HGUC ギャン レビュー

今回は、2016年5月に発売されたHGUC 1/144 YMS-15 ギャンのレビューをご紹介します!

HGUC ギャンは、『機動戦士ガンダム』に登場するMS『ギャン』の1/144スケールモデルキットです。”新生‐REVIVE‐”による洗練されたプロポーションに加え、二重関節による可動範囲の向上を実現。手首可動式の武器持ち手によってビームサーベルを突くようなポーズも再現可能など、劇中さながらの大胆なアクションポーズが再現可能なキットになっています。価格は1,320円(税込み)です。

マ・クベ搭乗MS『YMS-15 ギャン』が“新生‐REVIVE‐”によりキット化。完全新規造形により、騎士の甲冑のような外観を持つ特徴的な機体形状が再現されています。

成型色はブルー、ライトブルーといった青を基調としたカラーリング。関節やバックパックなどはグレーとシンプルですが、武器類がイエローやレッドでカラフルに色分けされています。シールは頭部モノアイと腹部を補うのみで、塗装による塗り分けもほとんど必要ないくらいの色分けがされています。

ポリキャップはPC-002Aを使用。首、肘、膝以外の箇所に使用し、関節強度は高めになっています。バックパックも小型で比重がかからず脚底も平らなため、自立は極めて安定しています。

頭部。ギャン特有の細身の十字モノアイスリットが造形されています。下部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。上部はメット型で上から被せる仕様。頭頂部アンテナは先端に安全加工が施されています。

後部にもモノアイスリットが造形。

モノアイは大小2枚のシールが付属。可動ギミックなどはなく、シールの位置を貼り換えることでモノアイの動きを表現します。画像右下は小さいモノアイシールを貼った状態。

胴体部。程よいモールドが造形され、形状もバランスの良いものになっています。シンプルながらも洗練された作りに。腹部の装甲はライトブルーのシールでの色分けです。胸部は前後挟み込みタイプですが、側面の合わせ目は段落ちモールド化されています。

肩は引出し可能なポリキャップが造形され、表面にはカバーパーツを取り付けるようになっています。腰アーマー裏はフロントとリアアーマーに裏打ちパーツが造形されています。このあたりの作りはいいですね。

腰は中央のフレームが展開可能。上半身を大きく傾けることができます。

腕部。程よい肉付きで無駄のない作りになっています。

二の腕は筒型で合わせ目はありません。前腕は前後挟み込みタイプで、手首側はそのまま合わせ目が露出。肘側は段落ちモールド化されています。膝から分離できないので、合わせ目を消す場合は後ハメ加工などが必要そうです。

肩部はシンプルな球状型。前後挟み込みタイプですが、上部などにできる合わせ目は段落ちモールド化されています。

側面のカバーパーツを外すことでジョイント穴が露出。HGBFギャンスロットなどへの流用を意識した作りになっています。この穴は3.0mmになっているので、好みでカスタマイズできたりします。

脚部。騎士の甲冑のような形状が色濃く出ています。

大腿部は付け根が広くカットされるなど、干渉を避けつつ幅広い可動を意識した作りになっています。前後挟み込みタイプですが、側面の合わせ目は段落ちモールド化されているようです。膝から下は左右挟み込みタイプで、後部裾部分に合わせ目ができます。それ以外の部分は段落ちモールド化。膝周りも複数パーツの組み合わせでしっかりとした作りになっています。

ソール部。こちらも騎士を意識した作りに。シンプルですが独特の形状です。

脚部は裾が広いですが、内部は裏打ち造形で内部が見えないようになっています。足裏はモールド入りの蓋パーツが造形され、肉抜き穴がない作りに。

つま先は角度変更が可能です。

バックパックはフィンが入った筒型タイプ。複数パーツを組み合わせますが、合わせ目は出来ない作りになっています。

2ダボ接続の標準的な作りなので、他キットのバックパックを取り付けることもできます。下部のスラスターも細かな作りに。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。やや大きめの作りになっています。ギャンの全高は19.9mです。

HGUC RX-78-2 ガンダムと並べて。だいぶサイズ差がありますね。

旧HGUCギャンが手元にないので比較ができず申し訳ないですが、せめてHGギャン・クリーガーと並べて。ギャン・クリーガーはこのREVIVEギャンをベースにしたキットですが、大部分の形状がかなり違っています。

頭部はわずかに上下する程度。左右へは干渉なく可動させることができます。形状が一定なので、どちらを向いているのかわかりにくいかもですね;

腕は水平以上に上げることができます。肘は二重関節で深くまで曲げることが可能。

肩は後方へは付け根ボールジョイントなりですが、前方へは肩引出しギミックによって広めにスイングさせることができます。

腰部展開ギミックなどにより、上半身は広く前後スイングさせることができます。

腰(股間部)の可動ギミックも含め、左右へも広くスイングさせることができます。

腰は干渉なく、360度回転が可能です。アクションベースやスタンドへのディスプレイは、通常通り、股間部に3.0mmジョイントを接続してのディスプレイとなります。

前方への開脚は水平くらいにまで展開が可能です。後方へは、リアアーマーが可動式なので広く展開することができます。

膝も二重関節によって深くまで曲げることができます。膝装甲には合わせ目こそありますが、裏打ちパーツも造形されています。膝関節パーツの合わせ目は段落ちモールド化。

足首は、前後へは広めに可動しますが、左右への可動はわずかです。

左右への開脚は水平にまで展開が可能。柔軟です。

内股は大腿部が干渉するのでわずか。がに股は広く水平にまで展開が可能です。

立膝はきれいな姿勢でこなしてくれました。

可動域の総括としては、現代の最新キットと比べるとやや劣る部分はあるかもですが、全体的にかなり広い可動を実現したキットになっていると思います。立膝の姿勢は美しく、肘や膝もしっかりと曲がってくれるので、楽しくポージングができそうなキットですね。

ミサイル・シールドが付属。ギャン特有の円形型のシールドになります。別名『ギャンシールド』。ほとりのニードル・ミサイル発射口や中央のハイド・ボンブ(宇宙機雷)射出口などが造形され、表裏各部ともパーツでの色分けが再現されています。

とりあえず武器一覧を撮影し忘れたので個々に紹介。(また後日、武器一覧の画像をアップしておきますm(_ _)m)

ミサイル・シールドはグリップを握らせ、前腕に引っ掛けるだけで保持が可能です。ガッチリと前腕に固定されるわけではないですが、うまく引っかかっているので保持力はそこそこ高いです。塗装しても多少擦れるくらいで済みそう。サフを吹くと厚みが増すので厳しいかもです。

シールドは基部を引き起こし、スライド展開させることができます。

なのでこの動きによって前方に向け、ニードル・ミサイルやハイド・ボンブの発射態勢を取ることが出来ます。

わかりやすいように前腕に取り付けた状態での展開図も。

ビーム・サーベルが付属。ギャン特有の騎士剣になります。フェンシングのフルーレ剣のようにも見えますね。ビーム刃はブラックライトで照らしても発光しませんでした。

円形の鍔が特徴的ですが、比較的簡単な作りになっています。鍔のモールドはゲートと間違えてカットしないよう注意です。

ビーム・サーベルとミサイル・シールドを装備して。

ビーム・サーベルはハンドパーツで挟み込むだけで保持が可能です。スルッと抜けることもなく、遊びもないのでポージングしやすいですね。ハンドパーツもバラけることなく保持してくれます。

ミサイル・シールドを前面に展開し、ニードルミサイルやハイド・ボンブ発射態勢に。

手首が可動する武器持ち手(右)が付属。ビーム・サーベルで突き刺すような動きが表現できます。

手首に返しを利かせることができるので、より人間らしい突きのポーズも再現することができます。

適当に何枚かどうぞ。

ガンダムと合わせて劇中シーンを演出。

以上です。懐かしの機体ですが、REVIVEされたことでスタイリッシュな今風のフォルムになってかっこよくなっていますね。最新のフォーマットによって可動域も広がり、ポージングも柔軟になっていますし、手首可動式のハンドパーツによって突きなどのポーズもラクにできるようになっています。

特に不満もないですが、頭部のはモノアイの移動がシール貼り換え式なので、その点は気になるところかなと。可動式だと嬉しいですが、このサイズだと十字の可動ギミックは難しいのかもしれませんね。

REVIVEされたガンダムと組み合わせても全く違和感なく劇中シーンが再現できますし、ミサイルシールドが可動式でニードル・ミサイル発射体制が取れるなど、遊びの幅も広がっているのがいいですね。

⇒楽天でHGUC ギャンを探す
⇒駿河屋でHGUC ギャンを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ギャンを探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

1件のコメントがあります。

  1. ken

    on 2020年3月5日 at 11:24 - 返信

    ギャン大好だ

コメントを残す