HGBD ガンダムジーエンアルトロン レビュー

今回は、HGBD 1/144 ガンダムジーエンアルトロンのレビューをご紹介します!

HGBD1/144 ガンダムジーエンアルトロンは、『ガンダムビルドダイバーズ』に登場するガンプラ『ガンダムジーエンアルトロン』の1/144スケールモデルキットです。新造パーツによって『新機動戦記ガンダムW』のアルトロンガンダムに似た形状を再現。両肩には虎と狼の造形を持つアーマーを装備し、そのツインジーエンハングは伸縮可能。特徴的なギミックを搭載したキットになっています。価格は1,944円(税込み)。

HGBDならではの特徴的な造形が加えられているHGBDガンダムジーエンアルトロン。1/144サイズのアルトロンガンダムは『新機動戦記ガンダムW』放送時期に発売されたものなので、現行のHGからの流用はなく新規造形のキットになっています。内部パーツの一部のみHGAWウイングガンダムのランナーを流用。

グリーン、イエロー、ライトグレ―など、アルトロンガンダムに似たカラーリングが再現されています。

肘と膝以外の関節にポリキャップを使用しているので、各部の強度は高め。背中にはウイングやジーエンシールドを装備していますが、特に後方に比重がかかることもなく、自立は安定しています。使用するポリキャップはPC-002とPC-6。

ツインジーエンハングやウイング、シールド類は脱着可能。各部ともポリキャップによる接続になっています。ジーエンアルトロンの各部を確認しやすくするため、各パーツを取り外してレビューしていきます。

まずは各パーツ類を取り外した軽装スタイル。

頭部。兜の立て物のような形状のアンテナを装備した、小顔のイケメンフェイス。アンテナの中央はシールで色分けするようになっていますが、小さく、形状に合わせて貼るタイプなので貼るのが難しいです。浮かないように貼る必要があります。とさか前後のセンサーはシールによる色分けです。アンテナ先端には安全加工あり。

胸部。アルトロンガンダムをイメージした造形で、パーツによって色分けされています。ガンダムの象徴であるエアインテークなどはなく、適度にモールドが入っているのみです。

腹部、腰部。全体的にシャープな造形でまとめられています。フロントアーマーはパーツによって色分けされています。

腕部。細身でシンプルな造形。二の腕、前腕共に筒型パーツが使用してあり、合わせ目のない組み合わせになっています。

ショルダーアーマー。角型でこちらもシンプルな造形。前後に特徴的なモールドが入っています。前後挟み込みタイプで、中央に合わせ目ができます。

脚部。グレーの成型色でまとめられ、細身でスタイリッシュな形状になっています。大腿部は筒型、膝から下は左右挟み込みタイプで、後方にある合わせ目の一部は段落ちモールド化されています。

後部のダクトや側面のモールド内部などは色分けされていないので、塗装で塗り分ける必要があります。

膝のジーエンブレイカーは黄色いパーツで造形され、適度に可動します。

足首から下の部分。こちらもそれほど複雑さのない造形。アンクルガードはボールジョイント接続ですが、ややふらついたり外れたりすることもあるので注意が必要です。足裏には縁に肉抜き穴があります。

バックパック。小型でシンプルな造形。ウイングやジーエンシールド用のマウントアームを取り付けるため、軽装になっています。両脇のマウント部はポリキャップ式。下部のスラスターは別パーツ化されておらず、塗り分けもありません。

ツインジーエンハングの狼側。狼の顔はグレーパーツで再現されています。

狼の顔は左右と上部の3個パーツで構成され、内部には2個のポリキャップを挟むようになっています。目はシールによる色分けで、口は適度に展開します。口の内部に特別な造形はなく、牙は塗り分けが必要です。

龍の顔のような形状のジーエンハング。各部がパーツによって色分けされ、牙も黄色いパーツで再現されています。目の部分はシールによる色分けで、爪や口は可動します。

アームは展開させて伸ばすことができ、各部は回転可動します。かなり柔軟な可動が再現可能で、関節強度も高めです。狼の顔やジーエンハングは脱着が可能です。

続いてツインジーエンハングの虎側。虎顔以外は狼側と同じです。

虎の顔も左右と上部の3個パーツ構成。虎の模様はモールドにシールを貼る色分けになります。凸凹していて形状が細かいので、塗装はマスキングや筆塗りなどの手間がかかりそうです。目もシールによる色分けで、口は可動し、牙は塗り分けが必要です。

ウイング。グリーンのイエローパーツによる組み合わせで、合わせ目はモールド化されています。

アームはフレキシブルに可動し、ウイングも上下に可動します。

ジーエンシールド。ブラックとイエローの2個パーツ構成で、表面のモールドはシールによる色分けです。複数のシールを細かく貼り付けていくので、貼り間違いやシールのちぎれなどには注意が必要です。シールド裏には肉抜き穴と、適度なモールドが入っています。こちらのアームもフレキシブルに可動します。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスとの比較。若干小さめのキットです。

HGBDのキットと。HGAWウイングガンダムやそのランナーを使用したキットがないため比較が出来ず申し訳ないですが、ウイングガンダムの大きさに合わせてか、通常のHGBDキットよりもやや小柄な造形になっています。ちなみにウイングガンダムの頭頂高が16.3m、このジーエンアルトロンの頭頂高が16.4mです。

頭部は小さいながらも適度に上下可動します。左右へは肩が干渉するのでやや浮き気味に。

腕は肩のポリキャップが引き出せるので水平以上に上げることができ、肘は完璧に折り曲げることができます。ツインジーエンハングを取り付けても水平程度に上げることができます。

肩の前後スイングは特に引き出しギミックはなく、前後ともボールジョイントによって適度にスイングします。腰のアーマー裏は特にモールドのない簡単な作り。

上半身の動きも腰のボールジョイントによって浮かせつつ前後に可動させるようになっています。腰は360度回転可能。

股関節に差し込んでアクションベースにディスプレイ。しっかりと固定でき、小型キットなので安定性しています。フロントアーマーが広く可動し、前側には十分に開脚させることができます。後方へはリアアーマーが干渉するのでそれなり。背中にウイングを装備するとさらに干渉して狭くなります。

膝は外装パーツの干渉によって、それなりに曲げられる程度。

足首はまずまず前後可動します。左右への可動もまずまず。

脚部は左右に水平程度まで上げることができます。かなり柔軟。サイドアーマーにもそれほど負荷がかからないのでポロリはないようです。内股はあまりできませんが、がに股は広く可動し、後方にまで向けることができます。

股関節が可動するので、上半身を左右に振ることができます。

立膝は前側に出した脚を引く形にはできないので、それなりといった感じ。

ジーエンハング用のグリップパーツ☓2が付属。その他余剰パーツとして、アームパーツとHGAWウイングガンダム用の各部パーツが付属します。一部のパーツがないので、バスターライフルを完全な形で組むことはできません。

グリップを内側のポリキャップにマウントさせ、ハンドパーツに差し込んで保持します。保持力が高いのでポージングも安定。なかなかおもしろい武器です。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。各部ポロリもなく、柔軟な可動を持っているので遊びやすいキットですね。両肩の狼と虎の造形はなかなか個性的で面白いと思います。ジーエンハングも自由に変化を加えることができますし、各部とも特にストレスなくポージングできると思います。

欠点というか、両肩にジーエンハングを装備しているため、他キットとは少し違うスタイルになっているので、ポージングをどうかっこよく決めるか試行錯誤するかも。ですがハングを引き立たせるポージングができるとワイルドさが際立ちますし、ウイングが付いているので、羽つきキットとしての魅力も併せ持っているのもいいですね。

そういった意味でも、このガンダムジーエンアルトロンはガンプラの魅力を十分に含んだキットで、かっこよさを楽しむキットとしても満足できると思いますよ。

⇒楽天でHGBDジーエンアルトロンを探す
⇒駿河屋でHGBDジーエンアルトロンを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBDジーエンアルトロンを探す

3 件のコメントがあります。

  1. 高井俊明

    on 2018年8月5日 at 06:35 - 返信

    ツインビームトライデントのような武器がないのがちょっと残念ですね。でも、これだけでも格好いいです。

    • nori

      on 2018年8月9日 at 23:58 - 返信

      コメントありがとうございます!
      やはり劇中で使用した武器以外は付属しないみたいですね。ちょっと残念;
      それでもツインジーエンハングなどのいい武器を持った、優れたキットになっていると思います。
      体型バランスもいいですし、格闘系のポーズはとにかく映えますね^_^

  2. 高井俊明

    on 2018年10月13日 at 06:15 - 返信

    なんかベースになっているガンプラはなんだか、ガンダムW(ウイング)のガンダムが多いような気がします。

コメントを残す