HGUC ナラティブガンダム A装備のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGUC 1/144 ナラティブガンダム A装備のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はフェネクス鹵獲のため、任務を遂行するナラティブガンダムA装備がアップで掲載。背景にはジェスタシェザール隊仕様と共に、フェネクスも掲載されています。激しい戦火も見られますし、劇中シーンをイメージさせますね。でっかい箱でこのイラストを見ると圧巻です。

パッケージサイズはVer.Kaなどと縦横は同じですが、かなり高さが大きいものになっています。HGでこのサイズはなかなかのもの。

横絵はHGUCナラティブガンダムA装備ホームページに記載されている内容とだいたい同じ。ナラティブガンダム本体用の装備品こそ少なめですが、A装備のサイコ・キャプチャーなどは特徴的でこれまでにない面白さのある造形になっています。どことなくサンボルのアトラスガンダムっぽさも感じますし、ジェスタシェザール隊とナラティブガンダムA装備のイラストもいいですね。

開封。どっさりとランナーが入っていますが、A装備用のパーツは大きめのものが多いのでこのボリュームです。ですがパーツ数もまずまずあるので、A装備の組み立ても合わせると簡単なMGレベルにはなるかと思います。

全部で12袋分のランナー。

12月からプレバンで予約が開始されるHGナラティブガンダムB装備拡張セットのチラシも同梱されていました。

説明書はさすがにいつものHGペラ説明書では事足りないので、ブックレットタイプの説明書になっています。表紙は通常のHGと同じ黒背景の塗装済み完成キットが掲載。

では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。ナラティブガンダムの組み立ては最新キットらしいフレーム構造で、作っていても可動域が広いなと確認できるものでした。胸部、腹部も肩可動やコアファイターの造形があって細かいですし、前腕や脚部も内部フレームが造形されて質が高いと思います。(その分強度が物足りないですけど;)そのうち外装を全く変えたナラティブガンダム(C装備?)が公開されるかも。

カラーガイドは基本的なトリコロールカラーにライトグレーが加わったような色種になっています。ナラティブガンダムはνガンダムの実験機(実際はサイコフレーム実験機)なので、全体的なカラーリングもνガンダムに近い色味が使用されているようです。ただ、確認してみるとMGνガンダムVer.Kaとは少し調色が違っていました。どちらかというとアトラスガンダム(サンボル版)に近いかなぁと。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1ランナー。ホワイトの各部外装パーツ類。以下、しばらくナラティブガンダム本体用のランナーになります。

↑B1ランナー。グレーの内部フレームパーツ類。

↑A2、B2ランナー。A2はA1の一部と同じ、B2はB1の一部と同じです。

↑C1、C2ランナー。ライトグレーの各部外装パーツ類。

↑D(ネイビーブルー)、E1(レッド),E2(イエロー)、F1(クリアー)、F2(ブルー)ランナー。F1は腹部キャノピーやA装備用の支柱パーツなど。それ以外はナラティブガンダムの各部外装パーツになります。

↑G1、G2ランナー。ネイビーブルーのA装備用各部パーツになります。ダクト周りのパーツが多いです。以下、A装備用のランナーになります。

↑H1、H2ランナー。イエローのサイコ・キャプチャー用クロ―パーツやダクトパーツです。

↑I1、I2ランナー。ホワイトのA装備用各部外装パーツ類。

↑Jランナー。ホワイトでA装備用の脚部ブースターパーツなど。同じものが2枚あります。

↑Kランナー。ホワイトのA装備用サイコ・キャプチャーパーツ類。同じものが2枚あります。

↑Lランナー。ライトグレーのプロペラントタンクやサイコ・キャプチャーの一部パーツ。同じものが2枚あります。

↑M1ランナー。グレーのA装備用内部パーツ、ダクトパーツ、プロペラントタンク用パーツなど。同じものが2枚付属。ABS素材になります。

↑Nランナー。グレーのA装備用支柱パーツ、サイコ・キャプチャー用ジョイントパーツなど。ABS素材です。

↑Z、DBA-1、DBA-2ランナー。Zはクリアーピンクの大型ビームサーベル刃。DBA-1、DBA-2はクリアーのサイコ・キャプチャー用支柱パーツ。

↑BA2ランナー。ブラックの台座パーツです。

↑ポリキャップ(PC-001)、SB-13(クリアーピンク)、ホイルシールです。

ランナー比としては、画像左がナラティブガンダム本体で右がA装備用のランナーになります。A装備用パーツ多しです;

以上です。キットの造形や形態から、ナラティブガンダムを含めA装備には、まだ明かされていない部分がいくつかあるような気がします。例えばコアブロックシステムやA装備の可動域、攻撃方法、サイコ・キャプチャーの使い方など。

これらは機動戦士ガンダムNTを見ることで分かると思うので、作品を見ることでこのA装備自体もまた違ったポージングが楽しめそうですし、ナラティブガンダムのMGなどが発売されるとすれば、それもまた楽しみなところですね。

⇒楽天でHGUC ナラティブガンダム A装備を探す
⇒駿河屋でHGUC ナラティブガンダム A装備を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ナラティブガンダム A装備を探す

コメントを残す