『あなたの好きなガンダムは?』集計結果 第5位

おまたせしました!アメブロサイドバーに設置したガンダムランキングの集計結果を発表したいと思いま~す!

と、その前にひとつお詫びを。

サイドバーの『あなたの好きなガンダムは?』ランキングの中に、ガンダムZZとターンAガンダムの選択肢がありませんでした。

ファンの方々、ごめんなさい m(_ _ )m

まあ言ってしまえば、0080もSEED Destinyもないんですが、やっぱりファンとしては、選択肢にあって欲しいものですよね!

次から設置するランキングボックスでは、できるだけ多くの意見が聞けるようにしたいと思います。

その時はまたよかったらクリックお願いします m(u_u)m

それでは『あなたの好きなガンダムは?』ランキングの結果発表にまいりましょう!

1日1つずつ順位を発表したいと思いま~す!(毎日アクセスしてもらえるぜ。うっひっひ~)・・・黒い部分が・・・ (゚_゚i)

第五位

機動戦士ガンダム逆襲のシャア

op

1stをリアルタイムで見てきたファンの方にとっては、当時は待ちに待った劇場版だったのかもしれません。

いま見ても完成度が高く、今の若いガンダムファンもぜひ見て欲しい作品です!納得の第五位ですかねえ。

ちなみに、オープニングの少し後で、クエスと一緒にいる女友達の声が潘恵子さん(ララァ・スン)なんですね。(こんなトコロに・・・)

ララァ・スンも回想シーンで登場するのでオマケかな?

それでは印象に残るシーンをどうぞ。

seen1
seen2
seen3

なんでこのシーン?と思われたかもしれません。セリフもないですし。(3つ目のシーンには、赤ちゃんの産声があります)

これらのシーンは全て、エンドロールの少し前に一瞬映るくらいのものです。ですが全て、地球に生きる『命』を意味しているものです。

『これから散りゆく命』 『古くからそこにある命』 『これから生まれくる命』

これらのシーンがあることによって、命の大切さや尊さを感じることができます。

こういったところにガンダムの深さを感じるんですね(*^-^)b 素晴しい!

次回は、ランキング第四位を発表したいと思います!乞うご期待!

ではでは。


6 件のコメントがあります。

  1. ぽんごろう

    on 2013年3月17日 at 22:35 - 返信

    1. 無題
    印象に残るシーン、自分も共感できる場面です。ほんとに、いい作品ですよね♪
    http://ameblo.jp/toriaes06/

  2. nori

    on 2013年3月18日 at 00:55 - 返信

    2. Re:無題
    >ぽんごろうさん

    コメントありがとうございます!

    何気ないシーンにも、大きな意味が含まれているところがガンダムの素晴らしさだと思います。

    本当に無駄な場面なんて一つもない、監督のこだわりがみてとれますね(*^-^)b
    http://ameblo.jp/gundams-blog/

  3. syopla423

    on 2013年3月18日 at 02:58 - 返信

    3. 無題
    逆シャアは名作ですよほんとうに・・・
    あれで映画ほどの長さとは到底思えないですね・・・
    http://ameblo.jp/syopla423/

  4. A.E.U.G.O栄支部

    on 2013年3月18日 at 03:37 - 返信

    4. 無題
    逆シャア、今見ても泣けますね。

    我が心の師、アムロもここで見納めなのが

    寂しいです(T_T)

    UCで、少し日の目を見れて、よかったです。

    あのマインドを、新作にも継承して欲しい

    ですね。
    http://ameblo.jp/sutessyaa/

  5. nori

    on 2013年3月18日 at 23:13 - 返信

    5. Re:無題
    >syopla423さん

    コメントありがとうございます!

    ほんとに、無駄なシーンなんて一切ない、監督の意図がたっぷり詰まった名作ですね!
    http://ameblo.jp/gundams-blog/

  6. nori

    on 2013年3月18日 at 23:14 - 返信

    6. Re:無題
    >A.E.U.G.O栄支部さん

    コメントありがとうございます!

    ジ・オリジンがどうなるかわかりませんが、

    アムロが世間の中でまた復活するといいですね(*^-^)b
    http://ameblo.jp/gundams-blog/

コメントを残す