HG ジム・スナイパーカスタムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ジム・スナイパーカスタムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はR4型ビーム・ライフルで射撃するジム・スナイパーカスタムの姿が掲載。おそらく背景に写っているジム・ガードカスタム共々塗装済みキットを使った合成かと。かなり激しい戦場シーンであることから、一年戦争末期のア・バオア・クー攻防戦のワンシーンだと想像できます。色は成型色に近いカーキ色。

箱のサイズは一般的なHGと全く同じ。

では開封。思いの外余裕がありますが、大判ランナーがないため端に隙間ができています。一般発売のHGジム・ガードカスタムもこんな感じでしたが、このオリジン版ジム系キットはシリーズが多く、流用ありきで構成されていることもあってこんなハンパランナーが多いんでしょうね。

全部で5袋分のランナー。

説明書はモノクロのペラ説明書です。特に機体解説はなく、表紙はマーキングガイドやカラーガイドから始まります。では一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。組み立てのみが記載されているため、かなりボリュームのない説明書になっています。組立工程もわずか4ページに集約されていて、かなりのコストダウン化が図られているような気がします;キットの進化や最適化は進んでいますが、説明書やパッケージに関してはやっぱり変わらないんですね。

組み立てに関しては、アンテナが細いので折ってしまわないよう注意が必要なのと、若干小さいパーツが多めなので、紛失には少し注意が必要です。それ以外は特に問題なさそうです。この最新フォーマットは可動域が広いだけでなく、組み立てやすさも高いレベルにあると思います。

カラーガイドもわずか3種。色は渋いですが、全体的に色味の少ない地味めの機体になっています。塗装に手間がかからずリアリティのある機体が製作できるという意味では作りやすいキットなのかもしれません。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。オリーブグリーンのランナー。外装パーツ類です。タグには『HG1/144ジム(オリジン)』と記載されていて、オリジン版ジムシリーズへの流用ありきで製造されたランナーになっています。

↑B1、B2ランナー。グレーのランナーです。脚部や胴体部などの外装パーツ類。

↑Cランナー。グレーのランナーで、内部パーツやビーム・スプレーガンなど。

↑D、E1ランナー。D、E1共にオリーブグリーンで、Dは足首から下のパーツ、E1は脚部や肩部など各部のパーツになります。E1は同じものが2枚付属します。

↑F2、F3ランナー。共にグレーで関節など各部のパーツ類です。

↑G、H1ランナー。GがグレーのR4型ビームライフルやバックパック、頭部パーツなど。H1はクリアーレッドのバイザーパーツです。

↑SB-13クリアーピンクのビームサーベル刃。ポリキャップPC-001、マーキングシール、ホイルシールです。

以上です。HGのジム・スナイパーカスタムはかなり前のMSV時代に発売されたものしかないので、プレバンとは言え今回のキット化は嬉しいところです。

個人的には、MGとは少し違ったデザインで面白みを感じる良いキットだと感じています。ですが体型バランスや近代的な造形など、MSDらしさもところどころに加えられているため、昔ながらのカクカクした機体に馴染みを感じるファンには違和感もあるかもしれません。

なので今後展開されるキットもそういった部分も汲みつつ、昔ながらのファンをも納得させてくれるシリーズ展開を期待したいですね。

icon

⇒楽天でHG ジム・スナイパーカスタムを探す
⇒駿河屋でHG ジム・スナイパーカスタムを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ジム・スナイパーカスタムを探す

コメントを残す