HGパンダッガイのレビューです。

こんにちは!今回は、HG 1/144 パンダッガイ のレビューをご紹介します!

hakoe_w800

HG 1/144 パンダッガイは、2016年8月にテレビ放送のガンダムビルドファイターズトライ、スペシャル新作映像に登場する新しいプチッガイのプラモデルです。プチッガイはこれまで、ミルクホワイト、チャチャチャブラウンなど数種類が発売されていて、基本的にはクマの容姿です。ですが。このパンダッガイはクマではなく、パンダの容姿をしたプチッガイになっています。発売日は2016年8月6日。価格は648円(税込み)です。

HG 1/144 パンダッガイのパッケージ、ランナー、説明書レビューは下記のリンクからどうぞ。
⇒HG 1/144 パンダッガイのパッケージ、ランナーのレビュー

DSC_0192

白と黒、そして緑のシンプルなデザイン。見た目は完全にパンダです。カラダの一部が唯一、アッガイの形をしています。

DSC_0193

背中にはリボンを装備。丸まったしっぽが可愛らしいです♪

DSC_0194

足裏面積が小さく、頭部が大きいため直立はやや不安定。ですが脚を狭めてやると、少しは安定します。

DSC_0195

RG 1/144 ダブルオークアンタと。かなりのサイズ差があります。

DSC_0196

専用台座と笹サーベルが付属します。

DSC_0197

腕部の先端に穴が空いていて、笹サーベルを指すことができます。

DSC_0198

台座は背中の穴に固定させます。台座をほかのプチッガイと連結させてディスプレイすることができます。

DSC_0199

穴が少し大きく、それほどしっかりと固定されているほどではありません。

DSC_0200

頭部の上下可動は気持ち程度。やや動いているかな?くらいの可動範囲です。

DSC_0201

横への首振りは45度程度。それなりに左右に向いてくれます。

DSC_0202

腕部は頭が干渉しない程度に動かすことができます。各関節ともポリキャップを使用してあるため、可動は安定しています。

DSC_0206

開脚も前後左右面白い動きをします。わりと柔軟。赤ちゃん座りもお手の物♪

DSC_0209

かかと、つま先の可動は微動。ほんの僅かに動く程度です。

では適当に何枚かどうぞ。

DSC_0210

DSC_0211

DSC_0214

DSC_0215

DSC_0216

DSC_0217

DSC_0218

DSC_0219

DSC_0220

DSC_0221

シールの貼り替えで、様々な表情を演出することができます。目のシールは数個程度予備があります。

DSC_0223

疲れた表情(笑)

DSC_0224

DSC_0225

泣いている表情?

DSC_0226

DSC_0228

怒りの表情。全然怖くないです(笑)

DSC_0229

DSC_0230

DSC_0231

DSC_0232

DSC_0233

関節部などの可動は申し分なく、可愛らしいポーズも楽しいポーズもいろいろ楽しめます。関節も抜けにくく、動きはまったく問題無いですね。直立はさすがに足裏が小さく、安定しているとは言いがたいですが、足裏をきちんと揃えられるとキレイに直立してくれます。全く直立できないわけではないですし、それほどストレスもありません。

表情もいろいろと変えられ、見ていて癒やされるキットなので、プチッガイを複数集めることを考えてもいいかもです。

 

HG 1/144 パンダッガイのパッケージ、ランナーのレビュー

ここからは、HG 1/144 パンダッガイの箱絵とランナー各種、説明書等をレビューしていきます。

ではまず箱絵から。

DSC_0115

パッケージはパンダッガイの赤ちゃん座りポーズイラストと、表情豊かな写真です。

DSC_0116

RGダブルオークアンタのパッケージと比較。かなり小型パッケージ。鉄血のオルフェンズシリーズのMSオプションセットくらいの大きさです。

DSC_0118

横絵はパンダッガイの様々なスタイルと簡単組立のご案内。HGシリーズのキットと組み替え可能です。

DSC_0120

パッケージ裏面にもイラストが掲載。様々なパーツと組合せてカスタマイズすることができます。

DSC_0121

箱の中身は意外とスッキリ。ギッシリ感はありません。

DSC_0122

2袋分のランナーです。

DSC_0123

バンダイのカタログが入っていました。

DSC_0124

説明書表面は組立工程です。

DSC_0125

説明書裏面は別売りのいろいろなパーツの組み合わせ方が記されています。推奨別売り商品はHGBFガンダムアメイジングレッドウォーリア、HGBCポータントフライヤー、HGBCスカルウェポン、HGBCボールデンアームアームズです。

ここからランナーを見ていきます。

DSC_0128

↑Kランナーです。白いランナー。頭部やカラダのパーツ類です。アルファベットがKのランナーから始まります。

DSC_0126

↑Lランナーです。黒色のランナー。腕部、脚部、目、耳など、パンダの黒い部分パーツです。

DSC_0127

↑Mランナーです。緑色ランナー。台座やリボン、笹サーベルです。

DSC_0129

↑PC-7ポリキャップとシールです。1の通常目は3個、2,3の汗と怒りマークは1個ずつ、4,5の泣き目は2個、6,7の怒り目は2個あります。

組立は至って簡単。あっと言う間に組み立てることができます。可愛らしいので、小さいお子様と一緒に組み立てるのも楽しめますし、組み立ての勉強にもなるかもしれません。小さいパーツに気をつければ問題なく組み立てられるので、手軽なプラモデルを楽しむにはもってこいのキットです。

⇒楽天でHGパンダッガイを探す
⇒駿河屋でHGパンダッガイを探す
⇒ヤフーショッピングでHGパンダッガイを探す


コメントを残す