HG ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は中央にフェロウ・ブースターを装備したジム・インターセプトカスタムが掲載。サラミスやジムスナイパーカスタムなど多数の機体が掲載された迫力のあるシーンが描かれています。おそらくア・バオア・クーの最終決戦時のシーンかと。モノクロなのが残念なところです。

パッケージサイズは一般的なHGと縦横が同じ。高さが1cm程度大きめです。一般発売のHGジム・インターセプトカスタムは通常のHGと同じ大きさでした。

全部で4袋分のランナーです。大袋2、小袋4。小袋多い・・・・;

説明書はMGジム・インターセプトカスタム用の説明書に加えてフェロウ・ブースター装備用の白黒説明書が付属しています。ジム・インターセプトカスタム本体は一般発売のものと変わらないので、追加分はフェロウ・ブースターの組み立てとマーキングガイドだけでOK。HGジム・インターセプトカスタムの説明書については以下のリンクから一般発売のページをご参考くださいm(_ _)m

⇒HG ジム・インターセプトカスタムのパッケージ・ランナー レビュー

フェローブースター装備の説明書を一通りどうぞ。

以上、フェロウ・ブースター装備の説明書でした。説明書は1枚ものではありますが、フェロウ・ブースターの組み立て自体はかなり凝っていて、細かい部分までよく作り込まれていると思います。これ単体で売ってもいいくらいの出来ですね。

カラーガイドはフェロウ・ブースターのガイドのみ掲載されています。プレバンのホームページに掲載されているものとキットではだいぶカラーリングの印象が違いますが、素組みでも十分な仕上がりだと思います。赤いラインも無理に入れなくてもいいような気がします。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。パープル成型色で、胸部や頭部、前腕外装パーツなど。以下しばらくジム・インターセプトカスタム用のランナーです。

↑B1、B2ランナー。共にクリームがかったホワイト成型色で、脚部、腹部、頭部など各部外装パーツ類。

↑Cランナー。ダークグレー成型色で、関節などの内部パーツ、ハンドパーツ、ビーム・スプレーガン用パーツなど。

↑D、E1ランナー。Dはダークグレー成型色で、脚部や腰部パーツなど。E1はパープル成型色で、脚部や腕部パーツ類。E1は同じものが2枚あります。

↑F1、F2ランナー。共にダークグレー成型色で、関節、バックパック、サイドアーマーなどのパーツ類。

↑H1、SB-13,ポリキャップ(PC-001)、ホイルシールです。H1はクリアーレッドのゴーグルパーツ。SB-13はクリアーピンクのサーベル刃。ここまでがジム・インターセプトカスタム用のランナーになります。

以下フェロウ・ブースター用のランナーです。

↑XA1ランナー。ダークグレー成型色で、フェロウ・ブースターの外装パーツ類。

↑XB1、XB2ランナー。共にグレー成型色で、エンジンやスラスター、バーニアノズルパーツなど。

↑XA2、XC、マーキングシールです。XA2はXA1の一部と同じ。XCはレッド成型色で、ラインモールドやミサイル・ランチャー弾頭パーツ。

以上です。フェロウ・ブースターの完成度の高さには驚きましたが、できれば最初からまとめて発売してくれていると嬉しかったかなぁと。なんとなく企業の都合というのを感じなくもない・・・・。まぁそうでなくても、もともと本体とフェロウ・ブースターで別々に販売する予定も合ったかもしれませんね。フェロウ・ブースター単体で売っても文句が出ないくらい、よく出来ていると思います。

オリジン版キットだとキット本体を含め作りの良いものが多いので、このフェロウ・ブースターやジムスナイパーカスタム、ジム・キャノンなど、MSV登場機でもMSDとしてアレンジされるのも悪くないのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でHG ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)を探す
⇒駿河屋でHG ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG ジム・インターセプトカスタム(フェロウ・ブースター装備)を探す

コメントを残す