HGBC 24thセンチュリーウエポンズ レビュー

今回は、HGBC 24thセンチュリーウエポンズのレビューをご紹介します!

HGBC 24thセンチュリーウエポンズは、『機動戦士ガンダム00』に登場するMSとの相性がいいウエポンパーツです。同日発売の「HGBF ケルディムガンダムサーガ TYPE.GBF」に付属しているGNアサルトカービンやGNサブマシンガン、GNビームピストルや、選択式のGNライフルといった多彩な武器類が付属し、いろんなガンプラに保持させて楽しむことができるアイテムになっています。価格は648円(税込み)です。

GNアサルトカービン、GNサブマシンガン、GNビームピストル、GNライフル本体、GNライフルロングバレル、GNライフルショートバレル、バスターソードが同梱されているHGBC 24thセンチュリーウエポンズ。成型色は比較的地味なグレーですが、適度にモールドが入っていて兵器感は感じるアイテムになっています。

まずはGNアサルトカービンから。ライフル型の武器で、グリップをハンドパーツに差し込むだけで保持できる万能武器です。

本体部分は挟み込みタイプなので中央に合わせ目が出来ます。側面のグリップは上下に可動し、後部には可動するマウントパーツがあります。

HGBFケルディムガンダムサーガに付属しているGNアサルトカービンと比較してみました。成型色はダークブルーとグレーで違いがあり、その他にもクリアーパーツやシールを使用していたりと、ケルディムガンダムサーガに付属しているものの方が豪華な作りになっています。

ケルディムサーガに持たせるととても良く似合います。保持力はまずまずですが、ハンドパーツから少し浮くとふらつくこともあるので、しっかりと差し込んで保持させます。

HGケルディムガンダムサーガのショルダーアーマーにマウント可能です。

両手持ちも問題なく可能で、サブグリップをしっかりと掴むことができます。ただし、ポージング時にバックパックにマウントしているGNビームピストルⅡなどに手が当たるとポロリし易いので注意です。

GNサブマシンガン。適度にモールドが入っています。こちらも本体部分は挟み込みタイプなので、中央に合わせ目ができます。

HGBFケルディムガンダムサーガに付属しているGNサブマシンガンと並べてみました。こちらもGNアサルトカービンと同じく違いを感じます。

サブグリップは可動式。下部にはケルディムガンダムサーガの膝にマウントする穴が開いています。

付属のGNサブマシンガンと同じように、膝にマウント可能です。

HGUC陸戦型ジムに持たせてみました。引き金のところまでは差し込めませんが、割りとしっかりと保持してくれます。

両手持ちもラクにさせることができます。かなり様になりますね。100mmマシンガンのような手軽さがあります。

GNライフル。ロングバレルとショートバレルが組み換え式になっています。

まずはロングバレルをマウントしてGNロングライフルに。モールドもしっかりと入っていて、物足りなさはないですね。形状も特殊で、キットに持たせるとかなり映えそうです。

ロングバレルは上下挟み込みタイプで、合わせ目も段落ちモールドなどでわからなくなっていますが、本体は左右挟み込みタイプなので中央に合わせ目が出来ます。本体の合わせ目もある程度は段落ちモールドでカモフラージュしてあります。

サブグリップは開閉式。砲口は開口していないので、気になるならピンバイスなどで開口するといいかと思います。

HG00 GN-Xが推奨商品なので、前腕のダボ穴にストック部分のダボを差し込んで固定させることができます。かなりしっかりと保持できて相性もいいです。

アクセルレイトジンクスを使って保持させていますが、肩関節が堅めなので全く垂れることはありません。自立への影響もあまりないですね。狙い撃つようにしっかりと突き出してもそれほど自立に影響がないのは、ジンクスの関節強度が高いからでしょうか。

HGUC陸戦型ジムにも持たせてみました。こちらはかなりふらついて、自立も脚をしっかりとさせないと倒れやすいです。保持はハンドパーツに差し込むだけなので、そのあたりも少し難しさがありました。

ですがサブグリップを展開し、陸戦型ジムに立て膝をさせるとかなり安定して、カッコイイポージングをさせることができました。

GNライフル側面にはダボがありますが、規格が違うため、陸戦型ジムの前腕にマウントすることはできませんでした。ジンクスの前腕にもマウントできませんでした。見たことあるような形状ですし、どこかに合うようにはなっているんでしょうけど、思い出せませんでした^_^;

HGBFケルディムガンダムサーガに持たせるとさすがによく似合います。

スナイピングポーズも100点満点です。

ショートバレルマウント状態。GNロングライフルとはまた違った味があります。

ジンクスにもスッキリと持たせることができます。安定しているので気が楽です。

HGBFライトニングブラックウォーリアにも。

GNビームピストル。こちらもHGBFケルディムガンダムサーガに付属しているものと形状が同じです。

ケルディムガンダムサーガのものと比較してみました。これは成型色が違うだけです。

HGUC陸戦型ジムに保持させてみました。陸ジムは万能型なのでどんな武器もよく似合います。

こちらは本命。似合いすぎるくらいです。

最後にバスターソード。太く、重厚感のあるソードになっています。柄から少し上までが挟み込みになっています。合わせ目はそれほど目立たず。

ジンクスだと、しっかりと保持して腕が負けることはありません。

オリジン番ザクⅡC型に持たせてみました。こちらはグリップがスカスカしているので、角度によってはすぐに抜け落ちてしまいます。ケルディムガンダムサーガもスカスカでしたが、陸ジムはしっかりと保持してくれました。

構えた姿は迫力があってカッコイイです。

以上です。いろんなキットを使って手当たり次第保持させてみましたが、やはり大型武器類や銃火器は持つことで様になりますね。基本的にはHG00やHGBFなどに保持させるのがふさわしいのかもしれませんが、UC系のジムやザクに持たせても全然違和感なく楽しめると思います。逆にかっこよさが増しますね。

武器類に関しては、マウント部が何処にハマるのかわかればもっといいのでしょうけど、色々模索しながらはめ込んだりするのもいいですし、オリジナルで武装した楽しむのもまたガンプラの魅力でもあります。(一応説明書には推奨キットが記載されています。)

ガンプラは改修もカスタマイズも装備も楽しむ人の自由なので、ガンプラの幅をよりを広げるにはいいアイテムになっていると思いますよ。

⇒楽天でHGBC 24thセンチュリーウエポンズを探す
⇒駿河屋でHGBC 24thセンチュリーウエポンズを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBC 24thセンチュリーウエポンズを探す

4 件のコメントがあります。

  1. ブシッド再販まち

    on 2017年11月13日 at 22:05 - 返信

    GNライフル、アヘッド系に固定できそうな気がします。

    • nori

      on 2017年11月13日 at 22:22 - 返信

      コメントありがとうございます!
      貴重なアドバイスありがとうございますm(_ _)m
      今手元にアヘッドがないので確認できないですが、調べて合うようならレビューに記載しておきたいと思います^_^

    • ブシッド再販まち

      on 2017年11月13日 at 22:35 - 返信

      と思ったけど、アクセルレイトジンクスのリアアーマーの穴がそれっぽい感じですね。

      • nori

        on 2017年11月14日 at 00:01 - 返信

        コメントありがとうございます!
        アクセルレイトジンクスのリアアーマーに見事にマッチしました!
        アドバイスありがとうございますm(_ _)m
        助かりましたし、もやもやしていたものが吹っ飛びました^_^

コメントを残す