HG ペーネロペーのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ペーネロペーのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は曇り空に光が降り注ぐなか、神々しく飛行するペーネロペーの姿が掲載。『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』のトレーラーでちらっと映ったペーネロペーがそのままパケ絵に反映されているようですね。そして本来HGUCは上下に黒帯が入っていますが、ペーネロペーは表面すべてがイラストとして描かれた特別仕様になっています。

自分は小説を読んでいないので内容を全く知りません。巨大化したモビルスーツだけでも魅力的ですが、劇場公開が本当に楽しみです!

パッケージサイズはMGVer.Kaと比べてさらにデカい大型サイズ。規格外ではありますが、PGと同等なHGUCネオジオングやHGUCデンドロビウムほどではないみたいですね。それでもこのペーネロペーパッケージもかなりの大きさです。

横絵は文章こそ少なめですが、細部がピックアップされていたり、分離装着や変形、ディスプレイスタイルなど、このキットの特徴が一通り掲載されています。

開封。ランナーボリュームもさることながら、内側の箱が通常のガンプラパッケージとは異なり、やや厚めのダンボール仕様になっています。さすがにこれだけのランナー量だと不備があれば問題になるので、重量に耐えれそうな素材を使わないとですね。

全部で9袋分のランナー。割と大きいパーツが多いです。成型色を見ると、HGUCナラティブガンダムA装備のような感じがありますね。

10月10日から配信が開始された『ガンダムビルドダイバーズRE:RISE』のチラシが入っていました。年内に発売される関連キットも掲載。ν-ジオンガンダムのダイバー(アバター)はキャプテンジオンですが、中の人はロンメルと同じですね;

説明書はHGとしては珍しい冊子型でかなり分厚いです。最近ではHGハイゼンスレイⅡが冊子型でしたが、こちらは一般発売の商品なので機体やパイロット解説も掲載されています。表紙はいつものHGUCと同じで黒背景に塗装済みキットが掲載されたものになります。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。完全ポリキャップレスで組み立てやすく、紛失しそうな小さいパーツも殆ど無いです。ボリューム的にはRE/100もしくは簡単なMGに近いくらい。構造的には、はじめからペーネロペーとして組み立てていき、完成後にオデュッセウスガンダムに分離させていくというものになっています。記載事項は多いですが、後半の1/3はほぼ変形・分離方法のみです。

カラーガイドは基本色で構成され、調色もだいたいよく見るようなものになっています。特徴的な機体形状ながらパーツで適度に色分けされているので、スミ入れにつや消しコートのお手軽仕上げで十分な仕上がりになりそう。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1、A2ランナー。ホワイト成型色で、頭部や胴体部、脚部などの各部外装パーツ類。

↑Bランナー。ホワイト成型色で、大柄なペーネロペーフロントスカートやオデュッセウスガンダムのリアスカート、ビーム・ライフルパーツなど。

↑Cランナー。ホワイト成型色で、オデュッセウスガンダムの腕部や脚部、コンポジット・ウェポン・ユニットパーツなど。同じものが2枚あります。

↑D1、D2ランナー。D1はホワイト成型色で、FF(フィックスフライト)ユニット外装パーツ類。D2はクリアー成型色で、ペーネロペー頭部ユニットのセンサーパーツ。

↑Eランナー。ホワイト成型色で、ペーネロペー肩部ユニットパーツ類。

↑F、Gランナー。共にホワイト成型色で、ペーネロペーの胸部ユニットや脚部装甲、テールバインダーパーツなど。、

↑H1、H2ランナー。ダークブルー成型色で、ペーネロペーの胸部ユニットやテールバインダー、オデュッセウスガンダムのコンポジット・ウェポン・ユニットパーツなど。

↑Iランナー。イエロー成型色で、ペーネロペーのユニット裏打ちパーツや各部ダクトパーツ、頭部アンテナパーツなど。

↑Jランナー。レッド成型色で、ペーネロペーのソール部、テールバインダーパーツ、頭部ユニットのアンテナパーツなど。

↑Kランナー。ダークグレー成型色で、胴体部内部パーツやFFユニットのジョイントパーツ、リアスカートや肩部ユニットの裏打ちパーツなど。

↑Lランナー。ダークグレー成型色で、胸部、肩部ユニットの裏打ちパーツやFFユニットのジョイントパーツ、支柱パーツなど。

↑Mランナー。ダークグレー成型色で、関節などの各部内部パーツ類。同じものが2枚あります。

↑BA2ランナー。ブラック成型色の台座パーツです。

↑SB-13(クリアーピンクのビームサーベル刃)、ホイルシールです。

↑ランナーを積むとこれくらいです。大型機なのと、大きいパーツが多いのでボリューミーに見えるだけですね。

以上です。HGでこのデカさはまぁすごいですよね。個人的には1/250くらいでキット化すると一般的なHGと同じくらいのサイズになっていいのかなと思いました。飾るスペースがない、家族的に肩身が狭いという方にはちと辛い大きさかも。主役機のクスィーも当然このサイズでキット化されると思うので、並べて飾る場合はなおツライ;

なので開発する側としては大変でしょうけど、別途小サイズのものを新造、もしくはこのキットをそのまま小型化なども考えてもらえると、もっと取り扱いやすく飾りやすいキットとして楽しめそうですね。(都合良すぎ?)

⇒楽天でHG ペーネロペーを探す
⇒駿河屋でHG ペーネロペーを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ペーネロペーを探す

コメントを残す