HGBF ルナゲイザーガンダムのパッケージ・ランナーのレビューです。

こんにちは!今回は、HGBF 1/144 ルナゲイザーガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!

HGBF 1/144 ルナゲイザーガンダムの箱絵とランナー各種、説明書等のレビューをご紹介していきます。

では箱絵からどうぞ。

1

箱絵はガンプラバトルシステムの地上戦、飛行状態でのルナゲイザーガンダムがイラストとして掲載されています。ヴォワチュール・リュミエールシステム発光状態とOFF状態の2機が揃って掲載。ルナゲイザーガンダムはガンダムビルドファイターズA-R(アメイジングレディ)に登場する、レディ・カワグチが保有する機体です。

2

箱のサイズは一般的なHGよりも1cm程度大きいサイズ。一般的なRGと同じ大きさです。

3

横絵はビームライフルやヴォワチュール・リュミエールの展開状態のアクションポーズ。ヴォワチュール・リュミエールON/OFF状態の両方が比較掲載されています。HGスターゲイザーガンダムのヴォワチュール・リュミエールの装備可能状態も掲載。

反対側はルナゲイザーガンダムのスペックやガンダムビルドファイターズA-Rのストーリー詳細など。

4

それほど大きいランナーが入っているわけではないですが、箱いっぱいのランナー数です。

5

ランナーは4袋分。HGUC(REVIVE)百式をはじめ、他キットからの流用ランナーもいくつか含まれているようです。

6

ではここから説明書をご紹介していきます。表紙はパッケージと同じ。ルナゲイザーガンダムの詳細とレディ・カワグチの詳細が記載されています。ルナゲイザーガンダムの詳細は箱絵に記載の内容と同じ。レディ・カワグチは女性ビルドファイターの憧れで、ガンダムビルドファイターズトライのヒロイン『ホシノ・フミナ』も憧れる存在。

説明書は一般的なHGガンプラと同じ1枚もの。表面がカラーで裏面が白黒の通常スタイルです。では説明書を一通りどうぞ。

7

8

9

10

11

以上、説明書でした。リバイブ版百式ベースなので、ところどころにアンダーゲートがあります。アンダーゲートは素組みの完成度は高くなりますが、アンダーゲートをカットし忘れるとパーツの組み合わせに隙間ができたりするので、ゲート跡は切り忘れないようにしましょう。

ではランナーを見ていきます。

12

↑Aランナー。パール調の白いランナーです。HG(REVIVE)百式からの流用ランナーです。ルナゲイザーガンダムの外装パーツ類。余剰パーツもたくさん含まれています。

15

↑Bランナーです。同じものが2枚あります。こちらもパール調白ランナー。ランナーにも『HGUC 200 1/144 百式』と印字されています。印字の通り一部HG(REVIVE)百式からの流用となりますが、ルナゲイザーガンダムのスリット付き外装パーツも含まれています。

14

↑C1ランナー。グレーのランナーです。こちらも『HGUC 200 1/144 百式』と印字。百式からの流用ランナーです。

17

↑C2、C3ランナー。共にグレーのランナーです。C2はC1の一部と同じ百式の流用ランナー、C3はルナゲイザーガンダムの可変バインダー用アームのランナーです。

16

↑D1、D2ランナーです。ライトグレーのランナー。これらも『HGUC 200 1/144 百式』と印字。百式からの流用です。こう見るとほとんどが百式のランナーです。

18

↑E1、E2ランナー。E1はクリアーグレーで、E2はイエローのランナーです。ツインアイの部分とアンテナや胸部のディテールパーツ。

19

↑F1、F2ランナー。ライトグレーのランナーです。ルナゲイザーガンダム用の可変バインダーや胸部、腰部、腕部などそれぞれの箇所のパーツ類が並びます。

20

↑G1、G2ランナー、G1はパール調のホワイト、G2はレッドのランナーです。ルナゲイザーガンダム用の頭部など各所のパーツがあります。

21

↑ポリキャップとホイルシール。ポリキャップはHG鉄血シリーズにも使用されている一般的なPC-002。そしてヴォワチュール・リュミエール・システムのON/OFF用も再現できるシールです。

以上です。ランナーは枚数が多いですが、基本はHGUC(REVIVE)百式のものを使用。そして細かくカットされたルナゲイザーガンダム専用のランナーが多数付属している感じです。このあたりはガンダムビルドファイターズのキットとして複数のキットでカスタマイズされたがありますね。

その他、ランナーにはパーツの保護を考慮してか、ゲートの根元が切れやすくなっている箇所が多いです。このため、パーツをカットするとランナークズが多く出てしまうことがありますね。気にしなければいいことですが、多少製作周りがクズだらけになってしまう場合があるので、組み立て後の掃除には多少手間がかかるかもしれません。

パール調の成型色は塗装がもったいないくらいの質の良いキットなので、スポンジヤスリや紙やすりで艶を消すなど、別の制作方法を試してみても面白い、ガンプラの楽しさを広げてくれるキットになっていると思いますよ。

⇒楽天でHGBF ルナゲイザーガンダムを探す
⇒駿河屋でHGBFルナゲイザーガンダムを探す


コメントを残す