HGUC イフリート・ナハト レビュー

今回は、HGUC 1/144 イフリート・ナハトのレビューをご紹介します!

HGUC イフリート・ナハトは、ゲームソフト『機動戦士ガンダム戦記』に登場するジオンMS『イフリート・ナハト』の1/144スケールモデルキットです。HGUCイフリート・シュナイドをベースに、胸部、肩部、腕部、腰部、脚部、バックパックなど全身各部が新規造形。コールド・ブレード、コールド・クナイなどの白兵戦用の武器が付属する陸戦型のイフリートです。価格は2,484円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

ドイツ語で「夜」という意味を持つ名称のイフリート・ナハト。スパイク付きの肩アーマーや脚部装甲など、特徴的な形状が新規パーツによって再現されました。内部パーツなどのベースはイフリート・シュナイドですが、外装の大部分はナハト用の新規パーツ、部分的にイフリート改用のパーツで構成されています。

カラーリングは名前のとおりダークブルーの成型色。外装のダークブルーは2色で色分けされていますが、プレバンのホームページほどはっきりとした色分けではないようです。

関節強度は高めで脚底も大きく、どっしりとしたスタイルなので自立はかなり安定します。地上戦のバトルシーンもキレイに演出してくれそうです。

頭部。イフリート改と同じ形状。口内は別パーツで色分けされ、スリットが入っています。アンテナ先端には安全加工がされ、モノアイはシールによる色分けとなっています。

頭頂部のパーツを外すとモノアイを可動させるスイッチがあります。後頭部は上下2枚のフィン型。

上部のスイッチを左右に移動させることで、モノアイを可動させることができます。ですがモノアイパーツが緩いので、正面から爪楊枝などでモノアイを左右に動かすだけでも左右に振ることができます。ちょっとした衝撃などでモノアイが動いてしまうこともあるので、ポージング時は少し注意が必要かと。

胸部。イフリート・シュナイドに似ていますが、ところどころモールドや形状が異なる新規パーツ構成になっています。排熱口やスラスターに弁を設けた形状とのこと。中央のコックピットハッチは別パーツによって色分けされています。

腹部、胸部。こちらもシュナイドや改に似た形状ですが、新規造形によって再現されています。全体的にモールドが入っていないシンプルな形状で、リアアーマーもワイドで特徴的。腰に動力パイプや大柄のリアアーマーがあるので、干渉してサイドアーマーはほとんど動かせません。

腰部アーマー類の裏はモールドなしのシンプル形状。リアアーマーのダクトは別パーツによる色分けですが、内部は色分けされていないので塗装が必要です。

右腕部。前腕はイフリート改と同じ形状で左右はさみ込みタイプ。なので中央に合わせ目ができます。二の腕は新規パーツ。前腕には篭手(こて)型のスリット入りパーツを装備しています。

ショルダーアーマーは複数のスパイク付き。トゲトゲしさが際立つ形状です。側面にはスリット入りの特徴的なアーマーを装備。側面のアーマーは上下に可動します。ショルダーアーマー本体は前後はさみ込みタイプですが、合わせ目が頭頂部にできる仕様なので消さなくても良いかもです。

左腕部。こちらには肉厚の内蔵式三連装ガトリングガンを装備。装甲は細かく色分けされ、メカと和を併せ持つような形状になっています。

脚部。どっしりとした形状になっています。大腿部は前後はさみ込みタイプですが側面の合わせ目は段落ちモールド化。膝から下の部分は後部が左右はさみ込みタイプになっていて、後ろに合わせ目ができます。膝から下が分離できるので合わせ目消しはラクそうです。

大腿部には特徴的なスリット入りアーマーを装備。アーマーの付け根はボールジョイントなので適度に可動します。

外側の増加装甲を外すとシンプルな形状の脚部になります。増加装甲はしっかりと固定されて可動せず。キツめなので外す時には破損させないよう注意が必要かもです。増加装甲下部のスラスターもパーツによって色分けされ、内部にはスリットが入っています。内部は塗り分けが必要。

足首から下の部分。つま先がシュナイドや改とは異なるナハト独自の形状になっています。甲の部分はダクトがシールによる色分けで、二枚のシールを内部と縁の形状に合わせて貼り付けるようになっています。足裏はスラスターやモールドなど、良くできた作りになっていますが、つま先とかかとにガッツリと肉抜き穴があります。

バックパックもナハト独自の新規造形部分。中央には武器類をマウントするためのダボ穴が空いています。前後二枚パーツによる組み合わせですが、合わせ目は目立たない組み合わせ方になっています。

バックパック上下のダクトはパーツによる色分け。下部のダクトは内部に細かくスリットが入っています。内部は色分けされていないので、塗装する必要があります。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと。イフリート・ナハトはガンプラの中では小柄な部類かと。

HGイフリート・シュナイド、イフリート改との比較です。モノアイはシュナイドだけグリーン。ナハトは他の2体よりも若干低めに見えますが、設定ではナハトが17.9m、シュナイドと改が17.2mです。どれも特徴的な形状でなので、それぞれ良さを感じます。

外装の形状は多少違いますが、可動域を調べるとだいたいイフリート改と同じ。なので可動域に関してはイフリート改修のレビューをご覧くださいm(_ _)m ⇒HGUCイフリート改のレビュー

コールド・ブレード、コールド・ブレード用の鞘(さや)、コールド・クナイ☓4、クナイ用マウントパーツ☓4、腕部の内蔵式三連装ガトリングガン用パーツが付属。

その他、イフリート改用のパーツが多数、余剰パーツとして付属します。脚部ミサイルポッドの一部やショルダーアーマーなどが無いのでイフリート改として組むことはできません。余剰パーツはいろいろと使えそうですね。※脚甲パーツの余剰は一個のみとなります。

内蔵式三連装ガトリングガン用のパーツを挟み込むとガトリングガンが再現可能です。先端のフック型?パーツは下方に下げてパーツを取り付けます。

ガトリングガンの砲口は開口されています。

コールド・クナイ。忍者が持つクナイの形状そのままです。シンプルな一個パーツになっていて、グリップは塗り分ける必要があります。

クナイはマウントパーツを使用して脚部や腰部にマウント可能。

ハンドパーツに挟み込んで保持。特に問題なく保持可能です。

コールド・ブレード(ナハトブレード)。こちらも純和風の忍者刀型。一個パーツなので刀身は色分けされていません。

鞘もカンタンな数個パーツの組み合わせですが、なかなかいい作りになっていると思います。

刀はそのまま鞘に差し込むだけですが、ゲート跡が大きいと差し込んでいる時に引っかかって折れる可能性があるので注意が必要です。塗装した場合はツヤコートやグリスを使わないと擦れて塗装がハゲるかも。

鞘の部分は左右はさみ込みタイプなので上下に合わせ目ができます。

バックパックにマウント可能。しっかりと固定され、ふらつくこともなかったです。

ハンドパーツに差し込むだけで保持が可能。グリップと柄の太さがちょうどいいので保持もしやすくしっかりと保持できます。

鞘から引き抜くポーズ。腕部がそこまで柔軟でもないので、この状態からサーベルを引き抜くのはちょっと難しいかもです。

両手持ちはかなり厳しかったですが、なんとか保持できました。

以上です。単なるイフリート・シュナイドやイフリート改からの流用ではなく、各部が細かく新規パーツによる構成になっているのでナハト独自のデザインが楽しめるのがいいですね。製作者のこだわりなども見られるようなキットになっていると思います。

他のイフリート系との差別化もできていますし、ナハト独自の武器類も和を感じさせる忍者らしいスタイルになっているので親しみやすいかっこよさがあります。イフリート系はどれもいい出来なので、全て揃えて比較したり、対するガンダムタイプとのバトルシーンを再現するのも楽しみの1つですね。

icon

⇒楽天でHGUC イフリート・ナハトを探す
⇒駿河屋でHGUC イフリート・ナハトを探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC イフリート・ナハトを探す

コメントを残す