HGBF スターバーニングガンダム レビュー

今回は、HGBF 1/144 スターバーニングガンダム のレビューをご紹介します!

HGBF 1/144 スターバーニングガンダムは、完全新規オリジナルストーリー「ガンダムビルドファイターズ GMの逆襲」に登場するガンプラ「スターバーニングガンダム」の1/144スケールモデルキットです。機動戦士Gガンダムのシャイニングガンダムにも似ていますが、特にベースとなる機体は存在しておらず、イオリ・セイにより、多くのガンプラ要素の組み合わせて作られたキットになっています。価格は1,728円(税込み)。

赤と白を基調としたビルドバーニングガンダムに似たカラーリングのスターバーニングガンダムです。ベース機はないとのことですが、歴代のキットを組み合わせたようなディテールが特徴的なガンプラになっています。

各部に粒子貯蔵設定のクリアーパーツを装備し、カラフルで清潔感のある印象を感じさせます。グレーパーツはHGBFビルドバーニングガンダムからの流用ランナーです。

使用しているポリキャップはPC-002AB。組み立て方もHGBFビルドバーニングガンダムと同じような構成になっています。関節強度も高く、自立も安定。ポージングもし易いキットです。

頭部。ディテールは機動武闘伝Gガンダムに登場する主役機『シャイニングガンダム』によく似たものになっています。額はグリーンのシールでの色分けとなります。前後挟み込みなので側面には合わせ目が出ますが、モールドっぽいのでムリに消さなくても良さそうです。

バストアップ。こちらのディテールは機動戦士Zガンダムに登場したガンダムMk-Ⅱっぽい感じになっています。肩部や腹部にはクリアーパーツが採用されています。額のバルカン砲は塗り分けが必要です。

腹部、腰部。フロントアーマーもガンダムMk-Ⅱによく似た形状になっています。

腕部。前腕には黄色いツメを持ったアーマーを装備していますが、全体的にはシンプルな形状です。前腕は左右挟み込みですが、合わせ目は端にくるようになっているのであまり目立ちません。

ショルダーアーマーにもクリアーパーツが使用されています。前後の黄色いモールドはシールによる色分けです。

脚部。こちらはF91?に似た形状になっています。シンプルで身軽さを感じさせます。膝から下は左右挟み込みタイプですが、合わせ目は段落ちモールドになっています。膝から下はポリキャップを使用した差し込みタイプなので分離可能です。

足首から下の部分。アンクルガードは一個パーツで、手前のモールドは黒いシールによって色分けされています。足裏には大きな肉抜き穴があり、かかと中央には特徴的なスリットがあります。説明書には特にスリットの使いみちなどは記載されていません。ただのモールドなのかも?

バックパックもかなり特徴的。単色カラーにクリアーパーツの構成です。見方によってはMk-Ⅱのバックパックっぽくも見えなくありません。上部のアーマー内側はスリットの入った別パーツによって塞ぐようになっています。バックパック中央には3.0mmのジョイント用穴が開いていて、他キットのパーツを使ってカスタマイズできるようになっています。

ショルダーアーマーのクリアーパーツを外すと、こちらにも3.0mmのジョイント穴があります。

脚部内外のクリアーパーツ内部にも同様にジョイント穴があります。

さらにバックパックのクリアーパーツを外すと、複数のジョイント穴が出てきます。

サイドアーマーにはフリーダムガンダムのようなビーム・サーベルマウント部があります。根元は特に回転可動せず。ビーム・サーベル柄の連結もできません。

HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。ちょうど中間くらいの大きさです。

首の可動は、前後共にしっかりと可動してくれます。首パーツはポリキャップです。

肩部にモールドがありますが、首が長めなので回避しつつ左右に可動してくれます。

腕部の可動は水平程度に。肩の接続はボールジョイントになっています。あまり派手なポージングをさせると肩が外れるので注意です。

胸部が展開するので、肩部を前方にしっかりとスイングさせることができます。この可動によって、拳を貫くようなポージングもかっこよくさせることができます。

胸部展開時を後ろから見た状態。

肘もしっかりと可動します。

手首が別パーツによってスイング可動します。なので、拳の表現が豊かになっています。

前腕のアーマーに付いているツメは展開させることができます。

また、ダボの位置を変えることで、アーマー自体の位置を変えることも出来ます。

腰はボールジョイントによる接続なので、前かがみや胸張りがそれなりに可能です。

腰は360度回転可動します。

腰部フロントアーマー、サイドアーマーの裏面には特にモールドはなし。シンプルな形状なので、裏打ちパーツなどでディテールアップしてもいいかもです。

股関節の穴にアクションベースをマウントさせます。

アクションベースにマウントしても問題なく安定しています。

フロントアーマーは水平以上に展開させて、前方へしっかりと開脚させることができます。リアアーマーは動かないのでこの程度。

膝もしっかりと曲がってくれるので、ナックル系のポージングなどでは推進力のある表現が可能になります。

足首もしっかりと可動します。

アンクルガードは挟み込みタイプではなく、ボールジョイントによる1箇所接続になっています。足首の可動に合わせて適度に可動します。

開脚はそれなりに。これ以上上げるとサイドアーマーがポロリします。

足首の左右への可動もそれなり。足首の付け根はポリキャップとボールジョイントによる接続です。

内股は少しですが、がに股は水平から後方へまで可動します。

膝や足首が柔軟に可動してくれるので、立膝はかなり様になるようになっています。

バックパックの上部アーマーは前後に回転可動します。

シールド☓2、ビーム・サーベル刃☓2、ビームライフル、平手(掌底型左右)、平手(左右)、武器持ち手(左右)、シールド用マウント―パーツ2種が付属。

ビルドバーニングガンダム用の余剰パーツが付属します。

ビームライフル。特に色分けされていない白一色の構成。なのできれいに仕上げるには細かい塗り分けが必要です。本体部分は左右挟み込みなので中央に合わせ目が出来ます。

銃身を展開させることでロングレンジのビームライフルにすることができます。

武器用ハンドパーツを使って保持させます。保持力はそれなり。少しふらつくこともありますが、ポロリするほどではありません。

シールド。赤と白のパーツによるシンプルな組み合わせです。裏面にはマウントパーツを取り付けるための穴が数か所開いています。

シールドは連結させて大きいサイズにすることができます。

付属のマウントパーツを使って前腕のアーマーにマウントさせます。保持力はまずまず。ポージングしても特に外れることはありません。

シールドを分離させ、付属のマウントパーツを使って武器用ハンドパーツに持たせることで、ナックル系のシールドにすることができます。グリップ力は高くないので、腕の角度によってはクルッとシールドが反転してしまうので注意です。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。セイが作り、レイジが動かすというおなじみのアクション系キットなだけあって、各部の可動域はかなり柔軟。なので、ナックル攻撃のポージングもかなり様になると思います。ファイターとして躍動感あるポージングが楽しめるのでいいですね。

パーツのポロリも特に無いですし、武器類もシンプルで落ち度のないガンプラになっていると思います。ですが言い換えると、驚きというか、忍パルスガンダムのような派手な特徴がなく、どことなく丸く収まっているという印象も感じてしまいます。

まぁそのあたりは、ビルドバーニングガンダムの元になったという噂を持つガンプラとして、プロトタイプ要素を意識しているところもあるかもしれませんね。シャイニングガンダムやMk-Ⅱ、F91などを織り交ぜたようなディテールに懐かしさも感じますし、親しみやすい主役機なので入手して劇中のファイティングポーズを楽しみたいですね。

⇒楽天でHGBFスターバーニングガンダムを探す
⇒駿河屋でHGBFスターバーニングガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBFスターバーニングガンダムを探す


コメントを残す