HGBD:R ガンダムジャスティスナイトのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HGBD:R 1/144 ガンダムジャスティスナイトのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はショットランサーやシールドを構えるガンダムジャスティスナイトの姿が掲載。劇中でデスアーミーを迎え撃つシーンのようなポーズですね。背景はアースリィガンダムと同じく、フォースビルドダイバーズが最初に戦闘を繰り広げた岩場エリア。ジャスティスナイトは劇中では頼りなさそうなシーンが続いていますが、今後どこかで活躍してくれることを期待しています!

パッケージサイズは一般的なHGよりも1cm程度高さがあります。縦横は同じ。装備品にサイズ感がありますし、パーツ量としてもそこそこあるのでこれくらいに。

横絵はアースリィガンダムもそうでしたが、あまり細かいギミックの記載はありません。

開封。バランス良く入っていて、空き領域も少なめです。

全部で5袋分のランナー。

説明書はHGBDからのフォーマットです。ビルダーのカザミに関しては、00のコーラサワーが乗り移ったようなキャラ設定な気がするのは自分だけですかね?劇中のリアルではコーラサワーがそのまま登場してきそうです;それにしても第3話の『お前らが俺にかなうわけ無いだろっ!!』『俺には守る世界があるんだっ~!!』『あれを踏み台にした~っ!』、どこかで聞いたようなセリフで良かった(笑)

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。各部の作りもいいですが、腰部が最新型でより柔軟な構造になっているのがいいですね。HG THE ORIGINのヘビーガンダムなど、これ以上ないくらいの可動域を持つキットが発売されながらも、さらにフォーマットを向上させようとしているバンダイの姿が見て取れます。このキットの構造を見ると、ついつい買ってしまいたくなるような出来の良さを感じました。

カラーガイドはなかなか複雑。ですがパーツ分割が秀逸なので、マスキング塗装がほとんど必要ないのがこのキットのいいところです。調色に注力しつつ色ごとのパーツを塗装し、細部の塗り分け、スミ入れだけでとてもいい仕上がりになりそうです。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ライトブラウン、ホワイト、グレー、イエローのイロプラランナーで、頭部、胴体部、ショルダーアーマー、脚部などの各部パーツ類。

↑B1、B2ランナー。ダークグレー成型色で、各部の関節、内部パーツ類。『HG 1/144 インフィニットジャスティス』と印字されています。

↑C1、C2ランナー。ホワイト成型色で、胴体部や腕部、脚部外装パーツ類。『HG 1/144 インフィニットジャスティス』と印字されています。

↑D1、D2ランナー。D1はグレー成型色で、胸部や腰部パーツ。D2はパープル成型色で、腹部や各部ダクトパーツなど。どちらも『HG 1/144 インフィニットジャスティス』と印字されています。

↑Eランナー。イエローに近いゴールド成型色で、頭部アンテナやショルダーアーマーパーツ、アンクルアーマーなど各部のワンポイント部パーツ。

↑F1、F2ランナー。レッド成型色で、マント風ウイングパーツやCS-1202サークルシールド、KT-E03Rライテイ ショットランサーなどの武装パーツ、カスタマイズパーツなど。

↑G1、G2ランナーとホイルシール。G1、G2はライトグレー成型色で、CS-1202サークルシールドやKT-E03Rライテイ ショットランサーパーツなど。

以上です。ランナータグにも印字されている通り、ファンとしてはやっぱりHGCEインフィニットジャスティスガンダムのキット化を期待しますよね。このフォーマットだと十分満足が得られるものになりそうです。なのであとはファトゥム-01の出来かなと。プレバンのフェロウブースターレベルの仕上がりだと嬉しいですね。

なんか劇中のジャスティスナイトの不甲斐なさを見ると、インフィニットジャスティスをキット化させるためだけのキットと思ってしまうのは、心が汚れてる・・・?

⇒楽天でHGBD:R ガンダムジャスティスナイトを探す
⇒駿河屋でHGBD:R ガンダムジャスティスナイトを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBD:R ガンダムジャスティスナイトを探す

1件のコメントがあります。

  1. 774

    on 2019年10月20日 at 01:39 - 返信

    HGなのに珍しくポリキャップレスのキットですね
    早くこれベースのインフィニットジャスティスが欲しいです

コメントを残す