HG MSオプションセット1 & CGSモビルワーカー レビュー

今回は、2015年10月に発売されたHG 1/144 MSオプションセット1 & CGSモビルワーカーのレビューをご紹介します!

HG MSオプションセット1 & CGSモビルワーカーは、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』より、MS各種との組み合わせが可能な各種武装1/144スケールオプションセットです。HGガンダムバルバトスやHGグレイズ、HGシュヴァルベ・グレイズなどと組み合わせることで、劇中の特徴的な装備が再現可能。CGS製のモビルワーカーも付属。価格は660円(税込み)です。

セット内容はガンダムバルバトス用の300mm滑腔砲(滑空砲)、シュヴァルベ・グレイズ用のランス、グレイズ系用のライフル(ショートバレル)とシールド、モビルワーカー(CGS/地上用)になります。別売りのHGガンダムバルバトスHGシュヴァルベ・グレイズ(マクギリス機)HGグレイズ(一般機/指揮官機)などと組み合わせることで、劇中で登場した武装を再現することができます。

成型色はダークグレーのみで、素材はKPSとなっています。シールは滑腔砲の一部を補うのみでわずか。各武装、モビルワーカーともに大部分を細かく塗装する必要があります。

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。(一度切りです。)切れ味はもちろん、薄刃ですが強度が高く、長持ちします。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

300mm滑腔砲。ガンダムバルバトスの背部に装備する実体弾砲で、命中精度よりも威力を重視して弾速を高めてあるとのこと。砲身部分や60mmマシンガンの基部は白いシールでの色分けです。本体部分はブラウン系に、砲口は白に塗り分けが必要。

本体部分はモナカ割で上下に合わせ目ができます。一部は端でモールド化。

砲身は本体から引き抜くことができます。

砲身もモナカ割で上下に合わせ目ができるシンプルな造り。

砲口は別パーツ化され、深く開口されています。

60mmマシンガンの基部は前後にスライド可能。

センサーはグリーンのシールでの色分けです。グリップは左右にスイングが可能。

砲身を引き抜いて向きを変え、側面に組み合わせることで収納形態になります。

収納形態の滑腔砲はHGガンダムバルバトス(別売り)のバックパックにマウント可能。

滑腔砲を背部に装備すると、ちょっとした重武装感が生まれます。

滑腔砲の装備(展開)は、バックパックの装甲を外してバルバトスに付属のアームを組み付けます。そして砲身を組み換えた滑腔砲をバックパックの装甲にマウント。

グリップを握らせたら滑腔砲の装備完了です。

背部のアーム固定強度があまり高くないので外れやすいですが、グリップ部分が前後にスライドするので突っ張ることはなく、保持はしやすいです。

砲身が長く、保持させると前側に比重がかかるため、自立させる場合はキットが倒れないように注意する必要がありますね。

打突系の武装が多いバルバトスですが、滑腔砲を装備することで違った攻撃演出ができるようになります。欲を言えば、砲身に添えるような平手も付属していると良かったですね。

ライフル(ショートバレル)。砲身の短い軽装のライフルになります。シュヴァルベ・グレイズやグレイズなどに装備可能。ダークグレー成型色なので、通常のグレーに塗り分ける必要があります。

本体部分はモナカ割で上下に合わせ目ができます。

側面のマガジンは脱着が可能。反対側にマウントすることも可能です。砲口下部のグリップは左右にスイング可能。こちらの銃口は開口が浅めです。

HGグレイズ(一般機/指揮官機)(別売り)に付属するマガジンと組み換えて形態を変化させることもできます。成型色が違うので気になる方もいるかも。

グレイズ用シールド(GR-E01 8.8mシールド)。ナノラミネートアーマーを施された盾で、耐熱仕様となっていて耐久性がも高いとのこと。ダークグレー一色なので、上下の装甲をグリーンに、左右の装甲をグレーに塗り分ける必要があります。

シールド部分は上下2枚パーツを重ねて組み合わせで側面に合わせ目ができます。ですが角なので合わせ目はあまり目立ちません。裏面のグリップは可動式。基部も回転します。

HGグレイズ(一般機/指揮官機)(別売り)にライフル(ショートバレル)とグレイズ用シールドを装備して。デザイン性が高く、簡単に保持させているだけですが様になります。

シールドはグレイズの手首に横軸ダボ固定させ、グリップを握らせます。固定強度はあまり高くはないですが、横軸ダボとグリップの2箇所で固定するのでポロリはなさそうです。ライフルはグリップをハンドパーツに差し込んでの保持となります。グリップが短く、保持が浅めなのでハンドパーツから外れないように注意が必要です。

シールド保持のハンドパーツが逆だったので、また撮影し直しておきますm(_ _)m (なぜ気付かぬかーーーー!!;)

両手持ちも問題なく可能。フォアグリップが短いので、保持させても抜けやすいので注意が必要です。

アックスとシールドを組み合わせれば、クランク二尉のグレイズが再現可能。

劇中、火星での決闘シーンが再現できるようになります。

ライフルをHGシュヴァルベ・グレイズ(マクギリス機)(別売り)に保持させて。シュヴァルベ・グレイズの造形と合っているので、装備させても全く違和感はありません。

GR-Hs01 16.5mランス。中世の槍のような円錐型の大型突撃槍になります。主にガエリオが使用した武装ですが、見本ではマクギリス機が装備しています。ダークグレー成型色のみなので、全体をライトグレーに塗り分ける必要があります。

ランスの先端の円すい型部分はモナカ割りで合わせ目ができます。後部はパーツの組わせで合わせ目はなし。

ランスの装備は、まずライフルを保持させ、ライフル下部のダボ穴にランスをマウント。更に前腕の横軸穴に、ランス下部のダボを接続して固定させます。これでしっかりとした保持ができるようになっています。

ランスを装備して。

ライフルとはまた違ったスタイルになり、打突系の武装としての特徴的な攻撃態勢を取ることができます。

グリップは回転式。説明書に記載はありませんが、両手持ちさせることが可能です。

モビルワーカー(CGS/地上用)。CGS (クリュセガードセキュリティ)が運用する作業機械・装甲車両になります。4個パーツの簡易的な造りですが、各部モールドが細かく造形されています。

車両本体はライトブラウンに、各部センサーはグリーンに塗り分けが必要です。

裏面は簡易的で大部分が肉抜き穴になっています。3.0mm穴はないので、浮かせてのディスプレイは難しいようです。隙間に3.0mm軸を差し込めばそれなりに浮かせることはできるかも。

右の30mmマシンガンは上下に可動。砲身が細いので折ってしまわないように注意が必要です。

少し左右にスイングさせることができます。

バルバトスと並べて。かなり大きさに差がありますね。

3.0mm軸を差し込んでディスプレイさせることができれば、走行しているような演出をすることもできます。バルバトスと組み合わせることでサイズ差がわかるので、劇中シーンのようにリアルさを表現することもできそうですね。

適当に何枚かどうぞ。

以上、HG MSオプションセット1 & CGSモビルワーカーのレビューでした。

続いてHG MSオプションセット1 & CGSモビルワーカーのパッケージ・ランナーレビューを簡単に。

パケ絵は付属のオプションセットを装備したバルバトス、グレイズ、シュヴァルベ・グレイズが掲載。背景には岩場が描かれるなど、火星での戦闘シーンを再現したものになっています。

パッケージサイズはHGBCなどのオプションセットと同じ。HGのパッケージよりも小型で半分程度の大きさになります。

横絵はHG鉄血のオルフェンズシリーズキット各種にオプションセットを装備した状態の解説が掲載。

開封。全部で1袋分のランナーです。

説明書。安価ですが、滑腔砲の構造もなかなか複雑ですし、ランスやライフルの造形もしっかりとしていて出来はいいと思います。

カラーガイド。塗料は基本的なものばかりなので収集はしやすそうです。成型色がダークグレーなので、下地塗装や隠蔽力の高い塗料を使うなど気を使いそうですね。更に各部を細かく塗り分ける必要があるので、塗装はなかなか手間のかかる作業となりそうです。

↑A1ランナー。ダークグレー成型色で、滑腔砲やCGS製モビルワーカーパーツ。KPS素材です。

↑A2ランナー。ダークグレー成型色で、シュヴァルベ・グレイズ用ランスやショートバレルライフル、グレイズ用シールドパーツ。KPS素材です。

↑ホイルシール。

以上です。組み立ては簡単ですが、造形はしっかりとしていますし細かいモールドが造形されていてリアルさが感じられます。滑腔砲やモビルワーカーは特に細かく造形されているので、画像アップでもしっかりとした造形美を感じることができますね。

気になる点はKPSで保持や固定強度があまり高くないので、経年で劣化するとポロリや分解も発生しやすくなるかと。コスト的に仕方ないかもですが、成型色がダークグレーですし細かい色分けも必要なので、塗装する場合は手間取りそうです。

安価なのでHGキットと合わせて入手してもいいですし、HGIBOのキットには付属していない重要な武装類が揃っているので、細部にこだわったポージングを楽しみつつ、劇中シーンの再現性を高めていきたいですね。

⇒あみあみでHG MSオプションセット1 & CGSモビルワーカーを探す
⇒楽天でHG MSオプションセット1 & CGSモビルワーカーを探す
⇒駿河屋でHG MSオプションセット1 & CGSモビルワーカーを探す
⇒ヤフーショッピングでHG MSオプションセット1 & CGSモビルワーカーを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す