icon icon

SDW HEROES 孫権ガンダムアストレイ 赫炎翔虎 レビュー

今回は、SDW HEROES 孫権ガンダムアストレイ 赫炎翔虎のレビューをご紹介します!

SDW HEROES 孫権ガンダムアストレイ 赫炎翔虎は、『SDガンダムワールド ヒーローズ外伝 THE LEGEND OF DRAGON KNIGHT』に登場するキャラクター『孫権ガンダムアストレイ 赫炎翔虎(かくえんしょうこ)』のSDキットです。孫権がパワーアップした特徴的な容姿を新規パーツを用いて再現。各種武器と組み合わせが可能なバックパックの他、様々な形態に組み換え可能な新武装が付属するキットになっています。全身のクリアパーツにより、燃えるような炎のシルエットを迫力の造形で実現。価格は1,210円(税込み)です。

窮奇の事件以降、武者修行で各地を巡り、弱気な性格を克服するなど逞しく成長。旅の途中でナイトストライクガンダムと出会い、打倒Z族に力を貸すキャラクター『孫権ガンダムアストレイ 赫炎翔虎』がSDでキット化。三国志に登場する大帝『孫権(そんけん)』の名と、機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY Rに登場する『ガンダムアストレイレッドドラゴン』の意匠を持つキットになっています。

2021年3月に一般発売されたSD三国創傑伝 孫権ガンダムアストレイをベースに、赫炎翔虎用の全身各部クリアパーツやバックパック、組み換え可能な新武装『號然陽焔(ごうぜんかげろう)』が新規造形で再現されています。

成型色は 全身に配色されたクリアピンクの他、ホワイトやブラック、深みのあるゴールドを各部に配色。その他、内部パーツやハンドパーツはレッド、一虎紋(いっこもん)、緋轍(ひてつ)、燈火(ともしび)といった一部の刀は深みのあるシルバー成型色での再現となっています。

シールは頭部の装飾や肩部、胴体部の一部などを補いますがそれほど多くはありません。シールだけでは色が足りず、顎や腰部アーマー、ソールの一部などを塗装する必要がありますが、塗装しなくてもかなりの色分けは再現されていて物足りなさはないですね。

関節・内部パーツは他のSDW HEROESキットと共通のSD三国創傑伝シリーズフレームが採用されています。孫権ガンダムアストレイのフレームはレッド成型色。

ポリキャップは不使用。全てパーツによって構成されています。背部に装備したバックパックや武装類がかなり大型ですが、一部の刀が支えになるため、自立は安定します。

SD三国創傑伝 孫権ガンダムアストレイのパーツが余剰で付属します。

背部のバックパックや新武装を外した状態で。だいぶ軽装になりますが、それでも頭部や肩部、腰部の装飾で十分迫力ある容姿になっています。

ベースのSD三国創傑伝 孫権ガンダムアストレイ(以下、通常版)と比較しながら各部を見ていきます。

頭部。フェイス周りの形状は同じですが、額の装飾が大柄なものに変化。クリアピンク成型色で炎を纏っているような迫力ある容姿になっています。装飾中央のゴールドやレッドはシールでの色分け。頬の装甲はゴールドに塗り分けが必要です。

後頭部形状は同じ。中央のセンサーはグリーンのシールでの色分けで、丸モールドなどは黒や赤などに塗り分ける必要があります。

胴体部。胸部のアストレイらしいデザインはそのままですが、腰部の装飾がこちらも大柄なものに変化。炎が吹き出しているようなスタイルになっています。中央のブルーや裾のゴールド、『孫』文字部分はピンクのシールでの色分け。

背面形状は同じ。裾のダクト内部は黒く塗り分ける必要があります。

腰装飾の『孫』文字はモールドが造形。かなり細かいので塗り分けは至難の業ですが、塗り分けたいなら下地塗装の上からエナメルを吹き、文字部分だけ拭き取る方法にしたほうがいいのかなと思います。

アーマー裏面は表面に沿った形状で特別模様などはなし。

腕部を通常版と並べて。二の腕以下の形状は同じですが、側面の刀ホルダーがオミット。その代わり前面に炎のような装飾が追加されています。二の腕と前腕の白い部分は赤く塗り分けが必要。

二の腕と前腕は2個パーツ構成で肉抜き穴は殆ど見えないようになっています。ハンドパーツ裏だけ肉抜き穴あり。

肩アーマーもゴールド部分の一部をホワイトに塗り分ける必要があります。炎装飾の前面はゴールドのシールでの色分け。

脚部。大部分の形状は同じで、サイドアーマーのクリアパーツのみ形状が変更されています。鳥脚のようなソールが印象的。サイドアーマー裾のモールドはゴールドに塗り分けが必要です。

腰アーマー裏も表面の形状に沿った作りでモールドなどはなし。膝周りや脚甲の一部はレッドに塗り分ける必要があります。

脚部の内側や脚裏はごっそり肉抜き穴。埋めるのは大変ですが、反対面と同じ形状に整えていくのもある意味、制作する際の楽しみの一つではありますね。

背部にはガンダムアストレイレッドドラゴンのフライトユニットやカレトヴルッフをイメージしたバックパックと新武装である『號然陽焔(ごうぜんかげろう)』を装備。SDW HEROESキット1体ぶんほどのサイズ感を持ったユニットになっています。

ユニットはバックパックと號然陽焔(ごうぜんかげろう)に分離可能。

バックパックはレッドドラゴンのフライトユニットのような形状で、上部と側面から伸びる3又のアームが特徴的に造形。左右のアーム先端には緋轍(ひてつ)と燈火(ともしび)の刀を装備しています。

クリアピンク成型色のみで構成されているため、形状やモールドがわかりにくいですが、表面にはマルイチなどの細かなモールドが入っています。大部分をゴールドに、一部モールドを黒に塗り分ける必要があります。

左右のアームは前後にスイング可能。上部のアームともにロールさせることもできます。

孫権本体とは2ダボ接続なので、他のSDW HEROESやSD三国創傑伝シリーズのキットに取り付けることも可能です。

一虎紋(いっこもん)、緋轍(ひてつ)、燈火(ともしび)。通常版の孫権ガンダムアストレイからの流用。それぞれ1個パーツ構成ですが、各部に細かなモールドが入った日本刀のような武装になります。緋轍と燈火は形状が同じ、一虎紋だけ少し長く、左右にダボがありません。全てシルバー成型色での再現で塗装の必要はなし。

刀身部分にダボ穴があるので、2本を接続することで強化武装として使用することも可能。

一虎紋(いっこもん)や他の刀は口元に装着可能。頬の穴に差し込んで固定します。刀を口に加えるような独特の攻撃方法を再現することができます。

新武装の『號然陽焔(ごうぜんかげろう)』。カレトヴルッフをイメージした武装になっています。この孫権ガンダムアストレイ赫炎翔虎を3つ用意することで、まさにレッドドラゴンの3枚カレトヴルッフようなスタイルを再現することができます。

こちらもクリアパーツの組み合わせで形状の把握が難しいですが、2本の短刀と1本の長刀との組み合わせ。短刀2本はクリアパーツでガッチリと固定されているので、分解する際は破損しないように注意します。

バックパックと組み合わせることで支援メカとして使用することができます。

支援メカをいろんな角度から。フレーム状のユニットなので形状の把握が難しいですが、日本刀を各部に装備したシャープなデザインの支援メカになっています。白い刀先が向いている側が正面と考えると良さそうです。

前面(アストレイ本体に組み付ける側)にジョイント穴があるので、ディスプレイ時は少し気になるかも。組み立て直後だと組み合わせ強度が高いので形状が崩れたりすることなくディスプレイさせることができます。

アストレイ 赫炎翔虎とうまく組み合わせれば、支援メカで牽引(飛行サポート)しているようなポーズを再現することもできます。

HG陸戦型ジムと並べて大きさを比較。頭部装飾が大柄ですが、HGのキットほどの大きさにはなりません。SDなので短足でコンパクト。背部の武装が派手なのでその分、他のSDW HEROESキットよりも少しディスプレイスペースが必要です。

SD三国創傑伝 孫権ガンダムアストレイと並べて。並べてみると通常の孫権がこじんまりとした感じに見えるので、その分、赫炎翔虎はどれだけ成長したかが良くわかるような容姿になっていますね。

背部のバックパックや新武装もレッドドラゴンのフライトユニットやカレトヴルッフのようなスタイルに変化しています。

SD三国創傑伝 孫堅ガンダムアストレイSD三国創傑伝 孫策ガンダムアストレイとも並べて。どれもアストレイをベースにした親兄弟なので、各部に似たところがあります。ですがその中でも、孫権ガンダムアストレイ赫炎翔虎が一番派手な容姿に。弱々しかった孫権がこんなに変わるとは思ってもいませんでした;

肩が左右に引き出せ、首も幅広く可動するSD三国創傑伝、SDW HEROESキットと同じフォーマット。

各部装飾によって干渉しやすくなっているため、少し動きにぎこちなさはありますが、腰は360度回転しますし、ある程度のポージングは形になるかなといったところです。上半身の前後可動が多少制限されているようですね。首を上げると後頭部が干渉してバックパックが外れやすいので注意です。

前後開脚は、フロントアーマーの装飾が大柄なため、干渉して前方への展開が制限されるようです。後方は広めに展開可能。

左右への開脚は見た目によらず広めに展開させることができます。

緋轍(ひてつ)、燈火(ともしび)を装備して。日本刀各種はハンドパーツに差し込むだけで保持が可能。隙間なく保持できるので簡単にクルッと角度が変わったりするようなことはありません。

一虎紋(いっこもん)を頬の装甲に組み付けて。アストレイ 赫炎翔虎がより攻撃性の高いスタイルに変化。一虎紋がシルバー成型色でシャープに造形されていることもあり、口元に装備するだけでも雰囲気や印象がだいぶ違ってきます。

號然陽焔(ごうぜんかげろう)はグリップを握らせることで射撃武装として使用することができます。グリップ基部がロールするので、一旦伸ばしてから保持させ、再度基部の角度を戻します。

肩の関節強度が高いので、特に重量で腕が垂れたりすることなく保持させることができます。白い刀のグリップがアストレイ赫炎翔虎の胸部や肩周りと干渉しやすいので、うまく避けるようにして保持させます。グリップが細身なので少し遊びやフラつきがありますが、特に気になるほどではありません。

『號然陽焔(ごうぜんかげろう)』は各部が分解可能。

白い日本刀各種に名称はありませんが、形状自体は一虎紋(いっこもん)、緋轍(ひてつ)、燈火(ともしび)と全く同じです。全て1個パーツ構成で塗装の必要もなし。

分解した各部パーツを組みわせることで、巨大な刀として使用することもできます。150ガーベラ・ストレートをイメージしたものなのかも。

一番裾の刀のグリップを握らせ、末端にクリアピンク成型色の柄パーツを組み付けます。アストレイ 赫炎翔虎の2倍以上の長さ。

肩の固定強度が高いので安心して保持させることができます。グリグリ動かしても角度を変えても、特に負荷がかかるような感じはありません。

更に組み替えることで、薙刀風の形態を再現することもできます。こちらもかなり巨大。

先端は2本の日本刀を組み合わせてクロー状に。後部は先程の巨大刀の基部となります。

こちらもインパクトは十分。体型以上の武装をブン回すようなスタイルが正しくガンダムアストレイ系ぽくていいですね。

白い日本刀とシルバーの日本刀を入れ替えて組み合わせることも可能。各部にジョイント穴やダボがあるので、説明書に記載されている方法以外にも様々な武装が再現できそうです。

シールを貼らない状態で。大まかに色分けされているだけですが、各部のクリアレッドパーツが広範囲に露出することでより全身に炎を纏ったような印象が強くなっています。必殺技を繰り出す際のスタイルっぽいのでこの感じもありですね。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。全身各部の装飾によって、通常の孫権ガンダムアストレイから容姿が一気に変化。パワーアップしたド派手な容姿でポーズに迫力が出ますし、赫炎翔虎という名の通り、全身に炎を纏ったような印象深いスタイルに変化していてかっこいいですね。口元に一虎紋を装備する姿は相変わらず様になりますし、緋轍、燈火もうまくポージングを彩ってくれます。

気になる点はあまりないですが、容姿がより派手になったことで干渉度が高まり、通常の孫権ガンダムアストレイに比べるとややポージングが制限されるようになっています。ただその分、巨大な武装類で物足りなさを感じさせないようにしてある?のはいいですね。

背部の號然陽焔(ごうぜんかげろう)は様々な形態に変化できるのでバリエーションが多彩。迫力ある武装が再現できますし、それらの武装がポージングをよりダイナミックなものにしてくれます。更にこのキットを3体使えば、3基のカレトヴルッフをイメージした複合ユニットが再現できるなど、無数の武装バリエーションが楽しめるキットになっているのがいいですね。

⇒あみあみでSDW HEROES 孫権ガンダムアストレイ 赫炎翔虎を探す
⇒DMM.comでSDW HEROES 孫権ガンダムアストレイ 赫炎翔虎を探す
⇒駿河屋でSDW HEROES 孫権ガンダムアストレイ 赫炎翔虎を探す
⇒楽天でSDW HEROES 孫権ガンダムアストレイ 赫炎翔虎を探す
⇒ヤフーショッピングでSDW HEROES 孫権ガンダムアストレイ 赫炎翔虎を探す

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。切れ味はもちろん優秀。薄刃ですが強度が高く長持ちするのでおすすめです。⇒ヌルっと切れる片刃ニッパーのレビューはこちら

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

積みプラは罪 管理人様、いつも記事を楽しく読ませて頂いております!レビューを見て満足してしまい自身の積みが消化出来ません笑 オデッセイの制作をされるどの事でしたが、実車用のタッチアップペンで塗装などされて見ては如何でしょうか?これからもガンプラレビューや制作など楽しみながら見させて頂きますので、管理人様も楽しみながら制作&記事更新をお願い致します!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す