HG アトラスガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT BANDIT FLOWER Ver.) レビュー

今回は、HG 1/144 アトラスガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT BANDIT FLOWER Ver.)のレビューをご紹介します!

HG 1/144 アトラスガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT BANDIT FLOWER Ver.)は、『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』に登場するイオ・フレミング少尉機『アトラスガンダム』の1/144スケールモデルキットです。BANDIT FLOWERバージョンとして、劇中に登場した形状のレールガン、ブレードシールドが付属。ホワイトとダークブルー、そしてイエローを基調とし、劇中のイメージカラーを施した特別仕様になっています。価格は2,592円(税込み)。プレミアムバンダイ限定商品です。

キット形状は一般発売のHGアトラスガンダムと同じですが、成型色がBANDIT FLOWERバージョンとしてダークブルーとややくすんだイエローに変わっています。白いパーツも一般発売のものより少し暗めのホワイトになっていて、全体的に落ち着いたカラーリングに仕上がっています。

形状は相変わらず奇抜で特徴的。一年戦争後の機体ということもあり、1stに登場したガンダム系とは一線を画すディテールになっています。関節部はジオンの水中用モビルスーツを参考にしたという特徴的な球体関節を持ち、サブレッグというホバー型の重力下専用汎用サポート装備がフレキシブルアームによって接続されています。

ポリキャップを使わない仕様になっていますが、関節強度も高く、自立もし易いです。個体差かもしれませんが、自分が保持している一般発売のキットはポージングをしていると徐々に関節などがゆるくなってきましたが、プレバンのBANDIT FLOWERバージョンはポージングさせていても関節類は硬いままでした。

大型のサブレッグを装備していますが自立はし易いです。サブレッグの角度を後方に広く展開した場合は倒れやすくなりますが、それでも全体的に取り扱い安いキットに仕上がっていると思います。

ここからはサブレッグを取り外してレビューしていきます。全体的なバランスも優秀。四肢や胴体の長さを改修する必要もないくらいバランスのいい体型になっています。もしMG化されたとしてもプロポーションの変更は必要なさそうですね。

一般発売のHGアトラスガンダムにはマーキングシールが付属していましたが、こちらには部隊章などを収録した新規デザインの水転写デカールが付属。塗装派にはありがたいアイテムです。

頭部。クマドリは、黒とツインアイはシールで、黄色はパーツによって色分けされています。側面のダクトも細かくスリットが入っていて、小顔ながらもモールド類は多め。アンテナは多少先端が太めになっていますが、安全対策らしい形状ではないのでそのままでも充分な仕上がりです。頬とこめかみのセンサーは塗り分けが必要です。

胸部。側面や中央コックピットハッチなどの黄色いラインはシールによる色分けです。一見剥がれやすそうですが、ラインが細く、あまり手がひっかかることもないので、多少のポージングでは剥がれませんでした。V字マークは胸にあり、パーツによって色分けされています。

胸部パーツを外すと、造形されたコックピットハッチが露出します。見えないところまで細かくディテール化されていますね。背中にバックパックはなく、段々の曲線型パーツが独特。中央の黄色はシールによる色分けです。前後とも白い外装パーツによってダクトが色分けされた形になっています。

腹部、腰部。腹部側面と腰後部中央の曲型部分の黄色はシールによる色分けで、フロント、リアアーマー共にヘリウムコアのようなパーツが造形されています。

腕部。細身ながらも球体関節が特徴的。合わせ目が出ない組み合わせになっているのは見事です。

ショルダーアーマーは前後はさみ込みタイプですが、上部にアーマーを挟み込むようになっているのと側面はギザギザのモールド化されているので合わせ目が目立ちません。アーマー側面のダクトは塗り分ける必要があります。

ショルダーアーマー上部のハッチが展開し、ビーム・サーベル柄を収納可能です。しっかりと固定されるわけではないので抜き差しはし易いですが、キットを振るとカチャカチャと少し音がします。

アトラスガンダム特有の球体関節。側面の円形はシールによる色分けとなります。上下の球状パーツが共に曲がるので、関節可動はかなり柔軟です。側面左右はさみ込みタイプですが肘に出る合わせ目は段落ちモールド化されています。

脚部。こちらも独特な形状。ナイトっぽいアーマーの形状を持ちつつも球体関節によって未来的なディテールが再現されています。膝など各部のダクトは塗り分けが必要です。黄色いパーツは左右はさみ込みタイプなので中央に合わせ目が出来ますが、白いアーマーを被せるのでほとんど見えません。モールドとして処理してもいいかもです。

ひざも球体関節。こちらも左右はさみ込みタイプですが、前側の合わせ目は段落ちになっていないので消す必要があります。膝パーツに隠れて余り合わせ目が見えないので、そのままモールドとして処理してもいいかも。側面の円形はシールによる色分けです。

足首から下の部分。サブレッグとドッキングさせることもあり、かなり平たく軽量化された特徴的な形状になっています。足裏にはつま先側に肉抜き穴があり、かかと裏にはサブレッグと組み合わせる穴が開いています。

つま先側とかかと側が分かれていて、それぞれ独立して回転可動します。この可動によって足首の角度調整をするという他のキットとは少し違った構成になっています。

サブレッグ。ホバーのような特徴的な形状をしています。ホワイト、イエロー、ダークブルーのパーツ部分はそれぞれ色分けされていますが、各部パーツの合間は塗り分けられていないので細かい塗装が必要です。

上下ともに合わせ目は出ない組み合わせになっています。

劇中仕様の新規造形バーニアの内部はシンプルで細かいスリット類はなし。

アームはすべてダークブルー成型色になっているので、支柱部分を白く塗り分ける必要があります。側面には合わせ目ができるので、気になる場合は合わせ目消しが必要です。

今回はキット可動部のレビューを省いていますので、可動域などが気になる方は一般発売のHGアトラスガンダムのレビューをご覧ください。⇒HGアトラスガンダム レビュー

一般発売のHGアトラスガンダムと比較してみました。左がプレバンのHGアトラスガンダムBANDIT FLOWERバージョンで、右が一般発売のHGアトラスガンダムです。

成型色については、BANDIT FLOWERバージョンは光の当て具合が違っているだけのようにも見えますが、イエローもホワイトも少しグレーを混ぜたような落ち着いた色合いにしてあります。微妙な差ではありますが、実際のキットはこの落ち着いた色合いが逆にアトラスガンダムを良く見せています。

付属のマウントパーツを使用してアクションベースにディスプレイします。

マウントパーツはリアアーマーをくわえるように差し込むので、しっかりと保持されて外れることはありません。ポージングもし易いです。ですがアクションベースのダボに突き刺す形状なので、ダボに少し負荷がかかってしまうかもしれません。ダボが折れないよう注意も必要かと。

BANDIT FLOWERバージョンのレールガン、レールガン用アタッチメント、ブレードシールド、ブレードシールド用アタッチメント、アサルトライフル☓2、ビームサーベル刃☓2、武器用ハンドパーツ(左右)が付属。

その他一般発売用のレールガンの一部やブレードシールドの一部、サブレッグ用スラスターパーツなどが付属します。スラスターパーツは組み替えることができるので変更してみてもいいですね。

ビーム・サーベル刃は質感の高いラメ入りのものが付属。一般アトラスガンダムのものと比べてピンク色も少し強めになっています。

ブレードシールド。BANDIT FLOWERバージョン用に新造されたものが付属。

一般のHGアトラスガンダムに付属しているものと比較してみました。左側が一般のもので、右がBANDIT FLOWERバージョン。白いパーツが2本になり、モールドの形状も大きく異なります。

裏面から見ても形状が大きく異なります。一般のものは凸凹形状ですが、BANDIT FLOWERバージョンは長方形。裏面のモールドも変化を加えてあります。

グリップをハンドパーツではさみ、アタッチメントを前腕に取り付けて保持させます。大型のシールドですがまずまず保持できます。関節強度が高いので肩が負けることはなかったです。ですがハンドパーツの手のひら側がポロリし易く、シールドの角度を変えようとするとすぐに外れるのでストレスかもです。

アタッチメントは凸凹形状にフィットするので、まずまず固定されます。なのでシールドがクルッとひっくり返ったり開いたりすることはありませんでした。

BANDIT FLOWERバージョンレールガン。一般のものとは異なり、白成型色の薄型パーツ3枚の組み合わせになっています。黄色い部分はシールによる色分けです。レールガン内部の塗り分けはされていないので、黒く塗装する必要があります。

グリップ部分は左右はさみ込みタイプ。上部はモールドと一体化していますが、下部には合わせ目が出来ます。

レールガンは保持させてグリップと前腕にアタッチメントを取り付けることで、ポロリすることもなくしっかりと保持できます。ハンドパーツがポロリし易いですが、アタッチメントを取り付けるとレールガンがふらつかないのでポロリもなくなります。

では適当に何枚かどうぞ。

サブレッグはアームによって自由に配置を変えることができます。

膝や肘の球体関節が2箇所で可動するので、劇中シーンの立膝もある程度いい形で再現可能です。

劇中のような潜航形態も再現可能。

潜航形態時のアクションベースへのマウントは新規パーツを使用してディスプレイします。マウントパーツが小型のものに変わっていて、キットの外観を損ねないようになっているのがいいですね。

以上です。何気ない変化ですが、この少し落ち着いた感じの成型色はすごくいいと思います。一般発売のHGアトラスガンダムをレビューした時もかなり良いキットだと思いましたが、こちらのほうがさらによく感じますね。

ですが少し残念な点も。新規付属のBANDIT FLOWER版レールガンはよく出来ていて欠点もないですが、どうせなら一般発売のレールガンも余剰パーツとして組めるようになっているともっとありがたかったですね。

それと、ハンドパーツのポロリは相変わらずなので、このあたりの修正は欲しかったかと。武器を保持させているとすぐに手のひらのパーツがポロッと外れてしまいます。シールドもレールガンも、前腕に取り付けるサポートパーツ(アタッチメント)が付属しているので武器の保持は安心ですが、もしサポートパーツがなかったらかなり厳しくなっていたと思います。

キット自体はポージングの幅広さはもちろん、奇抜なキットながらもポージングのかっこよさは素晴らしいものがあります。塗装は大変ですが、シールを貼っているだけでもほとんど気にならないくらい素組みでもよく見えます。

もともと関節もよく曲がり、ホバー形態など楽しみも多いキットですが、BANDIT FLOWERバージョンの落ち着いたカラーリングによってさらに質が高まったと言えますね。なので、サブレッグをどんなポジションに配置してもかっこいい、いろんなポージングが楽しめるアトラスガンダムはやはり買いの一機だと思いますよ。

icon

⇒楽天でHG アトラスガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT BANDIT FLOWER Ver.)を探す
⇒駿河屋でHG アトラスガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT BANDIT FLOWER Ver.)を探す
⇒ヤフーショッピングでHG アトラスガンダム(GUNDAM THUNDERBOLT BANDIT FLOWER Ver.)を探す

コメントを残す