HG ガンダムマルコシアスのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、HG 1/144 ガンダムマルコシアスのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵は火星らしき大地にて、バスタードメイスを振り下ろしながら大地を砕くガンダムマルコシアスの姿が掲載。短剣を構える4基アームやグリーンの眼光を輝かせる姿は、鉄血のオルフェンズ劇中には登場してない機体ながらもその強靭さが感じられるデザインになっています。

パッケージサイズは一般的なHGよりも1cm程度大きめ。外装もやや肉厚ですが、腰や背部のバインダーやバスタードメイスなども大型なのでこのサイズのパッケージになっているようです。

横絵はパッケージサイズの余裕を生かし、各部ギミックが大きめの画像で紹介されています。特に左上のアクションポーズはサブアームとバスタードメイスの迫力ある姿で掲載。塗装済みキットが使用されていて鮮やかさがあるのもいいですね。

開封。

全部で4袋分のランナーです。

鉄血のオルフェンズブルーレイやガンダムビルドダイバーズ2nd Seasonの配信開始情報、それに登場するキット紹介などのチラシが同梱されていました。1st Seasonはやや消化不良な感じがあったので、2nd Seasonはより激しいバトルを展開してもらいたいところです。

説明書は鉄血のオルフェンズフォーマットですがパイロットの詳細はなく、ガンダムマルコシアスの詳細のみ掲載されています。記載内容は鉄血のオルフェンズモビルスーツアーカイブスに掲載されているものと同じ。アーカイブスには『阿頼耶識システムが使えれば、対モビルアーマー戦でかなり強い部類のガンダムではないでしょうか。』と記載されていますが、阿頼耶識システムでこの4本サブアームを動かしていたら、パイロットは無事では済まなそうな・・・;

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。ガンダムフレームはバルバトス第6形態やアスタロトリナシメントなどと同じガンダムフレーム4ですが、外装は新規造形で肉厚。HGIBOシリーズの中でもなかなか組み立てボリュームのあるキットになっていると思います。前腕など四肢の合わせ目は仕方がない部分がありますが、背部バインダーの作りが大味で合わせ目ができるのがちょっともったいないかなと。

カラーガイドはすみれ色が混じったホワイトに、部分的なレッドやイエロー、ガンダムフレームのブラウンなどが記載されています。外装のホワイトはガンダムタイプではあまり見ないカラーリングで新鮮ですね。赤い部分はマスキング塗装、黄色い部分は筆塗りなどで塗り分けられそうですが、マスキング地獄になるので、難しかったらレッドも筆塗りで良いと思います。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ダークグレー成型色で、内部フレーム(ガンダムフレーム)パーツです。『HG 1/144 IBO ガンダムフレーム4』と印字されています。

↑B1ランナー。ホワイト成型色で、腕部や脚部外装、腰バインダー、背部バインダーパーツなど。同じものが2枚あります。

↑B2ランナー。ホワイト成型色で、頭部や胴体部、脚部の外装パーツ、バックパック、シールドパーツなど。

↑C1ランナー。ダークグレー、レッド、イエローのイロプラランナーで、頭部や胴体部、脚部、腰や背部のバインダーパーツ、バスタードメイス、短刀など。

↑B3、C2ランナー。B3はB2の一部と同じ、C2はC1の一部と同じです。

↑ポリキャップ(PC-002A)、ホイルシールです。

以上です。関節強度がやや弱めなのと、パーツによる色分けの再現性に乏しいという以外は、かなり作りもよく、ポージングも決まりやすいキットになっていると思います。改めて開発者さんのデザイン性の高さに関心しました。

一見、それなりなデザインに見えても、ポーズを取るとどこから見てもかっこよく見えるように作られているみたいです。(たまたま?)今後このキットをベースに?ガンダム・端白星(はじろぼし)がキット化されると思うので、そちらも楽しみですね。

⇒楽天でHG ガンダムマルコシアスを探す
⇒駿河屋でHG ガンダムマルコシアスを探す
⇒ヤフーショッピングでHG ガンダムマルコシアスを探す

コメントを残す