗装しています。バックパック両脇のパーツ(画像右上)はさらに少しジャーマングレーを追加して色味を変えています。

シールドのレールパーツはスターブライトシルバー(ガイアカラー)で部分的に塗り分けています。

マスキングを剥がすとこんな感じ。まずまず塗り分けられました。レールパーツの中央は、あとでエナメルで筆塗りして補います。

間違えて塗装した部分を修正しておきます。塗り変える部分をマスキングし、他のところは塗料を被らないよう、いらない紙などできっちりと塞いでおきます。そして下部の塗り分けるところに、上記で使用した塗料(ブラック+フラットホワイト+フレームメタリック1+ブライトレッド+シャインイエロー)を吹きます。

そしてさらに部分的にマスキングをして、最後に外装と同じブライトゴールド40%+スターブライトゴールド40%+パールシルバー20%(全てガイアカラー)を吹きます。マスキングを剥がすと画像右のように。なんとか問題なく塗り分けられてよかったです;間違えて塗装しないようにしないと、無駄な作業が増えますね。

以上、今回はここまでです。では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHGUCフェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.)を探す
⇒駿河屋でHGUCフェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.)を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUCフェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.)を探す

コメントを残す