HGBC バインダーガン レビュー

今回は、HGBC 1/144 バインダーガンのレビューをご紹介します!

HGBC 1/144 バインダーガンは、組み合わせによって武装にもオプションパーツにもなる、高い汎用性を持ったビルドカスタムパーツです。バインダー部分にグリップを取り付けることでブレードモードやガンモードに変化し、全てを合体させることで大型ライフルに変化するなど、様々な形態に対応。価格は648円(税込み)です。

バインダーガンにはバインダーパーツ4基をはじめ、ガンパーツやグリップパーツ、軸型、ボールジョイント型など様々な形状のジョイントパーツが付属。自由な組み合わせによって、いろんなカスタマイズに使えるカスタムパーツになっています。

成型色は全て同じグレーで統一。ガンプラに多く使われる成型色なので、他キットと組み合わせても違和感がないように作られています。

バインダーパーツ。こちらは刃に段差のあるタイプ。側面にカスタマイズ用のダボが2箇所あります。

バインダーパーツは大小のサイズが各2基ずつあり、どれも左右挟み込みタイプ。合わせ目はモールド化されているので、ほぼ合わせ目消しが必要ありません。小型サイズですが、適度にモールドも入っています。

もう1種類のバインダーパーツ。こちらは刃が真っ直ぐなタイプです。側面のダボは1箇所のみ。

どちらのバインダーも後部にダボが1箇所空いています。

続いてガンパーツ。特徴的な造形で、バインダーパーツを組み合わせてガンモードにすることができます。グリップ部分意外はほぼモナカの組み合わせなので、上下に合わせ目ができます。ですが合わせ目の一部は段落ちモールド化されています。

砲口は開口しておらず、キャノン砲のような形状になっています。

ジョイントパーツを順番にご紹介。こちらはバインダーパーツを組み合わせることでブレードモードを再現可能なジョイントパーツ。1個パーツなので合わせ目はありません。

グリップパーツ。バインダーパーツをガンモードにカスタマイズするためのパーツです。こちらも1個パーツなので合わせ目はなし。

ボールジョイント型のジョイントパーツは3種類。それぞれ6個ずつ用意されています。ボールジョイントは分離可能で、自由に角度調整が可能です。ダボは通常のガンプラ規格サイズなので、腕部ポリキャップにも武装類のダボ穴にもマウント可能。

HG陸戦型ジムやHGルプスレクスなどにもマウント可能でした。

凹凸型のジョイントパーツも付属。様々な形状のものが用意されていて、組み合わせ方次第で用途応じてに使用可能なカスタムパーツになっています。

何本も連結させることもできますし、角度を変えてテールのようにすることも可能。部分的に組み合わせて関節のような使い方をすることもできます。

バインダーパーツとグリップパーツを組み合わせてガンモードに。しっかりと差し込めるので、抜け落ちること無く保持が可能です。

バインダーパーツとジョイントパーツを組み合わせてナギナタ風のソードモードに。組み合わせを変えることで、3タイプのソードモードにすることができます。

ハンドパーツにしっかりと挟み込めるので、保持しやすいです。

煌・ギラーガなどとは特に相性が良さそう。

ガンパーツにボールジョイント型ジョイントパーツを使ってバインダーパーツを組み合わせることで、ちょっとドライツヴァークっぽいガンモードに。

それほど重量感もなく、手甲パーツがポロリしやすいキットでなければ保持は比較的ラクかと。

それぞれ分離させて保持させることも可能です。

縦長のジョイントパーツを使用することで、百式のバインダーのような形を再現することができます。バインダーパーツ同士もきっちりと組み合わさる構造になっています。

バインダーはHGUCゼータガンダムへのマウントなどが推奨されています。

真横だと干渉するので、バインダーを少し斜めに展開させてやるとポージングもしやすいです。

その他、付属のジョイントパーツを使用することでリーオーNPDなどにもバインダーとしてマウント可能。

キャノンのような形態にもできますし、装備方法は自由自在。

組み合わせ次第でワイルドな形態も再現可能なのがいいですね。

以上、HGBCバインダーガンのレビューでした。続いてパッケージ・ランナーレビューです。

箱絵は他のHGBCシリーズの武器パーツをと同じように、バインダーガンが並べられたデザイン。HGBDダブルオーダイバーやHGBDリーオーNPDに装備したバインダーガンの写真も合わせて掲載されています。箱の大きさは通常のHGBCパッケージと同じサイズ。

裏面にはモノクロながらこのキットのカスタマイズ例などが紹介されています。

横絵は上記でご紹介した装備方法や、近日発売のジーエンアルトロンに装備させた姿などが掲載。箱が小さいこともあって、紹介内容は少なめです。

全部で2袋分のランナー。

説明書は裏表の1枚もの。組み立てはかなり簡単です。説明書を見なくても組み立てられるくらいのレベル。カスタマイズすることで形状が説明書とは違ってくるので、初期の基本的な組み合わせとして見ておくといいですね。

↑A1、A2ランナー。共にグレーでジョイントパーツ類。

↑B1、B2ランナー。共にグレーで、こちらはバインダーガン本体パーツやジョイントパーツなど。

以上です。構造的にはかなりシンプルで組み立ても簡単なカスタムパーツですが、ジョイントパーツの種類が多く、組み合わせ方も何通りもあるので、いろんな形態を楽しむことができます。

それぞれを接続したり、他のキットや武器類と連結することでも違った装備方法が生まれますし、自分のアイデア次第で何通りもの武装形態が再現可能なのはとても魅力的だと思います。

バインダーガンとしての造形もなかなかいいですし、本来なら接続できない武器や腕部、脚部などの接続もこれを使うとできそうなので、融通性の高いカスタムパーツとして、いろんな発想を持って楽しんでみるのがいいのではないでしょうか。

⇒楽天でHGBC バインダーガンを探す
⇒駿河屋でHGBC バインダーガンを探す
⇒ヤフーショッピングでHGBC バインダーガンを探す

コメントを残す