HG ジェスタ (シェザール隊仕様 B&C班装備) レビュー

今回は、HG 1/144 ジェスタ (シェザール隊仕様 B&C班装備)のレビューをご紹介します!

HG 1/144 ジェスタ (シェザール隊仕様 B&C班装備)は、『機動戦士ガンダムNT』より、”シェザール隊仕様 B&C班装備”の『ジェスタ』1/144スケールモデルキットです。頭部センサーなどの一部新規造形に加え、B班およびC班仕様それぞれの主兵装「メガ・ビーム・ランチャー&トライポッド」、「キャプチャーガン」が新規造形で再現されたジェスタになっています。価格は2,484円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

HGUCジェスタをベースに、機動戦士ガンダムNTに登場するジェスタ(シェザール隊仕様)がキット化。キット本体はHGUCジェスタとだいたい同じですが、膝関節が新造され、頭部にはシェザール隊機の特徴であるスコープ型センサーを装備。武装にはB&C班装備用のメガ・ビーム・ランチャー&トライポッド、キャプチャーガンが付属しています。

A班装備と同じでネイビーブルーが強調されたカラーリングになっています。胸部や各部ダクトなど、部分的にシールで補います。

ジェスタベースで関節強度も高め。股間部だけ少し弱さがありますが、全体的な可動域も広めで安定したポージングが可能です。自立もしっかりとしています。

頭部。シェザール隊仕様の特徴であるスコープ型センサーを装備。新造されたスコープ型センサーやバイザー、後頭部のセンサーはそれぞれシールによる色分けです。それ以外はHGUCジェスタと同じ形状。内部センサーやクリアーオレンジのゴーグルも同じです。

胸部から腰部。HGUCジェスタに比べ、首周りパーツの配色がグレーに変更され、胸部やフロントアーマー、リアアーマー両脇のダクトなどがシールでの色分けになっています。フロントアーマー中央のV字マークシールもゴールドが強調されています。

腕部。右前腕にマガジン、左前腕にサーベル柄を装備しているのもHGUCジェスタ、シェザール隊仕様A班装備と同じ。二の腕は筒型、前腕は左右挟み込みタイプで合わせ目ができます。ショルダーアーマーも前後挟み込みタイプで上部に合わせ目ができます。

脚部。全体的な造形はだい部分はHGUCジェスタから変わらず。膝下両脇のダクトや後部スラスターがシールによる色分けになっています。

脚部後部パーツと膝関節パーツが新造され、膝の可動域が向上。メガ・ビーム・ランチャー&トライポッドの狙撃体制が演出しやすいようになっています。

バックパック。A班装備はスタークジェガンのバックパックを装備し、3基のプロペラントタンク兼用ブースターロケットを装備していましたが、このB&C班装備はHGUCジェスタと同じバックパックを装備しています。

HGUCジェガン系と同じ2ダボ接続。バックパック裏には肉抜き穴があります。

バーニアは付け根のボールジョイント型ポリキャップで適度に可動します。バックパック上部にはポリキャップ式のシールドマウント部が造形されています。

HGUCジェスタと並べて。(画像左がシェザール隊仕様B&C班装備、画像右が一般発売のHGUCジェスタです。)シェザール隊仕様は外装のブルーが濃くなり、首周りのパーツやダクト類がシールによって色分けされているので、少しカジュアルさを感じるデザインになっています。造形的には頭部センサーと膝形状が異なりますが、バックパックなどは同じです。

続いてA班装備(ブースターロケットを外した状態)と並べて。(画像左がB&C班装備、画像右がA班装備です。)頭部センサーや膝裏の造形、各部ダクトのシールによる色分けなどは同じですが、バックパックが異なります。

ジェスタやシェザール隊仕様各部の詳細、可動域などに付いては、HGUCジェスタ、ならびにHGジェスタ(シェザール隊仕様 A班装備)のレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒HGUCジェスタ レビュー
⇒HGジェスタ(シェザール隊仕様 A班装備) レビュー

メガ・ビーム・ランチャー&トライポッド。HGUCリゼル(隊長機)に付属のメガ・ビーム・ランチャーに、新規パーツのトライポッドが増設された武装になります。特に可動する部分はありません。

メガ・ビーム・ランチャーをいろんな角度から。

メガ・ビーム・ランチャー、トライポッド共に左右挟み込み(モナカ割)タイプ。なので上下など各部に合わせ目ができます。トライポッドは前脚は本体と一体型で、両脇は別パーツを取り付けるようになっています。

別パーツ化されている両脇のトライポッド脚部。モナカ割の簡単な造形で合わせ目ができます。

こちらは本体部分と一体になったトライポッド前脚部分。合わせ目ができます。

本体部分はメカニカルな造形になっています。

グリップにダボはありません。後部ストックのスライド可動などもありません。

メガ・ビーム・ランチャーのセンサーはグリーンのシールによる色分けで、クリアーパーツなどは使用されていません。

メガ・ビーム・ランチャーの砲口は開口されています。

キャプチャーガン、シールド、ビーム・ライフル、シールドマウント用アームユニットパーツ2種、ビーム・サーベル刃×2、平手(左右)、持ち手(左右)武器持ち手(右)、メガ・ビーム・ランチャー用武器持ち手(左)※手甲パーツは組み換え式です。が付属。(ビーム・サーベル刃は、1本は余剰パーツ扱いです。)

その他、リゼル用パーツ各種、手甲パーツ×4、脚部外装パーツ、膝パーツ、額バイザーパーツが余剰で付属します。余剰パーツと組み換えることでHGUCジェスタのカラバリが再現できます。HGUCジェスタには付属していたマーキングシールは付属しません。

新規に付属の武器持ち手を使ってメガ・ビーム・ランチャー&トライポッドを構え。

新規付属の武器持ち手はパーツが外れやすいので注意です。膝は新造されましたが、できればもう少し可動域が広ければよかったかと。ですがメガ・ビーム・ランチャーを構えた姿は圧巻です。

HGUCジェスタと比べて膝の曲げ具合はこんな感じ。(画像左がB&C班装備、画像右がHGUCジェスタです。)

台に載せたりするとまた違ったポージングが楽しめそうです。

反対側の武器持ち手でも保持が可能でした。ですが若干グリップの太さと相性が悪いのかなという印象。(気のせいかもです。)

キャプチャーガン。グレー成型色パーツモナカ割の簡単な組み合わせで上下に合わせ目ができます。砲身や砲口の筒型部分をグレー、側面のモールドを赤で塗り分ける必要があります。

砲口は途中まで開口され、センサーは前後ともグリーンのシールによる色分けです。(シールが少しずれてますね;)

ビームライフル。HGUCジェスタやHGジェスタシェザール隊仕様A班装備に付属するビーム・ライフルと同じです。

グリップはダボ付き、センサーは前後ともオレンジシールでの色分けです。

シールド。形状はHGUCジェスタのものと同じです。シェザール隊仕様機なので、成型色のブルーが強くなっています。

2基の2連装ミサイル・ランチャーは塗り分けが必要です。

シールドは収納型、展開型2種のマウントパーツでバックパックに接続可能です。

キャプチャーガンとシールドを装備して。キャプチャーガンは、ダボでの固定はないですが保持力はまずまず。少しキャプチャーガンの重さでふらついたりしますが許容範囲かと。ただ、武器持ち手は何度も組み換えてくるとヘタれてくるので、だんだん保持が難しくなってきます。手首も弱くなってきて、キャプチャーガンを保持すると垂れたりするので強度アップが必要そうです。

サブグリップが細身で手首が返せるので、両手持ちポーズも様になります。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。メガ・ビーム・ランチャーこそリゼルからの流用ですが、それを組み合わせたトライポッド仕様やキャプチャーガンはかなり特徴的でジェスタの見栄えを面白いものにしていると思います。A班装備もいいですが、それぞれに魅力がありますね。

欠点としては、全ジェスタに共通して言えることかもしれませんが、武器持ち手や手首のポリキャップがヘタレによって外れやすくなってくるので、そのあたりは多少補強してやる必要がありそうです。股間部も弱くなってくるので対処が必要ですね。

膝関節の可動域が広がったことでメガ・ビーム・ランチャーを構える姿が良くなっているので、少しでも改良が加えられているのは喜ばしいことだと思います。また、A班装備とB&C班装備によって、お好みの仕様が選択できるようになったのも、ユーザーとしては嬉しいところなので、お好みのジェスタをチョイスして楽しみたいですね。

icon

⇒楽天でHG ジェスタ (シェザール隊仕様 B&C班装備)を探す
⇒駿河屋でHG ジェスタ (シェザール隊仕様 B&C班装備)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG ジェスタ (シェザール隊仕様 B&C班装備)を探す

2 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2018年11月26日 at 07:54 - 返信

    膝の曲げ具合の比較のところふつうのジェスタとB班C班左右逆だと思うんですけど(気のせいだったらすいません。)

    • nori

      on 2018年11月26日 at 08:06 - 返信

      コメントありがとうございます!
      記事を修正しました。
      疲れてるのかな・・・・;

コメントを残す