HGUC キュベレイ Mk-Ⅱ レビュー

今回は、2000年6月に発売されたHGUC 1/144 キュベレイ Mk-Ⅱのレビューをご紹介します!

HGUC キュベレイ Mk-Ⅱは、『機動戦士ガンダムZZ』に登場するMS『キュベレイMk-II』の1/144スケールモデルキットです。カトキハジメ氏によるコンセプトデザインと、「エルピー・プル」専用機の黒いカラーリングを成型色で再現。ファンネル、ビームサーベルが付属する他、飛行形態への変形が可能なキットになっています。価格は1,620円(税込み)です。

1999年9月に発売されたHGUC AMX-004キュベレイをベースに、キュベレイMk-Ⅱのダークブルーカラーでキット化。こちらは旧キット版で、2016年9月にプレミアムバンダイより、AMX-004-2キュベレイMk-II(エルピー・プル専用機)としてREVIVE版が発売されています。

成型色はダークブルーとピンクがメイン。部分的なピンクのラインモールドはシールでの色分けです。

接地も良く、自立は問題なく可能ですが、ポリキャップを使用しているものの股間部や膝部、足首などが少し弱めなので、自然に足が少し開いたり前後に傾いたりすることがあるかも。多少補強してやったほうがポージングに安心感が出ると思います。

頭部。キュベレイ特有の曲型で、2個パーツを上下挟み込むタイプ。アイは左右からシールを貼る仕様で、ツインアイのような表現になっています。シールを貼らなくてもアイのモールドが造形されています。

アイシールは形状の違うものが付属。お好みでチョイスが可能です。

裏面にモールドはなく、簡易的な造形。

胸部から腰部。胸部は動力パイプなどが別パーツで色分けされ、メカニカルな造形が再現されています。腰部はシンプルな造形。フロントアーマーのラインモールドはピンクのシールで色分けされています。

胸部のピンクの装甲は展開が可能で、内部にはコックピットハッチが造形されています。コックピットハッチの開閉ギミックはありません。

腕部。肩には特徴的なバインダーを装備。腕部も曲型で特徴的。

肩のバインダーを外して。二の腕、前腕共に左右挟み込みタイプですが、二の腕はラインモールドが合わせ目になっています。肘は分離可能ですが、前腕は内外で2重になっているので、塗装したり合わせ目消しをする場合は後ハメ加工が必要です。肩はバインダーを可動させるためのアームが造形され、ポリキャップ接続でフレキシブルに可動します。

バインダーの丸型モールドは別パーツ化されていて、左肩は横スリット、右肩は縦スリットになっています。表面のピンクラインモールドはシールでの色分け。

バインダーの内側は動力パイプのモールドが入った裏打ちパーツがあるのみ。アーム接続部はポリキャップです。

説明書に記載はありませんが、腕部を上げることでバインダー内に格納できます。

脚部。キュベレイ特有のシャープな造形。膝装甲やスカート左右のピンクラインモールドはシールでの色分けです。

大腿部は左右挟み込みタイプで中央に合わせ目ができます。スネの合わせ目は段落ちモールド化されています。膝から分離可能なので、大腿部の合わせめ消しはしやすいかと。

足首から下の部分はつま先とかかとで分かれていて独立可動します。かかとは左右挟み込みタイプで合わせ目ができますが、部分的に段落ちモールド化されています。つま先側は足底パーツで蓋がされているので肉抜き穴はありません。

エルメスを小型化するというコンセプトのもと開発された機体なので、左背中に「LMES2」の文字が印字されています。背中から下部にかけては大型のアーマーを装備。表面のラインモールドはピンクのシールによる色分けです。アーマーの裏面にはファンネルを装備。ファンネルはすべて脱着可能です。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べて。特別大きいわけでもなく、陸ジムよりも少し大きいくらい。キュベレイの全高は18.9mと、設定どおりのキットサイズです。フレキシブルバインダーがあるので横幅はありますね。

頭部は飛行ポーズ用に広く上げることができます。両脇の装甲が干渉するので、左右への可動はわずかとなっています。

首部はボールジョイント型。

腕は水平程度にまで上げることができます。肘は90度にも曲げることができず。二の腕の回転可動はありません。

肩は適度に前後スイングが可能です。

バインダーがなくても思いの外かっこよかったので撮影^_^

バインダーのアームはフレキシブルに可動します。

なので、バインダーも柔軟に展開が可能です。

胸部と腹部の付け根が可動し、上半身を広く前後スイングさせることができます。

腹部、腰部共に回転可動しますが、干渉するので、腰をひねる動きは45度程度まで。アクションベース用のマウントパーツは付属しないので、コの字パーツを使ってのディスプレイとなります。画像の小さいサイズのコの字パーツでも挟めますが、股間部が少し上側にあるので、深めのコの字パーツを使ってもいいかも。

フロントアーマーが可動しないので、前方へは交わすように上げても45度程度まで。後方はリアアーマーがないので広く跳ね上げることができます。

膝はくの字程度まで曲げることができます。膝の装甲も適度に上下可動します。

足首は適度に前後、左右可動します。

つま先も適度に折り曲げる事が可能。

左右への開脚はハの字程度まで。コの字パーツを挟まなくても左右開脚の可動域は変わりません。

内股、ガニ股共に45度程度までの可動です。

立膝はなぜかきれいな姿勢でこなせました。形状の妙というのか、可動域のバランスか・・・。

可動域の総括としては、全体的にそれほど柔軟というわけでもないですが、最低限の可動域は確保されている感じです。特別身軽な機体というわけでもないので、特に肘や膝を深く曲げたり、射撃シーンを演出したりということもないので問題ないのかなと。まぁ動くに越したことはないですけどね。

ビームサーベル×2、平手(左右)が付属。

ジオンロゴのガンダムデカールが付属。擦って転写するタイプです。

ビームサーベルはクリアーイエロー成型色の1個パーツなので、柄を塗り分ける必要があります。サーベルが細く、ハンドパーツにもたせてもスルスル抜け落ちるので注意です。

可動域はそれほど広くないですが、バインダーに存在感があるのでポージングには迫力が出ます。

飛行ポーズも再現可能です。

ただ、小さいコの字パーツだと股間部が挟めていないので、キュベレイを斜めにした時に落下しやすいですし、大きいコの字パーツを使うと挟めますがスカスカするので、キュベレイがクルッと回って落下したりします。どちらにしてもディスプレイには不自由さがあるので、斜めにしてディスプレイする場合は多少の補強が必要そうです。

ファンネルはアクションベースなどにディスプレイはできないので、真鍮や細身のリード線などを使って工夫しつつディスプレイする必要があります。

ジュドーとプルとの劇中シーンを演出。大気圏突入シーンもそれなりに再現してみました。

以上です。部分的に合わせ目はありますが、旧キット版とはいえシャープで妖艶さがあり、造形的には満足できるキットになっていると思います。プロポーションもいいですし、フレキシブルバインダーの表現力も高いです。

欠点としては、やはりアクションベースへのディスプレイが難しいので、飛行ポーズがメインのキットでありながら表現が難しいのは痛いですね。ファンネルもディスプレイがし難いので、劇中シーンの再現性に乏しいのも厳しいところです。関節が緩めなのはポージングにそれほど影響はないので問題ないかと。

全体的に見ても素直にREVIVE版を入手するのがいいのかもしれませんが、旧キットでも結構楽しめますし、それほど劣っていると感じない、なかなか優秀なキットでした。

⇒楽天でHGUC キュベレイ Mk-Ⅱを探す
⇒駿河屋でHGUC キュベレイ Mk-Ⅱを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC キュベレイ Mk-Ⅱを探す

コメントを残す