HGBC ビルドハンズ角型[S,M,L] レビュー

今回は、HGBC 1/144 ビルドハンズ角型[S,M,L]のレビューをご紹介します!

HGBC 1/144 ビルドハンズ角型[S,M,L]は、HGBDジーエンアルトロンなど、格闘系ガンプラに最適なカスタムパーツです。汎用性の高いハンドパーツが3種付属します。価格は648円(税込み)です。

前回レビューしたHGBC ビルドハンズ丸型と同じく、付属するのは拳手(左右)、武器持ち手(左右)平手(左右)の3種類。S、M、Lサイズがそれぞれ2個ずつ付属します。キットの大きさに合わせて組み換えたり、紛失したときに補ったりすることができるカスタムパーツです。

丸型と異なり、指先や甲などがカクカクした造形なため、転がりにくいので並べやすかったです。上の画像は半分から左が『拳(こぶし)手』、半分から右が『武器持ち手』になります。

3個パーツ構成で、武器持ち手は組み合わせの形状が異なります。サイズが大きくなるにつれて、手首パーツの溝も深くなっています。

拳(こぶし)手。穴のない握りこぶしの形をしたハンドパーツになります。どのハンドパーツも手首が可動式になっているので、スナップを効かせるような動きが可能です。※大きさの比較のため、画像では真ん中にSサイズを配置しています。

武器持ち手。武器保持用の穴が空いています。穴の大きさはどのサイズも同じ。気持ち丸型よりも手首の可動がゆるく感じるので、重い武器を保持すると垂れやすいかもしれません。(個体差がありそうです。)

平手。シャープな造形なので、ポージングでは力強さを表現できそうです。

ビルドハンズ丸型と比較してみました。画像上が丸型です。指や甲パーツの形状以外にも、手のひらのモールドの形が違っています。角型は連邦系、丸型はジオン系のガンプラに合うのかもしれませんが、細かい部分が違っているので、好みやキットの特徴に合わせて使い分けると良さそうです。

丸型はジーエンアルトロンを使用して大きさを調べたので、今回はダブルオーダイバーエースで確認していきます。まずは拳手のSサイズ。ダブルオーダイバーエースもSサイズのビルドハンズがちょうどよさそうです。キットに付属のハンドパーツと同じくらいの大きさです。

続いてMサイズ。Sよりも一回り大きめですが、Sサイズとそれほど違いはなさそうです。

Lサイズ。二回りくらい大きいので、組み合わせるキットによっては違和感が出てきます。

拳手はこういうポーズには最適です。

武器持ち手を使ってGNダイバーソードを保持。ダブルオーダイバーエースに付属している持ち手よりも穴が小さいので、きつくてGNバスターソードをグリップの根元まで差し込むことができませんでした。塗装した場合は特に気を使うことになりそうです。

スーパーGNソードⅡを保持。グリップ穴が小さいので少しは持たせやすいですが、それでもまだスカスカした感じがあり、垂れて位置が定まらなかったりするので微妙な感じです。

ブルーディスティニーや陸戦型系のフォーマットにも取り付けられなくはないですが、緩かったりしてハマらない場合もあるので、相性はあまりよくなさそうです。(個体差があるかもです。)連邦系の機体なだけにちょっと残念かも。ピクシーも緩かったです。

イフリート系にはベストマッチ。まったく違和感がないくらいに収まってくれました。

グレーなので若干違和感はありますが、HGUCゼータガンダムにも問題なく取り付けられました。ゼータの手甲パーツと組み合わせることはできませんでした。ゼータには平手が付属しないので、ポージングの幅を広げるにはいいアイテムです。

HGBDジーエンアルトロンだと丸型でも角型でも相性がいいようです。

SDクロスシルエットのクロスボーン・ガンダムX1に。取り付けられなくはないですが、しっかりと固定できないのでふらつきます。HGコマンドふみななど、ガンプラコスヒロインシリーズは穴のサイズが大きいので取り付けることはできませんでした。RG高機動型ザク系も穴が小さいので取り付けできず。

HGBDジムⅢビームマスターに。若干手首がゆるいですが、問題なく使用可能でした。バスターバインダーのグリップも挟み込めますし、このキットには平手が付属していないので平手を使うとちょっとした表現の変化も加えられます。

HGルプスレクスにもはめられますが、やや手首がゆるいかも。超大型メイスを保持すると手首が持っていかれそうになります。それと、ハンドパーツを変えるとせっかくのワイルドさが弱まります。変えることでメカニカル感が出るのはいいですね。

グレイズ系にはとてもフィットしました。グレイズはミリタリー感のある色のものが多いので、グレーのビルドハンズを使用しても違和感がありません。手首もまずまず固定されるので、使い勝手が良さそうです。

以上、HGBC ビルドハンズ角型のレビューでした。では引き続きHGBC ビルドハンズ角型のパッケージ・ランナーレビューです。

パケ絵は角型ハンドパーツがサイズに分けて一通り並べてあるのと、ジーエンアルトロン、ダブルオーダイバー、GM/GMなどに取り付けた腕画像が掲載。

一般的なHGBCの箱と同じサイズです。もちろんビルドハンズ丸型とも同じ大きさ。

裏面にはモノクロの広告が記載されています。

一袋分のランナー。

1枚ものの説明書が付属。推奨商品が記載されていますが、やはり連邦系やガンダムタイプが推奨されているようです。ですが連邦系やガンダムタイプでも合わないものも多いので、使いたい場合はボールジョイントを太らせたりしてカスタマイズする必要もありそうです。

グレーのAランナーが2枚入っています。

以上です。キットによって合う、合わないがあるので、できればボールジョイントパーツがサイズの異なるものがあれば、いろんなキットに対応できていいのかなと思います。こういったガスタムパーツは買う前ではわからないこともあるので、その点が解消されるとありがたいですね。

組み合わせは形状は丸型、角型、お好みでチョイスできるので、HGUCΖガンダムなどの平手が付属しないキットだとポージングも違ったスタイルが楽しめますし、指先が細かく造形してあるので、改造などに使って見てもリアルさが出ていいかもしれませんね。

⇒楽天でHGBC ビルドハンズ角型[S,M,L]を探す
⇒駿河屋でHGBC ビルドハンズ角型[S,M,L]を探す
⇒ヤフーショッピングでHGBC ビルドハンズ角型[S,M,L]を探す

2 件のコメントがあります。

  1. 無加工派閥

    on 2018年8月19日 at 09:19 - 返信

    >SDクロスシルエット
    クロスシルエット用に検討していたのですが参考になりました
    SDでHG用の武器持たせられるようになったら幅が広がるのに

    • nori

      on 2018年8月23日 at 10:04 - 返信

      コメントありがとうございます!
      参考にしていただき感謝ですm(_ _)m
      融通性はそんなに高くないのかなと思いますね。
      マウント部の(太さなど)のレパートリーを増やしてくれると、いろんなキットにも対応できそうなんでしょうけど、難しんですかねぇ^^;

コメントを残す