Figure-rise Standard SEED ラクス・クライン レビュー

今回は、Figure-rise Standard SEED ラクス・クラインのレビューをご紹介します!

Figure-rise Standard SEED ラクス・クラインは、『機動戦士ガンダムSEED』に登場する女性キャラクター『ラクス・クライン』のFigure-rise Standardキットです。「通常顔」「笑顔」「困り顔」の3種類の表情パーツが付属し、通常顔はタンポ印刷で再現。オリジナルのミニスカートバージョンが再現できる他、ピンクのハロが付属するキットになっています。価格は3,520円(税込み)です。

最高評議会議長のシーゲル・クラインの娘であり、ヤキン・ドゥーエ攻防戦にてアークエンジェルらと行動を共にした平和の歌姫『ラクス・クライン』がFigure-rise Standardシリーズでキット化。ヒロインらしい印象的なピンク髪と、緊急避難ポッドで救助された際の清潔感ある衣装での再現となっています。

成型色は特徴的なロングヘアはピンク、肌はベージュ(ペールオレンジ)での再現。衣装はホワイト、ライトパープル、パープルでの再現となっています。ライトパープル以外はつや消し仕様。シールは各部のゴールドラインを補うのみで、表情を変えるような瞳、眉、口などのシールは付属していません。一部に塗装が必要ですが、素組みでも十分な仕上がりになっています。

部分的にFigure-rise Standard BUILD FIGHTERS TRY ホシノ・フミナと同じフレームを使用し、ラクスの特徴的な各部形状を新規造形で再現。

ポリキャップは不使用で、肌やロングヘアなどにはKPSが使用されています。細身で脚底が小さいため自立の難しさはありますが、関節強度はまずまずあるので姿勢を良くすることで自立は可能です。

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。(一度切りです。)切れ味はもちろん、薄刃ですが強度が高く、長持ちします。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

ピンクハロ(耳開き、耳閉じ)、平手(左右)、祈り手(左右)、表情パーツ(「笑顔」「困り顔」)が付属。

ゴールド成型色のランナーレス台座が付属します。

余剰パーツがいくつか付属。

水転写デカールが付属。表情を付けたい場合はこちらを使用すると良さそうです。

頭部。微笑んだ表情とピンクのヘアが可愛らしさを感じさせます。額のピン留めはゴールド成型色での再現。

微笑んだような自然な表情でタンポ印刷されたフェイスパーツが付属。眉、瞳、口などがパーツに直接印刷されています。段差もなく、きれいな見た目、仕上がりになっています。フェイス形状に対して若干左目がずれているようですが許容範囲かと。※タンポ印刷とは、ドイツのタンポプリント社が考え出した、シリコンゴムをインクの転写体として使用する印刷方法。

フェイスパーツは頭部を分解して組み付けます。こめかみの髪パーツを取り付けてないですね;

『自然な表情』、『笑顔』、『困り顔』の3タイプのフェイスパーツが付属。水転写デカールを貼る必要がありますが、組み替えることで表情を変化させることができます。笑顔は口内が別パーツでの色分けを再現。

ロングヘアは複数パーツに分割され、細かい凹凸によって流れるような演出を再現。

分割されたヘアパーツは付け根がボールジョイントで少し表情をつけることができます。

首、襟はそれぞれ別パーツ化され、適度に可動させることができます。

胸部、腹部。襟と胸部、腹部で3分割されています。白成型色でまとめられて清潔感ある仕上がりに。縦ラインはモールドが造形され、表面にゴールドのシールを貼っての色分けです。背部はシンプルに造形。腹部のシールは干渉で剥がれやすいので注意が必要です。

腕部は細身で女性らしいシルエットに造形。手首のフリルが印象的な作りになっています。肩肌のちょっとした凹凸も自然な感じに造形。ホシノ・フミナでは肩に合わせ目がありましたが、こちらは1個パーツ構成で合わせ目がなくなっています。

フリル内部の手首まで細かく造形。二の腕の色分け部は可動しませんが、肘がロール可動します。

腰から下はパープルやライトパープルで色分けされたロングスカートが造形。三角の前垂れも造形されるなど、気品あるデザインになっています。ゴールドのラインはシールでの色分け。前垂れは可動せず。

スカートはライトパープルとパープルの部分で分離が可能。

ロングスカートは内外で分けられた一体成型パーツになっています。

ロングスカートパーツを外すことで、ミニスカートの状態を再現することも可能です。

脚部は細身でスラッとした長脚に造形。ペールオレンジのみで肌の色が再現されています。大腿部は挟み込みタイプで合わせ目あり。

ミニスカートを外すとアンダーウェア状態に。アンダーウェアは1個パーツ構成です。ピンク成型色で、劇中で見られたようなスタイルで再現されているようですね。

股間部はボールジョイント接続でフレキシブルに可動します。

ソール部はパンプスのようなシューズが造形されています。足裏はつま先に肉抜き穴があります。

HG陸戦型ジムと並べてサイズを比較。HGの1.3倍程度の大きさです。

Figure-rise Standardシリーズのホシノ・フミナビルドダイバーズのアヤメと並べて。フミナまでは瞳がシールでの再現でしたが、このラクスではタンポ印刷を採用。全体的に完成度が高くなってきていますね。

頭部は適度に上下可動します。背部ロングヘアパーツが干渉で外れることがあるので注意が必要。左右へも水平にまでスイングしますが、こちらもロングヘアパーツが干渉するので破損に注意して動かします。

腕は真上にまで上げることが可能。肘は90度程度までとなっています。

肩は少し前後スイングが可能。後方のほうが広くスイングするようです。

首部、腹部、腰部が可動しますが、上半身の前後スイングはあまり広くはないようです。

腰は干渉なく360度回転が可能。アクションベースやスタンドへは、背部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

前後開脚はスカートのありなしなどで可動域が変わります。スカートなしだと腰の干渉で少し左右に広がりますが、幅広く前後開脚させることができます。ミニスカートだとハの字程度まで展開。ロングスカートだとわずかです。

膝は深くまで曲げることが可能。

足首は少し特殊で、幅広く前後スイングし、左右へもロール可動します。

左右への開脚もスカートありなしで変化。スカートがない状態だと水平程度まで展開が可能です。

大腿部がロールするので、内股、ガニ股は幅広く可動させることができます。

スカートを外せば立膝が可能になります。

可動域の総括としては、肩の干渉が殆どない分、Figure-rise Standardシリーズに比べて可動域が広め。腰部はパーツ分割されている割に上半身の前後スイングに物足りないところがあります。下半身はスカートありなしで大きく変化しますが、スカートがない場合は軽装なのでかなり幅広く可動させることができます。

耳が開閉状態のピンクハロが付属。耳や脚のハッチ、目や口のモールドも細かく入っています。どちらもモナカ割で側面に合わせ目ができます。コロコロと転がりやすいので、ディスプレイなどでは紛失しないように注意が必要です。

耳の内部は黄色や黒に塗り分けが必要。

平手と祈り手のハンドパーツが付属し、ポーズに表情をつけることができます。ハンドパーツは人間らしい自然でリアルな作りになっています。

ゴールドのランナーレス台座は、延長用支柱パーツの角度を変えることで、接地状態と浮かせた状態でのディスプレイが可能となっています。

浮かせてポージング。手を広げたり首や脚を動かすことで、女性らしい優しい表情を付けることができます。

祈り手を使うことで祈るようなポーズを再現することも可能。

平手とハロを組み合わせれば、ハロを紹介したり差し出したりするようなポーズを演出することもできます。無垢なラクスの雰囲気が表現出来ていいいですね。

笑顔と困り顔に水転写デカールを貼り付けてみました。(Mr.マークセッターを使用しています。)フェイスパーツのくぼみにしっかりとフィットし、段差もなく見た目もきれいに仕上がっています。

頭部に組み付けて。表情に豊かさが出ますし、ポージングバリエーションも増えますね。

似たポーズでもフェイスパーツを変えるだけで感情の変化が感じられるようになります。

ロングスカートを外した状態で。

ロングスカートだと上品な雰囲気が表現されていますが、ミニスカートよりアクティブな雰囲気を演出することができます。だいぶ印象が違ってきますね。

表情や容姿が変わることで、ピンクハロと戯れるシーンも演出力が高まります。

困り顔を組み合わせれば、悩みや不安など心情を大きく変化させることができます。悩んでいるラクスもいいですね。

適当に何枚かどうぞ。

ハロプラハロと組み合わせれば、CM前のアイキャッチのような演出も再現可能。

以上です。造形、衣装共に、ラクス・クラインのピュアな雰囲気や清潔感、可愛らしさなどがとても良く表現されていていいですね。タンポ印刷の表情も劇中のラクスの表情をうまく再現されていると思いますし、シールによる段差がなく、比較的完成品フィギュアに近かそうな仕上がりになっているのもいいですね。

気になる点は、外れることは少ないものの、腰部の固定強度が比較的弱く、ポージングしているとスカートの重量で反ったりします。頭部ロングヘアも、首の角度を変えたりフェイスパーツを組み替えたりするときにボールジョイントが外れたりするので少し取り扱いにくいところがありました。

SEED初期のラクスをイメージした作りなので少し幼さを感じるかもですが、シールを組み合わせることで優しい表情や悲しい表情も再現できそうですし、ピンクハロと組み合わせたりハロプラハロを組み合わせたりして、ラクス・クラインならではの可憐さや純真さを演出を楽しむことができるのではないでしょうか。

⇒あみあみでFigure-rise Standard SEED ラクス・クラインを探す
⇒DMM.comでFigure-rise Standard SEED ラクス・クラインを探す
⇒駿河屋でFigure-rise Standard SEED ラクス・クラインを探す
⇒楽天でFigure-rise Standard SEED ラクス・クラインを探す
⇒ヤフーショッピングでFigure-rise Standard SEED ラクス・クラインを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

1件のコメントがあります。

  1. 匿名

    on 2021年8月23日 at 17:58 - 返信

    タンポの顔だけ中国工場らしいのですが本当でしょうか? 商品買えなかったので確認できないので。

コメントを残す