HG ギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセット レビュー

今回は、HG 1/144 ギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセットのレビューをご紹介します!

HG ギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセットは、『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の作品終盤に登場するアリアンロッド艦隊所属MSの1/144スケールモデルキットセットです。最終決戦仕様のレギンレイズ・ジュリアをはじめ、グレイズ(イオク機)、ダインスレイヴを搭載したグレイズ2機が付属。火星でのファイナルバトルが再現可能な特別仕様になっています。価格は6,480円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

HGレギンレイズ・ジュリア、HGグレイズ(イオク機)、HGグレイズ(ダインスレイヴ搭載機)2体がセットになったHGギャラルホルンアリアンロッド艦隊コンプリートセット。4体まとめて入っているのでボリューム感があり、組ごたえのあるセットになっています。

HGグレイズ(イオク機)はこのセットで初登場。イオク機おなじみのダークグレーとイエローのカラーリングに。HGグレイズ(ダインスレイヴ搭載機)は左腕部にダインスレイヴを装備した特別仕様。成型色もライトブラウンの渋い色合いになっています。

まずは軽くHGレギンレイズ・ジュリアから見ていきます。キット自体は一般発売のものと同じなので、可動域や各部の詳細については以前ご紹介したHGレギンレイズ・ジュリアのレビューをご覧ください。⇒HGレギンレイズ・ジュリア レビュー

アーマーが特徴的でかなり情報量の多い機体ですが、脚部のブレードパーツやアーマーが自立をサポートしてくれるので安定しています。腕部のボールジョイントが少し外れやすいのでポージングでは注意が必要ですね。

画像では両腕にジュリアンソード(ショート)を装備した状態にしています。

レギンレイズ・ジュリア専用大型ソード、大型シールド、ジュリアンソード刃(ロング)☓2、飛行状態の脚部パーツ(左右)、リード線、レギンレイズ用ハンドパーツ(右)、専用ランナーレス台座が付属します。

レギンレイズ・ジュリア専用大型シールド。パーツ数は全部で4個で少なめの組み合わせになっていますが、内側には細かいモールドが入っています。白いパーツの裏面には肉抜き穴があるので、気になるなら少し埋めるなりしたほうが良いかもです。表面の緑部分は全体がシールによる色分けとなっています。(元の成型色は白です。)

内側には小型のアンカーを内蔵。パーツを分解したほうがアンカーを取り付けやすかったです。分解しなくてもはめ込めますが、どうもふらつきますし難しかったりするので、分解したほうがいいのかも。

リード線を挿し込むとアンカーの射出ギミックが再現可能です。まずまず固定されているので抜けることはないかと思います。

大型シールドはハンドパーツを外して手首に挿し込むタイプ。裏面には劇中でルプスレクスに放った機関砲の発射口が造形されています。

リード線を使ってアンカー射出状態に。

レギンレイズ・ジュリア専用大型ソード。グレーのグリップを白いパーツで挟み込むタイプ。斜めのライン部分が合わせ目になるので、ほとんど合わせ目は目立たないようになっています。先端の黄色い部分はシールによって挟み込むタイプ。

大型ソードを保持する場合はレギンレイズ用ハンドパーツを使用して保持させます。手甲部分が回るので、スナップを効かせたような保持も可能です。

大型シールドには少し重量があるので、肩を上げると重さに耐えきれずに垂れてきます。大型ソードは保持に問題はありませんでした。ハンドパーツにもグッと差し込んでしっかりと保持できます。

続いてHGグレイズ(イオク機)。形状はHGグレイズと同じですが、ダークグレーとイエローの色合いは締まった感じでいいですね。

MSオプションセット9に付属の地上戦用のマルチラック・バックパックを装備しています。今回イオク機は新規付属しているので軽くレビューしていきます。HGグレイズの可動域や詳細については、多少形状は異なりますが、HGグレイズ(地上戦仕様)ツインセットレビューをご覧ください。⇒HGグレイズ(地上戦仕様)ツインセット レビュー

関節強度も高めなので、ハイヒール型脚部ながらも自立は安定しています。

頭部。センサーを露出した状態になります。隊長機用のアンテナを装備。センサーは黄色と黒のシールでの色分けとなっています。

センサーを閉じた状態。シンプルなグレイズフェイスです。下部のセンサーも黄色いシールによる色分けです。

胸部。グレイズおなじみの形状ですが、色が違うので少し違った雰囲気のグレイズが楽しめます。胸部内部パーツは一部黄色いシールによる色分けです。画像には写っていませんが、背中のリアクター中央部も黄色いシールによる色分けとなっています。

腹部、腰部。おなじみのグレイズ形状。少しブラウンがかったダークグレーのアーマーがとてもいい色です。

腕部。二の腕部分が黄色いパーツで色分けされています。特に合わせ目も出ない組み合わせに。手首パーツが少し緩めなので、ポージングを繰り返すとふらついてきます。(個体差があるかもです。)

脚部。膝から下は前後はさみ込みタイプなので合わせ目が出来ます。膝のアーマーは黄色いシールによる色分けです。元はダークグレーのパーツ。

マルチラック・バックパック。グレーのシンプルな色になっています。ダクト内部はスリット入り。

ライフル、バトルアックス、宇宙用ブースターユニット、そしてMGオプションセット4のバトルブレードが付属します。(余剰パーツについては後でまとめてご紹介します。)

バトルブレード。ダークグレーの成型色。なかなかいい色になっていると思います。

マルチラック・バックパックに挿し込みが可能。しっかりと固定され、ふらつくこともありません。

 

ライフルの両手持ちはやや厳しめ。肩や手首などが外れやすいです。

そしてHGグレイズ(ダインスレイヴ搭載機)。ライトブラウンの成型色にカラフルなダインスレイヴが独特の雰囲気を感じさせます。

左腕部の代わりにダインスレイヴを装備し、バックパックの代わりに補助動力源(タンク?)を装備しています。左に若干重心がかかりますが、それほど重さに耐えられなかったり倒れたりすることもなく自立は安定していました。

ダインスレイヴは上下に角度変更が可能。付け根がボールジョイントになっているので、肩部にしっかりと差し込めます。

頭部。ダインスレイヴ搭載機用にセンサーが露出した形状になっています。下部のグレーのアーマーも少し下に下がった状態。

通常のものと比べるとかなり長く露出しています。センサーは黄色いシールによる色分けです。

補助動力源は赤い成型色で、アイアン色とオレンジのシールで色分けするようになっています。オレンジは両脇のみで中央部分は塗装による塗り分けが必要です。胸部から白いパーツが伸びています。

ダインスレイヴ。弓形の特徴的な形状になっています。適度にモールドが入っていて、物足りなさはないですね。側面の円形部分はオレンジのシールによる色分けです。

グリップは別パーツで可動式。オレンジ部分の内側はかなり大きめの肉抜き穴があります。

筒型の部分は全体をシールで覆う形。元々は白いパーツになっています。

赤い成型色の本体部分はモナカ割なので合わせ目が出ますが、全体的に段落ちモールドになっています。一部にのみ合わせ目ができます。

グリップ部分は収納可能。弓型の部分は組み換えで角度調整が可能ですが、手前の赤いところを支えにすると完全に取り外さ無くても抜いて角度を変えて挿し込むという動きがラクにできるようになっています。

弓上の形を収納した状態。特徴的です。内部のダインスレイブ専用弾頭は抜き差しが可能。

専用弾頭には適度にモールドが入っています。

専用弾頭を挿し込むと、モールドによってストッパーがかかり、適度な位置で固定することが出来ます。

これくらいの位置にしておくことも出来ます。

グリップはハンドパーツを下側から持つので両手持ちはまずまずし易いかな?ってところです。

HGグレイズ(ダインスレイヴ搭載機)用にランナーレス台座が2個付属します。

HGレギンレイズ・ジュリアとHGグレイズの余剰パーツの他に、ホバーユニット足首、ユニオンモビルワーカーなども付属。グレイズリッター用の大腿部ブースターが付属していないので、グレイズ地上戦仕様としては組むことができないようです。

HGグレイズ用左腕部など、ダインスレイヴ搭載機にある余剰パーツも多数付属しています。

ダインスレイヴ搭載機は通常のグレイズとしても組むことが出来ます。この色もいいですね。

ユニオンモビルワーカー。何気に付属しているのは嬉しいところです。

では適当に何枚かどうぞ。

ルプスレクスとの最終決戦シーンをそれなりに再現してみました。

HGガンダムバエルが手持ちになかったので、イオク機とのバトルシーンは再現できず;

以上です。HGグレイズ用ランナーの数がかなり多く、はじめはどれがどのキットのランナーか迷ったりすることもありますが、説明書を確認しながらランナーを分けて組むと意外とすんなりと組むことが出来ました。

ダインスレイヴにシールで補う部分が多いのはちょっと残念。ですが、レギンレイズ・ジュリアに武器を装備させたポージングはカッコイイですし、カラーリングの違うグレイズ2機やイオク機はなかなか渋いものになっています。ダインスレイヴもなかなか出来は悪くないので、シーンを演出するアイテムとしては楽しめそうですね。

icon

⇒楽天でHGギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセットを探す
⇒駿河屋でHGギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセットを探す
⇒ヤフーショッピングでHGギャラルホルン アリアンロッド艦隊コンプリートセットを探す

6 件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2018年2月23日 at 12:35 - 返信

    レビュー参考になります。
    ダインスレイヴの左右入れ替えはできないようですか?

    • nori

      on 2018年2月23日 at 22:56 - 返信

      コメントありがとうございます!
      レビューをご参考いただき感謝ですm(_ _)m
      右腕部が余剰で付属しますし、形状も対象なので左右の入れ替えも問題なく可能ですね。
      劇中とは違ったスタイルにできるのがいいですね^_^

      • 匿名

        on 2018年2月24日 at 19:47 - 返信

        本当ですか?
        発射装置は左右を入れ替えると上下も反転するのではないですか?
        アスタロト(リナシメント)のサブナックルやシールドアームは明言はないけれど簡単な組み替えで反転できるように設計されていたので聞いてみたのですが。

        • nori

          on 2018年2月24日 at 22:18 - 返信

          コメントありがとうございます!
          失礼しましたm(_ _)m
          安易に組み替える事はできますが、全く完全な反転にはならず、上下はひっくり返った状態になります。
          もう少し慎重に考察すればよかったですね。すいません。
          ご指摘いただきありがとうございますm(_ _)m

  2. 匿名

    on 2018年3月10日 at 16:10 - 返信

    両腕にダインスレイブは可能ですか?

    • nori

      on 2018年3月11日 at 02:18 - 返信

      コメントありがとうございます!
      右腕は単純にマウントするだけなら可能ですが、ダインスレイヴの形状が上下で異なるため、右腕にマウントすると形状が反転してしまいます。
      なので、両腕にダインスレイヴは、左右対称にして楽しむことはできないようですね。

コメントを残す