MGメガバズーカランチャー&バリュートパックの塗装レシピと写真レビューです。

こんにちは!今回は、MGメガバズーカランチャー&バリュートパックの塗装レシピと写真レビューをご紹介します!

20150428181803b39-3

メガバズーカランチャーは半地球連邦組織『エゥーゴ』の機体『百式』が使用した巡行式ビーム兵器です。移動式メガ粒子砲として一撃で多数のモビルスーツを破壊できる一方、発射に必要なエネルギーをチャージする時間を必要とするため、連射には不向きな兵器ともされています。劇中ではメタスと連結させることで数回発射しています。また、機動戦士ガンダムUCでもジェガンによって使用されていました。

バリュートパックは大気圏突入用装備として、モビルスーツの胸部、背面、脚部に展開・バーニアパーツを取り付けて降下する補助装備です。硬化時は背面のパラシュートパックからパラシュートを展開し、冷却ガスによって椀状に展開します。大気圏通過後、胸部・脚部の増設バーニアによって姿勢制御、降下となります。

ではまずは、MGメガバズーカランチャーの塗装前と塗装後のビフォーアフター画像をご覧くださいまし。

■塗装後(アフター)

DSC_0070

DSC_0078

■塗装前(ビフォー)

DSC_0468

DSC_0467

塗装、トップコート、デカールなどの処理をすることで、重量感や上品さが生まれていると思います。内部的なパーツをアイアン系で塗装したのと、連結チューブをゴールドにしているところなどが違いでしょうか。

全体のブルー系は、ランナー色ではやや色合いが明るいと感じたので、若干ダークなブルーにしてみました。それと組立工程でもご紹介しましたが、塗装見本ではワインレッドを各部に使ってありますが、ワインレッドだと全体的にがガチャガチャしそうだったのでアイアン系で他の部分との統一を図りました。

メガバズ本体とチューブの接続部分は突起を誤って切り取ってしまったのですが、瞬接によってキレイに復活しました。

では続いてバリュートパックの塗装前と塗装後のビフォーアフター画像をご覧くださいまし。

■塗装後(アフター)

DSC_0048 DSC_0059

■塗装前(ビフォー)

1

こちらもランナー色だと色合いが明るすぎると感じたので、少しグレー系のシックな感じにしてみました。製作塗装段階ではキレイにできるか半信半疑でしたが、完成後は全く問題なくて良かったです。各部に細かくマスキング塗装をしているのもキレイに仕上がっている要因かと。あとデカールもそうですね。

バリュートパック自体それほど色分けされているキットではないので、塗料の種類もそれほど多く用意する必要がありません。各部スジボリなどをして色分けするとなれば話は別ですが、そのままの状態だとダクトやバーニアの色分けさえしておけばそれなりにリアルに仕上がるかと。

デカールはオリジナルでもある程度あったほうがいいと思います。もともとこのキットにデカールは付いていないですし、デカール無しで仕上げるとなんか寂しいような気もします。別売りの水転写デカールでオリジナルにしてみてもいいですね。

それでは少しメガバズとバリュートパックの参考画像を御覧頂いてから、塗装レシピをご紹介します。

DSC_0072

DSC_0076

DSC_0077

DSC_0082 DSC_0085 DSC_0086 DSC_0088

DSC_0051 DSC_0053 DSC_0058 DSC_0061 DSC_0064

それではMGメガバズーカランチャーとバリュートパックの塗装レシピです。

■MGメガバズーカランチャーの塗装レシピ

○アイアン色部分:スターブライトアイアン(ガイアカラー)
○赤色部分(小さな赤丸):フラットレッド(タミヤエナメル)
○青色部分:インディブルー40%+コバルトブルー40%+ブラック10%+パープル10%(Mr.カラー)
○チューブ部分:ゴールド(Mr.カラー)
○本体横の通気口部分:ダークグレー(タミヤエナメル)
○スミ入れ:ロイヤルブルー(タミヤエナメル)
○トップコート:スーパークリアーつや消し(Mr.カラー)※瓶

メガバズーカランチャーのデカールは付属している水転写デカールとハイキューパーツのRB01 1/100コーションデカールを使用しています。メタルパーツはイボルブワークス製の2.5mmと1.7mmのメタルパーツを使用しています。

■MGバリュートパックの塗装レシピ

○アイアン色部分:スターブライトアイアン(ガイアカラー)
○外装部分:ジャーマングレー65%+パープル35%(Mr.カラー)
○チューブ部分:スターブライトシルバー(ガイアカラー)
○バーニア部分:スターブライトシルバー(ガイアカラー)塗装後、クリアーレッド(Mr.カラー)
○スミ入れ:グレー(タミヤスミ入れ塗料)
○トップコート:スーパークリアーつや消し(Mr.カラー)※瓶

デカールはハイキューパーツのRB01 1/100コーションデカールTRデカールナンバーホワイトを使用しています。

まあ百式のオマケとして塗装したので、だいたい塗料の種類はMG百式Ver2.0の塗装レシピと似通ったものになっています。(というか、だいたいこのサイトでご紹介するガンプラは塗装レシピが似てますけど^_^;)

いいように考えれば、それだけ余分なコストがかからないということですし、他の色を使ってもあまり映えない気がするのでこの塗料を使っています。特にガイアカラーのブライト系塗料の発色は素晴らしく、金属系の色合いが素晴しいので、どうしてもこれを使ってしまいます^_^;値段が高い分色合いも美しいので、ガンプラも高級感があるように仕上がるんでしょうね。

では幾つかMGメガバズーカランチャー&バリュートパックの画像をどうぞ。塗装の参考になればと思います。

DSC_0071 DSC_0076 DSC_0079  DSC_0087 DSC_0088

DSC_0081

DSC_0046 DSC_0049 DSC_0055 DSC_0056 DSC_0060 DSC_0062 DSC_0064

MG百式Ver2.0、メガバズーカランチャー、バリュートパックと一式揃えて完成させることで、フルスペックの百式が出来上がりますので、ぜひオリジナルの塗装を施してみてくださいね。また、マラサイやネモ、リックディアスなどを追加して大気圏降下仕様を並べてみるのもいいですね。

また塗装時には、このサイトをご参考いただければ幸いですm(_ _)m

では良いガンプラライフを。ではでは~。

⇒楽天でMG百式Ver2.0を探す
⇒楽天でメガバズーカランチャーを探す
⇒楽天でバリュートパックを探す


コメントを残す