HGUC アドバンスド・ヘイズルの制作① パーツ複製による大腿部のアップデート他

今回は、HGUC アドバンスド・ヘイズルの制作①をご紹介します!

今回からHGUCガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]を制作していきます。A.O.Zシリーズのキットを制作するのは今回が初。プレバンから拡張パーツセットが発売されたとはいえ初出が2005年なので、合わせ目処理が必要だったりでなかなか制作しがいのあるキットになっています。このシリーズはメカニカルな造形が魅力でこのアドヘイも好きなキットの一つなので、制作するのも楽しみです。

今回の制作では、先日発売されたハイゼンスレイの股間部パーツを複製して大腿部のフォーマットをアップデートさせてみようと思います。パーツ複製が激むずなのでまともに仕上がるかは分かりませんが、何事も挑戦ってことで;あと、組み換えることで通常のヘイズル改(ティターンズカラー)にできるようにもする予定です。

ハイゼンスレイ(画像右)のフォーマットは股間部と大腿部の付け根が変更されています。(新規フォーマットは少しだけ大腿部が長め。)

なので、新規フォーマット用パーツを一通り複製してみることにしました。

用意するのは以前パーツ複製で使用したこれらの複製用具一式。ねんどイロプラや塗装皿、グリス、割り箸などです。

まずはねんど色プラを沸騰したお湯で温め、パーツを挟んで型をつくります。

そしてプラリペアを使ってパーツ複製をしていきます。パーツの複製方法については、以前詳しくご紹介しているのでそちらをご参考くださいm(_ _)m

⇒プラリペアを使ったパーツ複製

100均で何個かねんどイロプラを購入し、パーツごとに型取りをしておきました。

20分ほど置き、型を分解。中のパーツを取り出します。

その他の複製パーツを組み合わせることで、ある程度は形にすることができました。凸凹している部分はパテで埋めたりして再造形しておきます。股間部周りのパーツはサイズが大きかったりで形状も複雑なので複製は諦めました。

股間部はアドバンスド・ヘイズルの股間部ボールジョイントを削って軸状にしておくことに。(画像では適当に処理しているので、後でもっときれいな軸にしておきます。)

以上、今回はここまでです。はじめは気泡などが入りやすく、きれいにパーツが生成できるのは稀です。それに、多くのパーツを複製する場合はそれだけプラリペアの量が増え、結果的にコストが嵩みます。なので失敗を繰り返すようなら、素直にHGUCハイゼンスレイを購入して股間部パーツを流用したほうが良いのかも。

ただ、慣れてコツを掴んでくると徐々にきれいなパーツが複製できるようになるので、型作りや複製を根気よく試し、手持ちのヘイズル系がいつでもアップデートできるようにしておくのもありですね。

icon

⇒楽天でHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す
⇒駿河屋でHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す
⇒ヤフーショッピングでHGUC ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル] を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す