一番くじ 機動戦士ガンダム ガンプラ40周年 D賞 SDガンダムEXスタンダード RX-0 ユニコーンガンダム ソリッドクリア レビュー

今回は、一番くじ 機動戦士ガンダム ガンプラ40周年 D賞 SDガンダムEXスタンダード RX-0 ユニコーンガンダム ソリッドクリアのレビューをご紹介します!

一番くじ 機動戦士ガンダム ガンプラ40周年 D賞 SDガンダムEXスタンダード RX-0 ユニコーンガンダム ソリッドクリアは、機動戦士ガンダム、ガンプラ40周年を記念した一番くじ(1回790円:税込み)のD賞当選アイテムです。海外展開されていた「SDガンダム EXスタンダード」シリーズのRX-0 ユニコーンガンダム(デストロイモード)がクリアパーツ化された特別仕様。

2016年7月に発売されたSDガンダム SDEXスタンダード ユニコーンガンダム(デストロイモード)が一番くじ仕様のソリッドクリアでキット化。従来のSDキットに比べて可動域が向上し、様々なポージングが可能。洗練されたスタイリッシュなプロポーションが再現されたキットになっています。

成型色は外装の一部がクリアー、サイコフレームの一部がクリアーレッド、バックパックとソール部がメタリックなダークブルーに配色されています。サイコフレームやソール部など大部分がシールでの色分けで、シールを貼れば塗装は必要ないくらいになっています。

ポリキャップはSDEXシリーズで使われているPC303を使用し、関節強度は高めです。肩や二の腕はパーツ型のポリキャップで幅広い可動域を確保。SDで接地面も広く、自立は安定しています。

ビームマグナムとシールドが付属。

シールを貼らない状態で。シールを貼らないと全体的なクリアーが際立ちます。色が足りないのは少し気にはなりますが、神秘的な感じがあっていいですね。

シールドもシールを貼らない状態で。

頭部。整った凛々しい顔立ちが再現されています。クリアー成型色なので内部サイコフレームのクリアーレッドが確認できる状態。メット部は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。アンテナのゴールドやとさか前後のセンサーのグリーンはシールでの色分け。アンテナが大きく、かなりの存在感があります。

内部クリアーレッドパーツとの境目で合わせ目が目立ちやすいですが、クリアー成型色なのでそこまで気にする必要がなさそうな感じも。首はボールジョイントが2連結しているタイプのポリキャップです。

胴体部。胸部にのみクリアーレッド成型色のサイコフレームが再現されていて、腰部フロントアーマーのサイコフレームは赤いシールでの色分けとなっています。リアやサイドアーマーのサイコフレームは色分けパーツもシールも使われていません。腹部はシールでの色分けですが、外装がクリアーパーツなので少し違和感を感じるところです。

バックパックは簡易的な1個パーツ構成。サーベル柄やサイコフレーム、下部バーニアなど各部は塗装で塗り分ける必要があります。

2ダボ接続でSDCSユニコーンガンダムのバックパックを取り付けることもできますが、ダボ位置が違うので取り付けてもバランスが悪そうです。

脚の付け根はボールジョイント型ポリキャップ接続。中央にはアクションベースやスタンドディスプレイ用の3.0mm穴も開口。フロントアーマーはボールジョイント接続で前方に広く展開させることができます。

腕部。簡易的ながらもメカニカルな作りが再現されています。前腕にはクリアーレッド成型色のサイコフレームが再現されていますが、ショルダーアーマーのサイコフレームはシールでの色分け。前腕も一部は白いシールでの色分けですが、外装がクリアーなので違和感がありますね。

二の腕はポリキャップパーツで内側は肉抜き穴っぽくなっています。ハンドパーツも1個パーツ構成で後部は肉抜き穴状態。

ショルダアーマーも1個パーツ構成で前後のサイコフレームは赤いシールでの色分けです。側面のダクトはグレーに塗り分けが必要。

脚部。一見するとメカニカルな作りを感じますが、1個パーツ構成なので後部はごっそり肉抜き穴になっています。膝のサイコフレームは赤いシールでの色分けですが、その他のサイコフレームは塗装が必要です。ソール部はメタリックダークブルー成型色の1個パーツ構成なので、装甲やサイコフレームなどすべてシールでの色分けとなっています。

足裏は大部分に肉抜き穴がありますが、3.0mm穴も造形されているのでユニットへの搭乗やディスプレイ、武器マウントなど幅広くカスタマイズできそうです。

SDCSユニコーンガンダムと並べて比較。SDCSのほうが値段も高いので、作りもしっかりとしていて色分けもよく、プロポーションなども良いものになっています。部分的な作りは応用されているみたいですね。

頭部は幅広い前後スイングが可能。左右へも干渉なく可動します。

腕はショルダーアーマーと頭部が干渉しますが、水平以上にまで上げることができます。肘は90度程度に曲げることができます。

肩はボールジョイント型のポリキャップ関節で、前方に広く引き出し、スイングさせることができます。

腰部はポリキャップによるボールジョイントやスイング機構パーツ構成。

なので腰は少し引き延ばせば左右に傾けることができますし、上半身と下半身をグニャッと曲げることもできます。

腰部は360度回転させることができます。フロントアーマーは幅広く展開しますが、前後への開脚はあまり広い可動域ではないようです。膝は可動するようにはなっていません。

足首はつま先をしっかりと伸ばすことができます。左右へも適度にスイングが可能。

左右への開脚はハの字程度まで。膝が曲がらないので、立膝はできないようです。

可動域の総括としては、膝が曲がるようになっていないため若干表現は制限されますが、膝は曲がりますし首や腰もくねくねと曲げることができるので、小さいながらも迫力のあるポージングは再現できそうです。SDCS(SDフレーム)よりも幅広い可動が楽しめそうですね。

シールドをSDCSのもの(画像上)と並べて比較。SDEXのものは1個パーツ構成。サイコフレームは裏表共に赤いシールでの色分けです。中央部はグレーのシールでの色分け。

シールドは両前腕にマウント可能。

ビーム・マグナムをSDCS(画像下)のものと並べて比較。SDEXのものはメタリックダークブルー成型色の1個パーツ構成。小型ですが、肉抜き穴のない作りになっています。

ビーム・マグナムはバックパックや前腕にマウント可能です。

ビーム・マグナムとシールドを装備して。

関節強度が高いので、片足での自立が可能ですしポージングもしやすいです。

足首もしっかりと伸ばすことができるので、ポージングに躍動感やダイナミックさが出てきます。

SDCSユニコーンガンダムのビームサーベルは柄が太くて保持できず、このキットにサーベルも付属しないので、SDCSシルエットブースター2に付属のビームサーベルを保持させてみました。

外装がクリアー成型色だからか、クリアーのビームサーベル刃がとても良く似合います。

ビーム・マグナムと頭部アンテナを組み合わせることで、オリジナル武装として楽しむことができます。

1/144RX-78F00ガンダムに保持させて。特徴的な武装で面白みがありますが、グリップが丸軸でクルッと回転しやすく、向きが付けずらいのが難点かも。

バックパックやシールドも組み合わせることで、更に個性的で迫力のある武装を再現することができます。

多少遊びはありますが、アンテナだけを組み合わせた軽装のものよりも保持しやすかったです。

どことなくバスターライフルっぽい感じも・・・・ないっか・・・。

SDEXユニコーンガンダムに装備した状態。アンテナがないので量産機っぽさが出ますが、容姿にそんなに違和感はないですし、このオリジナル武装を保持させてもかっこよくポーズをとる事ができますね。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。それでは最後にこのキットの入手経路について。

以前一番くじを引いた結果がH賞1個、I賞6個という切ないものでしたが、その心中を察してか、家族が一番くじを引いてくれていました。以前の記事はこちら⇒一番くじ 機動戦士ガンダム ガンプラ40周年 H賞クリアーファイル、I賞小皿 レビュー

引いたくじ数は2枚。結果はD賞1個、I賞1個でした。「自分よりもくじ運がいい・・・・;」と思いながらも、気にしてくじを引いてきてくれたのはすごく嬉しかったですね。今回の賞はENTRY GRADEなどプラモが多かったので、何かしらレビューできたのも良かったです。それにしても、I賞とはどうも相性が良いみたいですね・・・あいしょうだけに・・・(へんなダジャレになっていますが、狙ったわけではないです笑)

ちなみにI賞の中身はガンダムでした。これでガンダムの絵柄小皿は3枚目(小皿は全部で7枚に)・・・。

最後にキットの感想ですが、SDCS(SDフレーム)よりも幅広い可動域を持っているのが魅力ですし、ポージングの柔軟性も高いです。関節がSDCSとは違うポリキャップなため、比較的バラけることが少なく可動もスムーズ。なのでグリグリ動かして遊びたい場合はオススメできそうですね。

外装は一番くじ仕様のソリッドクリアなため、どうしてもシールや外装、サイコフレームとの色味が違ってしまいます。なのでその分違和感を感じるところもありました。色分けが細かいので塗装するにも手間がかかりそうです。

色分け的な問題点はありますが、クリアーの外装がユニコーンガンダムをより引き立ててくれているようですし、透明で内部のサイコフレームが透けて見えるなど神秘的な魅力もある、景品としても十分な仕上がりのキットでした。

⇒楽天で一番くじ ガンダム ガンプラ40周年を探す
⇒駿河屋で一番くじ ガンダム ガンプラ40周年を探す
⇒ヤフーショッピングで一番くじ ガンダム ガンプラ40周年を探す

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

2 件のコメントがあります。

  1. 逆シャア好きだけど(以下略)

    on 2020年9月29日 at 18:33 - 返信

    おめでとうございます🎉
    SDやハロプラでも一番くじで出るとなんか得した気分になりますよね(初めて引いた一番くじでもあるのでそれもあるかもですが)
    あのあと最後2回引いてEGが出なかったら終わりにしようと思い引いたのですがまさかのB賞が出ました(もう一つはガンキャノンのお皿です)作ってる途中ですがA賞のユニコーンよりもガンプラの出来がいい気がする。(こっちがA賞でいいのでは?)
    狙いが違うやつだと父親に話したら一回引いてくれました(優しい)
    noriさんと同じくSDユニコーンでした。
    B賞のガンダムでHGCEデスティニーの再販までの期間を楽しみたいと思います(テスト勉強しないとですが)

    • nori

      on 2020年10月10日 at 12:53 - 返信

      コメントありがとうございます!
      B賞当選おめでとうございます!一番くじにはロマンがありますね(^^)
      自分も次はいいものが当たると信じたいなぁ・・・

コメントを残す