HGUC ギャン・クリーガー レビュー

今回は、HGUC 1/144 ギャン・クリーガーのレビューをご紹介します!

HGUC 1/144 ギャン・クリーガーは、ゲーム『機動戦士ガンダム ギレンの野望 ジオン独立戦争期』より、幻のジオン公国次期主力MS『ギャン・クリーガー』の1/144スケールモデルキットです。各部装甲がギャンとは異なる独特の形状になっていて、バックパックにはプロペラントタンクを装備。ビーム・ランスやランチャー・シールドも独特の形状が新規造形で再現されています。価格は1,944円(税込み)です。プレミアムバンダイ限定商品。

ギャンの形状を残しつつも、各部にダクトやスラスターが造形され、独特なデザインに仕上がっています。カラーリングはパープルとブラックの成型色がベースになっています。

ランナーは2016年5月に発売されたREVIVE版、HGUCギャンの内部パーツが含まれていますが、ほぼ新規のランナーで構成されています。組み立て構成もHGUCギャンがベースになっています。最近のキットなのでしっかりとした構造になってますね。

バックパックは特徴的なプロペラントタンク付き。特にバックパックの影響を受けることもなく、足裏も広めで関節強度も高いですが、ポージング時は若干後方に倒れやすいかもです。腰が独自の可動をするので、自分の腰の配置が悪く、後ろに倒れやすかったのかも。

シールがほとんどないので、スラスターやダクト類各部はほぼ塗り分けする必要がありそうです。

頭部。ギャンおなじみの十字型モノアイですが、後方まではスリットが入っておらず側面でとどまっています。フェイス全体の形状もギャンに装甲を被せたような変化のある形状になっています。

合わせ目というよりはモールドを意識したようなパーツの組み合わせになっているようです。

モノアイは可動せず、シールを貼り替えることで変化させます。

バストアップ。エアインテークや腹部などはパーツによって色分けされていますが、胸上部のダクト内部は塗り分けが必要です。

腹部、腰部。フロント、サイド、リアどれもモールドが入っていて、ギャンとは一味ちがった近代的な形状に仕上がっています。フロントアーマーは内部のボールジョイントをカットして左右で独立させるよう説明書に指示してあります。

アーマーの裏面には網状のモールドが入っていますが、見た目を良くしたいなら裏打ちパーツなどを造形する必要もあるかも。リアアーマーには3機のスラスターが装備されています。

腕部。二の腕パーツ以外はほぼギャンとは異なる形状に。特にショルダーアーマーはスラスターやダクトが造形されていて、かなり独自の形状が再現されています。前腕は前後はさみ込みなので側面に少し合わせ目が出来ます。手首側面のモールドは塗り分けが必要です。

ショルダーアーマーは左右はさみ込みタイプですが、上部にパーツを被せるようになっているので合わせ目がほとんど露出しません。前後や側面のダクト類は塗り分けが必要ですが、小型のスラスターも別パーツで分かれているのでリアルです。

脚部。ギャンの西洋靴らしい形状を残しつつ、こちらも細かいモールドや造形でディテールが変わっています。太ももは前後はさみ込みタイプで膝下は左右はさみ込みタイプ。太ももは側面に合わせ目が出ますが、段落ちモールドでわからないようになっています。

膝下も外装パーツを被せたり、後部は三角形の頂点が合わせ目になっていたりであまりわかりにくいようにしてあります。

裏面のスラスターは別パーツで再現。内部にスリットはなく、シンプルな形状になっています。

足首から下の部分はギャンらしい段々の形状が残っていますが、先端がより上部に突き上げた形状になっています。足裏は別パーツ化されていて、肉抜き穴などもありません。しっかりとしたモールドが入っています。

バックパック。ギャンとは大きく異る形状に変化。プロペラントタンクを両脇に装備し、スラスターも角型に変化しています。上部のセンサーっぽい部分はシールによる色分けです。スラスターは塗り分けが必要。

プロペラントタンクは本体部分は左右はさみ込みですが、上下とも色分けされたパーツを組み合わせになります。なので、単純なモナカではない、全体的にしっかりとした作りになっています。

HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。UCの機体でありながら割りと大きめサイズ。HGとしては大きめのHGルプスレクスと同じくらいでした。

頭部の可動は特徴的な形状の顎が干渉するため僅かですが、見上げる状態はある程度出来ました。

左右へも、顎と肩部が干渉するので少し浮き気味で不自然な状態に。

ショルダーアーマーが大柄な割に腕はしっかりと上げる事ができます。頭部が細めなのでショルダーアーマーがあまり干渉しないのも要因のひとつかと。

付け根パーツがやや長めだったり、内部のポリキャップが引き出し可能だったりするので、前方へはまずまず腕をスイングさせることができます。後方へもまずまず可動します。

ショルダーアーマーも割りと柔軟に上下可動してくれます。

肘もかなり柔軟に可動しました。全体的に腕部の柔軟性は高いです。

腰はポリキャップによるボールジョイント接続で、前方へはしっかりと倒すことができ、後方へはまずまずの可動域になっています。

内部パーツが他のキットにはない独特の組み合わせになっているので、可動が柔軟になっています。

腰のひねりは十分に可動します。多少干渉しますが、360度回転させることも可能です。

股関節にアクションベースを差し込んて固定させます。標準的な形状。

ゆるくもなくきつくもないのでポージングもし易いかと。アクションベースのダボにそれほど負荷がかからないので、破損にそれほど注意しなくても大丈夫そうです。

多少腰部アーマー類が干渉するものの、十分なくらいに前後開脚させることができます。

膝は後部のスラスターが干渉するのでそれほどそれほど広く可動させることはできず。組み合わせは柔軟性がありそうなだけに、ちょっと残念な気もします。

足首は外装パーツの形状なりに可動します。

つま先も角度変更が可能。ちょっとしたポージングの幅が広がります。

アンクルガードも上下に適度に可動します。

スラスター上部のカバーも少しだけ上下に可動します。多少ポージングに幅が広がるかと。

左右への開脚は水平程度に。これ以上上げるとサイドアーマーがポロリしたりします。

足首の左右への可動はそれほど広くないので、自立して広く開脚させると若干浮き気味になるところがあります。

内股は太ももが干渉するのでほとんど閉めることができず。がに股はそこそこ広がってくれますが、水平まではいきませんでした。

立膝はきれいな形でこなしてくれました。

股関節や腹部のボールジョイントによって、左右に上半身を振ることもできます。なかなか柔軟で、ポージングしていても楽しくなりそうです。

バックパックはプロペラントタンクが上下に広く可動します。

武装はビーム・ランス、ランチャー・シールド、可動式の武器持ち手が付属。

その他、HGUCギャン用パーツが余剰パーツとして多数付属します。バックパックはそのまま再現可能だったので、クリーガーに組み替えて楽しむことも出来ます。

ビーム・ランスHGキットとしてはかなり長さのある武器になります。ビーム部分はオレンジのクリアーパーツで再現されています。

ただ、ルプスレクスの大型メイスと比べるとそこまで長くはないですね。

クリアーパーツはモナカ割なので合わせ目が出るようになります。合わせ目を消す場合はヤスリがけなどが少し手間そうです。グリップの肉抜き穴は別パーツをはめ込んで埋めるようになっています。足裏の肉抜き穴なんかもこういった別パーツで埋めるようになっていると助かるんですけど・・・・。

ランスの内側もしっかりと埋められています。

武器用ハンドパーツを使用して保持させます。しっかりと保持できて、ポロリすることもありません。肩が重さで負けることもなくしっかりと保持してくれます。

武器用ハンドパーツは手首が可動するので、スナップを効かせるような表現が可能です。ランスを突くような独自のスタイルもポージングできるのでいいですね。

両手持ちもラクにさせることができます。

ランチャー・シールド。パープルとブラックで別パーツに分けられています。マズル部分は特に開口されてはいないですが、裏面にはモールドもありますし、良くできた作りになっていると思います。

シールド裏にはランチャーを装備。砲口はある程度の深みが持たせてあります。ランチャー・シールドはハンドパーツに差し込んで保持させます。しっかりと差し込めて固定でき、クルッと回ることもないので安定したポージングが可能です。

では適当に何枚かどうぞ。

 

以上です。ポージングもしやすく、スタイルも美しく仕上がっていますね。ギャンの形状を残しつつ新兵器っぽさを加えてあるので、レトロ感と近代感を併せ持つキットな感じがします。

合わせ目は多少ありますが、そのままでも問題ないくらいに仕上がっていると思います。欠点を上げるなら、ビーム・ランスを持たせてポージングする時、ハンドパーツが比較的外れやすいというところでしょうか。徐々に外れやすくなってくるので、頻繁にランスの角度を変えたり手首を曲げたりするのは避けたいところです。

遊びやすいですし、ランスやシールドを装備した姿はギャン以上のかっこよさを感じるかもしれません。ギャンカスタムっぽいスタイルはギャンファンならずとも多くの方に好まれるのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でHGUC ギャン・クリーガーを探す
⇒駿河屋でHGUC ギャン・クリーガーを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ギャン・クリーガーを探す

コメントを残す