HGガンダムG-セルフパーフェクトパックの組立工程 腰部の組み立て

こんにちは!今回は、HGガンダムG-セルフパーフェクトパックの組立工程 腰部の組み立てをご紹介します!

腰部だけのご紹介となるとそれほどボリュームは多くありません。G-セルフの場合、腰部の次は腕部の組み立てになるので、腰部腕部まとめてご紹介するとなかなかボリューミーです。あまりボリューミーなのは書くのも組み立てるのも大変(自分の都合?^_^;)なので、そういった意味でも今回は腰部だけのやや控えめな組立工程となります。

G-セルフの腰部は丸みがあって形状も変わっているといえば変わっている部分です。が、塗装などに苦労するところもなく、ほぼ無心で組んでいけるような部分なので、マタ~リ(*´Д`)組んでいきまっしょい。

ではいってみましょう。

HGガンダムG-セルフパーフェクトパックの組立工程 腰部の組み立て

DSC_0019

まずは腰部のパーツ一覧から。サイドアーマーを含めると何気にパーツが多いかな?でもないか。腰部はカラフルな胸部と比べて白と黄色だけなのでシンプルですね。

DSC_0022

DSC_0023

サイドアーマーの黒と青色の部分は素組みだとシールでの色分けになっています。なので、ここは筆で塗り分けています。パーツに凹凸があるので塗り分けもそれほど難しくありません。ですがもうちょっと丁寧にすればよかったと少し後悔している部分でもあります_| ̄|◯

DSC_0024

先にサイドアーマーを組んでから脚部股下パーツや前後パーツを組み込む仕様になってるんですね。この辺りが少し他とは違うところかな。

DSC_0025

この腰部で初めて、ブルークリアーパーツの下にシールが張ってある部分が出てきます。これらの部分のように、HGガンダムG-セルフには、シールの上からブルークリアーパーツを被せるところが多く見られます。もちろん塗装してもいいのですが、パーツにラインがあるわけでもなく、塗り分けるのは少し厄介です。(もちろんマスキングレベルの高いガンプラの匠ならキレイに塗装してしまうでしょうが。)

なので、ここは大人しく、シールの上にブルークリアーパーツをはめ込むという、素組みそのままの仕様にしました。

DSC_0026

DSC_0027

まあ悪くはないですね。サイドアーマーの部分だけ黒とメタリックブルー(エナメルのガンクローム+フラットブルー)で塗り分けています。

なかなかボテッとした腰部ですが、これがG-セルフの特徴でもあります。G-セルフはなんとなくコミカルでアニメちっくなガンダムだと思います。目も大きいですし。逆に富野作品としては珍しいかもしれませんなぁ。・・・でもターンエーもこんな感じなので、やっぱり富野氏の好みと時代の流れかな?

さて次回は、HGガンダムG-セルフパーフェクトパックの組立工程 腕部のご紹介です。

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でHG Gセルフを探す
⇒駿河屋でHG Gセルフを探す


2 件のコメントがあります。

  1. cocopapa

    on 2016年2月3日 at 20:07 - 返信

    Gセルフは未だ組んだ事ありません。
    地味にMG待ってます。1/144は小さくて辛いので。
    でも出そうに無いですね。映画化か?の話も最近あまり聞かなくなったし。

    • nori

      on 2016年2月3日 at 20:10 - 返信

      コメントありがとうございます!
      Gのレコンギスタ系のガンプラはMG化とかほとんど手が付けられてない気がします(-_-;)
      映画化もそうですよね~。なんか忘れられているというか、数字が出ないと決めつけられているようなというか・・・寂しい限りです(TωT)

コメントを残す