HG グレイズ(地上戦仕様) ツインセット レビュー

今回は、HG 1/144 グレイズ(地上戦仕様) ツインセットのレビューをご紹介します!

HG 1/144 グレイズ(地上戦仕様) ツインセットは、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第24、25話などに登場したグレイズの地上戦用カスタム機『グレイズ(地上戦仕様) 』の1/144スケールモデルキットです。ブルーグレーとレッドブラウンのカラーリングが再現されたグレイズがそれぞれ1体ずつ(合計2体)付属。バトルブレードやマルチラックが新たに付属し、ライフルやバトルアックスによって劇中の再現も可能です。価格は3,456円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

劇中で登場したグレイズ(地上戦仕様)と同じブルーグレーとレッドブラウンのカラーリング。大腿部にグレイズリッターと同じブースターを装備し、足裏には特徴的なホバーユニットを装備しています。劇中では増設された推進機関と相まって高い機動性を発揮するとのこと。

細身のグレイズとは異なる、肉厚の脚部が特徴的。ランナーはHGグレイズをベースに、HGグレイズリッター、MSオプションセット4、MSオプションセット9のもので構成されています。ポリキャップはおなじみのPC-002を使用。

ガンダムフレームは関節強度が弱めで、自立時もかなりフラフラしていた印象がありますが、このグレイズの関節強度は高く、自立もかなり安定しています。地上戦仕様なので自立が不安定だと致命的だなと思っていましたが、そんな心配もありませんでした。

頭部。HGグレイズと同じで、それほどモールドも多くないシンプルな形状です。中央のセンサーはシールによる色分けです。ブルーグレー、レッドブラウン共に同じ形状なので、今回はブルーグレーのグレイズで各部レビューをしていきます。

上部のカバーを外すと目玉のような高感度センサーが露出します。高感度センサーもシールによる色分けとなります。

バストアップ。基本的には形状も色分けもHGグレイズと同じ。胸部前面内部パーツの一部と背面リアクターのラインは黄色いシールによる色分けです。一応グレイズフレームに合わせ目がありますが、ほとんどわかりません。

腹部、腰部。腹部はグレイズフレームが露出した形で、腰部アーマー類はシンプルながらもデザインの整った造形。リアアーマー中央にはブースターユニットマウント部があります。

腕部。ゴツゴツとした四角型のディテール。外装の二の腕パーツは被せる形状で、前腕は筒型です。手首も別パーツ化されているので、合わせ目箇所はありません。前腕にはライフルをマウントさせたりする穴があります。

ショルダーアーマーは前後挟み込みタイプですが、合わせ目が段落ちモールド部分なのでわかりにくくなっています。

脚部。膝から下の部分にはグレイズ型アーマーを装備していて、大腿部にはグレイズリッターのブースターを装備。膝から下の外装パーツは前後挟み込みタイプなので側面に合わせ目ができます。

足首から下のホバーユニット部は、くるぶし周りのパーツ前後左右をシールで補うようになっています。

ブースターはモナカ割ですが、合わせ目が片側に出るようになっています。前方の開口している部分にモールドはなく、後部のモールド部はグレーのシールで色分けするようになっています。

足首から下の部分。前述したとおり、甲やくるぶし、アキレス辺りを全てシールで補います。足裏は別パーツでフタをするタイプで、足裏にはホバー状のモールドが入っていて肉抜き穴はありません。

背中にはマルチラックを装備。MSオプションセット9に付属するアイテムです。同梱のMSオプションセット4ランナーに付属しているバトルブレードをマウントするためのフックが付いています。スラスター内部にはスリットが入っています。

下部はこんな感じ。

HG陸戦型ジム、HGガンダムバルバトスルプスレクスと比較してみました。ルプスレクスと同ストーリーの機体ながら、グレイズはUCキット並の小ささです。

頭部の可動はまずまず。あまり見上げるようには出来ませんが、顎などが無いので割りと柔軟に感じます。

左右へも問題なく可動します。

腕部は、ショルダーアーマーが干渉するというよりは、肩内部パーツの可動域に制限があるので水平より少し上がる程度です。

肩部のポリキャップが露出したような形状になっていますが、ポリキャップは上下に可動するように組み込まれているので前後スイングに影響はなし。肩部全体が適度に可動するので、その分広めに前後スイングします。

肘は90度より少し曲がる程度。細身の割に肘関節部の可動範囲はいまいち。

内蔵しているグレイズフレームが可動するので、その影響で上半身が適度に前後スイングします。前かがみや胸を張るポーズもなかなか柔軟にできます。

腰部アーマー類がかなり干渉するため、腰の回転は殆どできず。

股下の穴にアクションベースを差し込んでディスプレイします。

しっかりと差し込めるので安定してディスプレイできます。関節強度も高いですし、ポージングの不安定さも少ないので、アクションベースから落下することもありませんでした。

脚部はサイドアーマーやフロントアーマーを少し避けるようにして前方に上げると水平程度にまで移動します。リアアーマーが動かないので、後方へはそれなり。

膝はかなり深くまで曲がってくれます。

足首は接続部がボールジョイントなので、それなりに前後可動します。

サイドアーマーと大腿部のブースターが干渉するため、開脚はこの程度。通常のグレイズ用大腿部アーマー(余剰パーツ)を取り付けた場合はもっと広く開いてくれます。

足首の左右への可動域はそこそこあります。大地で踏ん張るようなポージングは結構様になるかも。ただしあまり激しく動かしていると、足首が少しずつ抜けてきたり、干渉によって周りのシールが剥がれてきたりするので注意です。たまに手前のアンクルガードが外れることもあるのでこちらも注意が必要です。

太もものアーマーが影響することもあり、内股はこの程度。がに股は真横程度に広がってくれます。太もものホバーユニットが後方で干渉するため、これ以上に後ろに曲げるのはちょっと難しいです。

立膝は以外にもキレイな形になってくれます。外装形状を考えると微妙かなと思ったのですが、そこそこいい具合になりました。

地上用ブースターユニット(2基)、宇宙用ブースターユニット(2基分:合計4枚)、バトルブレード×2、ライフル×2、バトルアックス×2が付属します。

その他、HGグレイズ、HGグレイズリッター、MSオプションセット4、MSオプションセット9などのパーツ類が多数付属します。ユニオンモビルワーカーが2基、グレイズリッター用のナイトブレードが2本など、遊びやすそうなアイテムが付属しているのはうれしいですね。それにしても脚部の数がスゴイ・・・・^^;

ユニオンモビルワーカーを色んな角度からどうぞ。上下で組み合わせるタイプですが、他のモビルワーカーのように本体上部が回転することはありません。一番上の旋回式砲塔は回転可動します。

裏面には適度に肉抜き穴あり。

ナイトブレード。色違いがそれぞれ1本(合計2本)付属します。

ハンドパーツに差し込むだけで保持可能。しっかりと差し込め、固定できるのでスカスカ感はありません。

ナイトブレードにダボがあるので、サイドアーマーにマウント可能です。

ナイトブレードをマルチラックのフックに差し込むことはできますが、しっかりと固定されるわけではないのでふらつきます。

余剰パーツや背中のブースターを組み替えてHGグレイズの地上用と宇宙用が再現可能です。

レッドブラウンには宇宙用ブースター、ブルーグレーには地上用ブースターを取り付けてみました。

地上戦仕様グレイズのマルチラックを宇宙用ブースターに変更。パーツを組み替えてカスタマイズし、お好みのスタイルを楽しむのもいいですね。

バトルブレード。MSオプションセット4に付属しているものと同じです。成型色はグレー。

こちらはマルチラックにしっかりと収まって固定されます。

ハンドパーツに強引に差し込むことができますが、破損を防ぐためにも甲パーツを外して持たせたほうが良いかもです。しっかりと保持してくれ、肩関節も固めなので腕が垂れることはありませんでした。

両手持ちは少し厳しめですがなんとか保持可能です。

バトル・アックス。HGグレイズから付属しているものと同じです。2本付属します。

グリップのダボによってサイドアーマーにマウント可能。しっかりと固定され、ポロリもありません。

ライフル。こちらもHGグレイズから付属しているものと同じです。

側面や下部のアーマーは脱着可能。ハンドパーツに保持させるときは下部のアーマーを一旦取り外してからもたせます。サブグリップは可動式。本体部分は左右挟み込みタイプなので上下に合わせ目ができます。砲口は別パーツです。

ライフル下部のアーマー前腕部にマウントさせることで、ライフルをしっかりと保持させることができます。

ライフルの両手持ちも少し厳し目ではありますが、なんとか保持可能でした。

では適当に何枚かどうぞ。

以上です。まさかのグレイズがここまでかっこよくなるとは思っても見ませんでした。

はじめはオプションセットやグレイズリッターを買わずに地上戦仕様がお手軽に組めるくらいに考えていたのですが、フタを開けてみると、独特かつ最適なカラーリングとモビルワーカーまで付属する余剰パーツの数々、それらを使ってカスタマイズすることで楽しめる多彩な仕様、元からのデザイン性の高さなどから、主役機をも凌ぐくらいのいい出来になっていると感じました。

若干ブースターが付いている大腿部パーツが外れやすいのと、くるぶしのシール剥げは少し気になりますが、欠点と言えるのはそれくらい。関節強度も高いですし、ポージングも決まりやすいので安定して取り扱うことができます。

どちらの色もグレイズに合っていますし、2体あるのでスタイル変更や劇中シーンを再現するなど、贅沢な気分と共にいろんなポージングが楽しめるのもいいですね。

icon

⇒楽天でHG グレイズ(地上戦仕様) ツインセットを探す
⇒駿河屋でHG グレイズ(地上戦仕様) ツインセットを探す
⇒ヤフーショッピングでHG グレイズ(地上戦仕様) ツインセットを探す

4 件のコメントがあります。

  1. 名前が無いのよ私は

    on 2017年11月24日 at 21:54 - 返信

    誠に勝手ながらレビューお待ちしてました。
    この商品が発表された当初、市販物を買って塗装するのとどっちがお得かわからなかったので保留していたのですが、これは送料を鑑みてもかなりお得ですね。バトルブレードだけでなくナイトブレードまでついてくるなんて。
    早速プレバンで注文してしまいました(笑)

    • nori

      on 2017年11月26日 at 03:31 - 返信

      コメントありがとうございます!
      グレイズ2機のカラーリングもいいですし、使える余剰パーツばかりなのもこのキット購入のメリットになってますよね♪
      自在性が高いので、ただのグレイズではないプレバンキットとしての良さを感じるセットになっていると思います。
      2機並べてポージングすると劇中シーンのようなリアル感が味わえます。
      手元に届くのが待ち遠しいですね^_^

  2. ナナシ

    on 2017年11月24日 at 22:11 - 返信

    所詮色替えだし塗装をすればいいだろうと思ってましたが、2色の地上用グレイズを作るならこっちのほうがいいかもしれないですね。
    う~む、個人的には買いたくなる商品内容です。というかこのまま見てたら買ってしまいそうです。

    • nori

      on 2017年11月26日 at 03:37 - 返信

      コメントありがとうございます!
      グレイズリッターやオプションセット購入を考えると、まとまっていてなおかついろんな武器類が付属しているのはとても魅力です。
      成型色の色合いもなかなか絶妙な感じがあるので、買ってみて驚きのセットになってましたね^_^
      正直グレイズが初めてカッコイイと思えたので、個人的には大満足でした♪

コメントを残す