HGBF ういにんぐふみな レビュー

今回は、HGBF 1/144 ういにんぐふみな レビューのレビューをご紹介します!

HGBF 1/144 ういにんぐふみなは、ガンダムビルドファイターズトライに登場したガンプラ『すーぱーふみな』を進化させ、リアルな服のシワ感や肌の質感にこだわって立体化された1/144スケールモデルキットです。頭部のデザインは完全新規造形となり、全身に装備したアーマーは脱着式で、「スーパーデラックスウイニングガンダム」に組み換え可能。価格は2,592円(税込み)です。

各部にクリアーグリーンのパーツを装備し、黄色いコスチュームアーマーをまとったういにんぐふみな。顔のデザインなども一新され、リアルなディテールが楽しめるキットになりました。

全身のコスチュームアーマーは、SDスターウイニングガンダム分離した強化装甲として各部に装備しています。

このシリーズは細身で長身なので、自立が不安定なのは否めません。ですが、このシリーズの他キットと比べて安定性は高いですし、自立もそれほど苦ではなくできています。

頭部。すーぱーふみなよりもかわらしさがアップしたフェイスと、リボンのようなヘアバンドを着用。髪はおなじみのポニーテールですが、すーぱーふみなよりも淡い茶色になっています。

髪留めも白いシュシュになっています。

目は内部パーツを交換してクリアーパーツ仕様に組み換え可能。

目線を左右に寄せているものや、瞳とまつ毛が分けてあるもの、一体型のものなど、予備シールが多数付属しています。SDスターウイニングガンダム用のツインアイシールも瞳があるものとないものが用意されています。今回は瞳があるものを使用しました。

クリアーパーツを使用した状態。瞳が奥ばった感じになります。(さらし首で申し訳ないですm(_ _)m)

次に寄り目シールを貼った状態。それほど違和感もなく、フィギュアっぽさが出ているかと。

バストアップ。肩部にコスチュームアーマーを装備した状態です。首元のV字アンテナ中央赤とアーマーのエアインテークっぽいモールドはシールによる色分けです。バストは相変わらず大きいですが、肩や二の腕の造形にはドキッとさせられます^_^;

腹部。こちらもお腹周りの造形のリアルさには驚きです。 腰部にもコスチュームアーマーを装備。アーマーの付け根はボールジョイントなので適度に可動、展開します。

腕部。細身で女性らしい形状。手首にコスチュームアーマーを装備しています。手首の白いアーマーには、膝やバックパックからクリアーグリーンのガンビットを外して取り付けることができます。

脚部。こちらも女性らしいスラッとした細身の脚部になっています。膝から下にはブーツ型のコスチュームアーマーを装備。膝にはクリアーグリーンのガンビットをマウントしています。

足首から下の部分。通常はスニーカー型ですが、ハイヒール型のアーマーを装備しています。(履いています。)ハイヒールの裏面にはガッツリ肉抜き穴があります。

肩部のサブアームは黒の1個パーツで、SDスターウイニングガンダムの腕部パーツになります。付け根がポリキャップ式のボールジョイントになっていて、固めにできていますが、可動させると外れたりもします。

拳型に造形してあり、スタークロスを保持可能です。少しゆるいので、スタークロスを保持しているとクルッと回ったりします。

スタークロス。一見シールドにも見えますが、巨大手裏剣です。中央の六角形モールドはシールによる色分けです。

バックパックはスターウイニングガンダムの頭部になっています。後頭部には2機のスラスターがモールド化されています。もちろん可動しません。後部の台形型センサーはシールによる色分けです。

バックパックのマウント部分下部には、ふみなのヘアバンド部分を埋める茶色いパーツが取り付けてあります。ういにんぐふみなを手に持つ時、このパーツに手が当たりやすく、かなりポロリし易いので注意が必要です。

リアアーマーはスターウイニングガンダムの脚部をマウントしたものになります。スターウイニングガンダムの脚部裏面には、2基のスタスターと3箇所の肉抜き穴があります。

HGBFチナッガイとHGBFはいぱーギャン子と比較してみました。身長はどれもほぼおなじ。並べてみるとどれも特徴的です^_^;

HGBFすーぱーふみなが手元になかったので、HGBFすーぱーふみなティターンズメイドVer.とくらべてみました。すーぱーふみなは単独だとかなり倒れやすいですが、ういにんぐふみなはそれほどでもないので安心です。

ういにんぐふみなは肌の露出度が高いので、より人間味のある造形にこだわっているようですね。

顔は眉が太めになり、瞳のデザインなども変更されてよりふみなに近いデザインに仕上げられたような感じです。より優しそうで可愛らしくなりました。

首の上げ下げはそれほど広くもなくです。

左右へは真横にもしっかりと振ることが出来ます。

ポニーテールは柔軟に回転可動します。

胸のコスチュームアーマーは、付け根のボールジョイントによって適度に展開します。

若干コスチュームアーマーがうっとおしいですが、かわすようにして腕を上げることが出来ます。アーマーを回避しつつ広げているとすぐに肩付け根のボールジョイントが外れるので少しイラッとします^_^; 保持力は高いですが、外れやすいのが難点です。やっぱりポリキャップのほうがいいような・・・。(肌色のポリキャップってできるのかな?)

肘もしっかりと曲げることができ、セクシーなポーズも再現が可能です。

肘は逆向きにも少し曲がるので、人間らしいポージングも楽しめます。

 

腰は前かがみや胸を張るような前後可動はできませんが、360度回転させることができます。

リアアーマーにあるダボ穴を、付属のランナーレス台座にマウントさせます。台座はクリアーグリーンになっています。

しっかりと固めに差し込めますが、あまり激しくポージングしていると台座のダボがポッキリと折れてしまうかもしれません。

腰部アーマーが干渉するので前後への開脚はこの程度。

膝はまずまず可動してくれます。

足首の可動はそれなり。

左右への開脚も、腰部アーマーが干渉するのでこの程度。

足首の左右への可動も少しです。

ビームマシンガン、武器用ハンドーパーツ(左右)が付属します。

保持力はまずまず。角度や振動によっては少しずつ角度が変わってしまうこともあるかもです。グリップ力はあまり問題ないですが、武器用ハンドパーツの手首がけっこうスカスカなのですぐに外れてしまいます。(個体差があるかもです。)

スタークロスやガードビットなど、ういにんぐふみなのコスチュームアーマーにマウントしているパーツ類を取り外します。

そして取り外したパーツ類をビームマシンガンにマウントさせるとスターバスターソードになります。

保持力はビームマシンガンとほぼ同じで、若干ゆるいかもです。スタークロスや鍔のパーツなどもぽろりしやすいので、取り扱いに少し注意が必要です。

シンプルなスタイルですが、ういにんぐふみなの出来が良いせいか、ポージングはきれいに決まりやすいです。

どことなくアマゾネスな感じもありますね。

では各部のコスチュームアーマーを換装させてSDスターウイニングガンダムにしていきます。全てのアーマーを外しておきます。

ヘアバンドも取り外し、バックパックにマウントしていたパーツをとりつけて通常の頭部にしておきます。

コスチュームアーマーをすべて取り除いた状態のういにんぐふみな。肌の露出度が高く、目のやり場に困ってしまいます^_^;

コスチュームアーマーを組み合わせて完成させたSDスターウイニングガンダム。全てのパーツを完全な状態でマウントしてキット化できるのは見事です。

各部とも関節強度が高く、ポロリもほぼありません。頭部ははめ込み式なので、前後左右に一切動きません。

頭部裏面には、ネコ顔のモールドとカバンのようなモールドが入っていてランドセルっぽいです。

股下の穴に台座をマウントできますが、あまり保持力は高くないのですぐにクルッと回ってしまいます。少し動かしただけでもクルッとなるので、マウント部分を太らすか、別のアクションベースなどを使ってマウントさせたほうがいいかもです。

ビームマシンガンはしっかりと保持してくれます。一方スタークロスはゆるゆるで、すぐにくるりと反転します。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。ベースはチナッガイやギャン子といった最近のキットと同じ内部構成になっていますが、ふみな自体の肩や二の腕の形状、腹筋のリアルさなどの質がかなり高く、これまでのすーぱーふみなと比べても別物感を感じました。

顔もより可愛らしくアニメに近いデザインになっていますし、装備類もスターウイニングガンダムを着飾るといった特殊なものになっていて遊び心もたっぷりです。装備したふみなの姿もカッコイイですね。

相変わらずこのシリーズ特有の取り扱いづらさやポロリなどはあるものの、後発なだけあって一番と言っていいほどしっかりとした出来になっているので、購入して損はない、満足できるキットになっていると思いますよ。

⇒楽天でHGBFういにんぐふみなを探す
⇒駿河屋でHGBFういにんぐふみなを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBFういにんぐふみなを探す

コメントを残す