HG ガンダムキマリストルーパーの組立工程 台座と武器の組み立て

こんにちは!今回は、HG ガンダムキマリストルーパーの組立工程 台座と武器の組み立てをご紹介します!

HGキマリストルーパーの組立工程最後です。付属している台座と武器を組み立てていきます。

武器に関してはデストロイヤー・ランスとキマリスサーベル、キマリスシールドの3点です。サーベルは組立工程なんて無いですし、シールドも簡単なので、メインはデストロイヤー・ランスになります。

デストロイヤーランスみたいな大柄な武器はいいですね~。古くはメガバズーカランチャーにΖガンダムのハイパーメガランチャー、最近ではHGアスタロトやHGキマリストルーパーなど、これまでも大柄な武器が付属・発売されてきました。

存在感バツグンなので、組んでいてもポージングをしてもボリューム満点お腹いっぱいのビジュアルを楽しめるのが嬉しいところです。

ではまずは台座からかる~く組みてていきましょう。

DSC_0360

まずは台座のパーツ一覧です。もともとクリアーパーツですが、全パーツフラットブラックで塗りました。オマケにデカールまで貼り付けているという^_^

無駄なランナーパーツのない、これらのパーツのみが組み合わさったランナー形状をしています。詳しくはHGガンダムキマリストルーパーのレビューをご覧ください。

DSC_0361

組立工程は至って簡単。まずは下の脚の部分をVの字に組み合わせます。

DSC_0362

中心の長いパーツを挿し込み、上部に角度調整ができるHGガンダムキマリストルーパー股下への挿し込みパーツを取り付けて完成です。

DSC_0363

キマリストルーパーを設置しても安定しています。若干左右に倒れやすいですが、アクションベース1もそれほど違わないですし、付属の台座の方がVの字型の脚がしっかりと固定されている分動かしやすいです。

DSC_0364

ではデストロイヤー・ランスを組み立てます。かなりロングレンジの武器で、画像になんとか収まる感じです。これで1/100となるとどんなドデカイサイズになるんでしょうw( ̄▽ ̄;)w

最中割なので、合わせ目が気になる方は合わせ目処理をどうぞ。

DSC_0365

内側から持ち手部分のパーツを取り付けます。

DSC_0366

もう一方の外装パーツを組合せて完成です。組立工程はそーとー簡単でしたね^_^;

デストロイヤー・ランスは形状が少し歪なので、デカールをどう貼ればよく見えるか悩みました。結局、たくさん貼っても変になるだけだったので、シンプルに数カ所の貼り付けで済ませています。

DSC_0367

やっぱり裏面の合わせ目は気になりますかね~。_| ̄|◯

DSC_0369

続いてキマリスシールドとキマリスサーベルです。何の事はない、シールドに持ち手を取り付けるだけです。キマリスサーベルを差し込むことが出来ます。

DSC_0370

こんな感じ。黄色が写り込んでいますが、これは塗装した色ではありません。ただの映り込みです(分かっとるわい!と思われたかた、どうもスイマセンm(_ _)m)

DSC_0371

表面はこんな感じです。まあ程よく仕上がってますね。

DSC_0372

ではキマリストルーパーに武器を持たせます。武器がビッグですね~。デストロイヤー・ランスを持たせても腕部にそれほど影響はありません。それなりに保持が可能です。

手首は手前に少し引き抜くと、クルッと回転してランスが下向きになってしまいます^_^;

DSC_0373

リアビューは特にナイトのようです。どちらかというと複数いる兵隊的な見た目ですかね~。

DSC_0375

続いてお待ちかねのトルーパー形態です。製作工程で一番初めに出てきて画像です。なかなか凛々しいですね。いい感じだと思います。

DSC_0376

はい、以上でHGガンダムキマリストルーパーの完成です!今回は製作工程を隅から隅までご覧頂きました。どういった工程を辿って完成させていくかをご紹介してきたわけですが、お楽しみいただけましたでしょうか。

もしこれらの中で参考になる箇所があれば、どうぞ参考にしていただければ嬉しく思います^_^

このまま初心者に優しい製作を心がけるのか、もっとレベルの高い製作をして個人のレベルを上げるべきか悩みどころではありますが、もし変わらずの製作工程であっても飽きずにご覧いただければと思いますです。

では今回はこの辺で。良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHGガンダムキマリストルーパーを探す


コメントを残す