HG 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)のパッケージ・ランナーのレビューです。

今回は、HG 1/144 陸戦型ガンダムS型(GUNDAM THUNDERBOLT Ver.)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

0000

パッケージデザインはホワイトベース級強襲揚陸艦「スパルタン」から出撃する陸戦型ガンダムのイラストが掲載。同じガンダムフェイスが何機も並ぶと、見慣れないせいか、なんとなく気持ち悪い感じもします^^;

0001

パッケージサイズは通常のHGとほぼ同じ大きさ。サンダーボルト版の他キットと同じく、パッケージの角に白いラインが入ったデザインになっています。

0003

パッケージ横絵はアクションギミックや武器類、セット内容が掲載。反対側は陸戦型ガンダムS型の詳細やサンダーボルト第2部のストーリー内容が少し掲載されています。ちなみに陸戦型ガンダムは、外装こそ違いますが、基本性能はジム(サンダーボルト版)やガンダム・ヘッドと同じです。ガンダム・ヘッドがジムにそのままガンダム頭を取り付けただけのものなので、この陸戦型ガンダムS型が発売されたとなるといずれガンダム・ヘッドもプレバンで発売されるのでは・・・

0004

箱いっぱいにランナーが入っています。隙間はない感じですね。

0005

全部で4袋分のランナー。HGサンボル版キットなのでパーツ数は多めです。それも細かいパーツが多数あって、大人のガンプラな感じ。

0006

ではここから説明書を見ていきます。表紙はHG陸戦型ガンダムS型の塗装済み完成品画像が掲載。陸戦型ガンダムS型にも宇宙用機と同じくシーリング処理がされていますが、これは宇宙でのデブリ対策と同じく防塵処置用です。要は関節がホコリまみれにならないようにってことですね。

では一通り説明書をどうぞ。

0007

0008

0009

0010

以上、説明書のご紹介でした。説明書の掲載順はサンボル版他キットと同じ流れです。組み立て方も外装の形状が少し違うだけで、ほぼHGジムサンダーボルト版と同じ。バックパックやウエポン類がちょっと違っている程度ですね。

ではここから各ランナーを見ていきます。

0011

↑Aランナー。ホワイトのランナーです。HGジムサンボル版からの流用で、腰部やハンドパーツ類だけ使用します。余剰パーツが多数あり。

0012

↑B1ランナー。ホワイト、ブルー、イエローのイロプラランナー。陸戦型ガンダム専用のランナーです。脚部や胸部といったパーツ類が並びます。

0013

↑B2ランナー。こちらもイロプラランナーでB1の一部と同じです。

0014

↑C1ランナー。グレーのランナーです。バックパックやビーム・ライフル、内部パーツ類が並びます。

0015

↑C2ランナー。グレーのランナーです。C1の一部と同じです。バックパックの予備マガジンにはフックがついていますが、フックは内部が埋められた形になっています。(C2ランナー左下の3個並んだパーツ)細かくディテール化しようと思えば内部をキレイにくり抜く必要がありますね。

0016

↑Dランナー。ホワイトのランナーです。こちらもHGジムサンボル版からの流用。シールドや脚部、腕部に使用するパーツ類で、一部余剰パーツがあります。

0017

↑Eランナー。クリアーピンクのランナーです。ビーム・ジャベリン用のパーツのみです。ジャベリンの先は1stともUCとも違うサンボル版独自の形状。また何かに流用されそうな予感がします^^;

0018

↑Gランナー。ダークブルーのランナーです。シーリング処理が施された関節類パーツやシールドのマウントパーツが入っています。ランナーには上下2行に分かれて、『HG1/144ジム(TH)』と『HG1/144フルアーマーガンダム(TH)』と印字されています。

0019

↑ポリキャップ、ビームサーベル刃、マーキングシール、ホイルシールです。ポリキャップはHGサンボル版キットに使用されているPC-001が採用されています。素組みご紹介ページでもお伝えしましたが、マーキングシール内のチェックデザインシールだけは組立時に貼り付けるようになっています。

以上です。サンボル版キットなだけあって小さめのパーツも多いので、紛失にはくれぐれも注意して組み立てる必要がありますね。あと、アンテナは細いので破損させないよう注意が必要かと。服の袖が引っかかっただけで折れてしまうこともありえそうなので、ポージングの際にもご注意を。

完成後のキットはさすがに後発のサンボル版キットなだけあって強度はバツグンです。オリジン版のキットもそうですが、ポージングに全くストレスを感じさせないのはいいですね。ただその分、柔軟性という意味ではやや物足りないところもあるので、こんな角ばった形状でももう少し柔軟な可動域を持つようになれば言うことなしのガンプラになると思います。・・・・あっ・・・後、合わせ目も出ないようにしてもらいたいですね♪

⇒楽天でHG陸戦型ガンダムS型を探す
⇒駿河屋でHG陸戦型ガンダムS型を探す

コメントを残す