SDW HEROES ベンジャミンV2ガンダム レビュー

今回は、SDW HEROES ベンジャミンV2ガンダムのレビューをご紹介します!

SDW HEROES ベンジャミンV2ガンダムは、『SDガンダムワールド ヒーローズ』に登場する『ベンジャミンV2ガンダム』のSDキットです。海洋冒険家を思わせる各部形状を新規造形で再現。クリアパーツが際立つ大型フックの他、小刀や銃、サーベルといった個性的な武装が付属するキットになっています。価格は770円(税込み)です。

レッドタイガーの孫権と友人であり、パイレーツワールドで名を馳せるベンジャミン海賊団の船長『ベンジャミンV2ガンダム』がSDでキット化。イギリスの海賊『ベンジャミン』の名と機動戦士Vガンダムに登場する『V2ガンダム』の意匠を持つキットになっています。

成型色はホワイト、ダークグレー、ゴールドをベースに、肩部と仮面パーツ、特徴的なジャイアントアンカーにクリアーブルー、ソールにレッドを配色。シールは頭部や肩部、フロントアーマーなどに使用します。シールだけでは色が足りないので、各部を細かく塗り分ける必要があります。

関節・内部パーツはグレー成型色のSD三国創傑伝シリーズフレームを採用。

ポリキャップは使用されておらず、全てパーツによる構成となっています。背部にバックパックやウイングのようなマントを装備していますが影響はなく、自立は安定しています。

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

キリフィッシュ✕2、ホエール・アングラー、仮面パーツ、角度付きのハンドパーツ(右)が付属。

頭部。V2ガンダムをベースに、あごひげや海賊帽といった冒険家らしいデザインで造形されています。額のアンテナや帽子の表面、中央のモールドはシールでの色分け。こめかみのバルカンや左右のダクトはダークグレーに、頬の装甲はシルバーやゴールドに塗り分けが必要です。頭部の白い部分は前後挟み込みタイプで側面に合わせ目ができます。消す場合は後ハメが必要。

帽子上部のラインモールドはゴールドに塗り分けが必要です。上部に造形された白羽は内側が肉抜き穴。帽子は左右の組み合わせで後部に合わせ目ができます。後頭部のモールドはゴールドに塗り分けが必要。

胴体部。どことなくV2ガンダムの意匠がありますが、胸部左右にはコートの襟、フロントアーマーにはレザーやバックルが造形されるなど、西洋の公爵のようなデザインになっています。リアアーマーのナイフや装甲の一部をダークグレーやゴールドに、ナイフベルトをブラウンに塗り分けが必要です。

胸部にはハロのペンダントが造形されています。チェーンはブラウンやレッド、ダークグレーなどに塗り分けが必要。胸板の装甲は一部をホワイトにやブルーに、コートの襟は縁をゴールドとシルバーに塗り分けが必要です。

フロントアーマーはレザーやベルトがシールでの色分けですが、中央下部のレザー紐はブラウンに塗り分けが必要です。ダークグレーのコート裾もゴールドやホワイトに塗り分けが必要。

左のサイドアーマー(コート)にはボールジョイント接続のヘアテイルを装備。

大剣のヘアテイルは剣と鞘の2個パーツ構成。刀と鞘共にゴールドやブラウン、ホワイトなどに塗り分けが必要です。

腕部。シンプルですが、各部にエングレービングが造形されるなど海賊感のあるデザインになっています。

腕部は二の腕と前腕で2個パーツ構成で内側に合わせ目ができます。ハンドパーツ裏も肉抜き穴が造形。前腕の装甲はホワイトやゴールド、ブラウンに塗り分けが必要です。

ショルダーアーマー本体はクリアーブルー成型色パーツのモナカ割で上部や側面に合わせ目ができます。前面のモールドはシールでの色分け。後部はホワイトやゴールドに、ナイフは一部をブラウンに塗り分けが必要です。

説明書に記載はないですが、肩のナイフは武器として保持が可能。ハンドパーツともサイズが合っていてしっかりと保持させることができます。

脚部はサイドアーマー(ロングコート)で覆われた状態。サイドアーマーのふちはゴールドに、エングレービングはホワイトに塗り分けが必要です。

脚部は膝の装甲を青く塗り分けが必要。アンクルアーマーの甲は白やシルバーに塗り分けが必要です。ソールはレッド成型色の1個パーツ構成とシンプル。脚底のエングレービングはゴールドやホワイトに、脚甲はホワイトに塗り分けが必要です。

大腿部、膝から下共に内側は肉抜き穴。足裏は踵以外、全て肉抜き穴になっています。モールドもなし。

後部にはバックパックを中心に、左右にマントのようなウイングを装備。ウイングの縁はゴールドに塗り分けが必要です。

バックパックはV2ガンダムの意匠を感じさせる造りで、上部装甲の一部を青に、中央装甲のふちをゴールドに、エングレービングをホワイトに塗り分けが必要。白い装甲は展開が可能です。内部はダークグレーに塗り分けが必要。

海賊団副団長のエドワードセカンドVと並べて。共に成型色は同じものが使用されています。エドワードのほうが少し大きめ。この2体は劇中でも共に行動しますが、並んでこそなところがありますね。

SD三国創傑伝の孫堅ガンダムアストレイと並べて。同じフォーマットとは思えなくくらいの別物感がありますね。共にいいおっさんというキャラクターではありますが、それだけに風格のようなものを感じさせます。

肩が左右に引き出せ、首も幅広く可動するSD三国創傑伝キットと同じフォーマット。(胸部装甲があって見えにくいので後方から撮影しています。)

頭部は少し上下可動します。左右へは顎を少し浮かせることでスムーズにスイングが可能。

腕はショルダーアーマー側面の装甲と干渉しやすいものの、頭部とショルダーアーマーとの間に余裕があるので適度に上げることができます。

肩は各部が干渉しやすいですが、ある程度前後スイングさせることができます。

腹部はSD三国創傑伝シリーズのフォーマットで上半身を適度に前後スイングさせることが可能。

腰は全く干渉なく360度回転が可能です。アクションベースやスタンドへは通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

サイドアーマー(ロングコート)が干渉してポロリしやすいため、前後開脚はあまり広くはできないようです。膝は一応深くまで曲げられるようです。

足首の可動は前後左右ともにあまり広くはありません。

左右への開脚はハの字程度まで。サイドアーマーが干渉しやすく、あまり広く開脚することはできないようです。

内股、がに股はあまり広くはないですが、足首が曲がるので広く見せることができます。

可動域の総括としては、特別広いと言うわけではないですが、首周りや腰回りは比較的柔軟。これらは躍動感のあるポーズを取る場合に必要な可動箇所なので、適度なポーズは再現できそうです。

キリフィッシュ。海賊が持つピストル(フリントロック式の拳銃)のような造形の武装になっています。ゴールド成型色の1個パーツ構成で、各部をホワイトやブラウン、シルバーなどに塗り分けが必要です。

銃口は開口されていません。

ホエール・アングラー。特徴的な大型フックです。大砲のような装備も見られますが、説明書などに記載はありませんでした。

クリアーブルー成型色2個パーツのモナカ割構造で中央に合わせ目ができます。各部ラインモールドをゴールドに、装甲部分や大砲の砲口などをダークグレーに、各部のベルトをブラウンに塗り分けが必要です。

ホエール・アングラーは内部のグリップを持たせ、パーツで挟み込むように装備します。

仮面パーツはこめかみのバルカンに組み付け、左目を覆うように装着します。

仮面を装着することで、キザな感じと貴族的な容姿を併せ持つスタイルに変化。(仮面舞踏会にいそうな・・・;)

ヘアテイルを装備して。遊びがなくしっかりとした保持が可能です。

各関節に適度な可動域があるのでポージングもしやすいですね。抜刀するようなポーズも再現可能。脚を開きすぎるとサイドアーマーが干渉してポロリしやすいので注意が必要です。

角度付きのハンドパーツ(右)が付属し、ヘアテイルで突くような表現が可能。エドワードセカンドVに付属しているのは左の角度付きハンドパーツでしたが、左右で違うのは何か意味があるのかも。(単に利き手の問題?)

キリフィッシュも1個パーツ構成で、保持もしっかりとしているので取り扱いやすいです。ポージングもラク。

ナイフも持たせやすいです。ハンドパーツ裏は肉抜き穴ですが、逆手持ちも問題なく可能でした。

仮面パーツとホエール・アングラーを装備し、ジャイアントアンカーを再現。ジャイアントアンカーは『ベンジャミン最大最強の攻撃武装で、その一撃は地面を深く穿ち、直撃すればひとたまりもない』とのこと。

左手にフック状のホエール・アングラーを装備したことで、おなじみのフック船長のようなスタイルに変化。

SD三国創傑伝シリーズと同じフォーマットなので、トリニティバイクへの搭乗も可能です。搭乗時はバックパックとリアアーマーを取り外します。そして背部にバイクのジョイントアームを接続。

トリニティバイクに搭乗して。バックパックはジョイントアーム後部に、リアアーマーはジョイントパーツを介してバイク後部に装着しています。キット自体は安定して搭乗させられますが、腰のヘアテイルがバイクと干渉しやすく、サイドアーマーが外れやすいようなので注意が必要です。

孫堅とは友人関係にあるので、ゴ・エリアの赤いトリニティバイクに搭乗させてみました。悪くはないですが、海賊なので青いトリニティバイクのほうが似合うかも。

適当に何枚かどうぞ。

「ドゥーハッハッハ!!(ダーッハッハッハ!!)」という独特な笑い声を上げる、かなり個性の強いキャラクター(笑)

ホエールアングラーを装備することでポーズにダイナミックさが生まれます。たまにハンドパーツごと抜けることがありますが、また差し込むだけで問題なく修復が可能。大柄で干渉しやすいこと以外、取り扱いにくさはありません。

エドワードセカンドVと組み合わせることで海賊団を形成。劇中のような共闘するシーンも再現可能です。

以上です。海洋冒険家のような容姿はとても魅力的に映りますし、各部の造形やエングレービングなどから高貴な印象も持ち合わせています。武装類も何気に豊富でポージングバリエーションが多彩なのもいいですね。

気になる点は、どのSDW HEROESキットにも言えることですが、設定の色分けが細かいのでそれを再現するためには大部分の塗装が必要になります。ある程度はシールで補われていますが、高い完成度を求める場合は色々と手間がかかりそうです。ポージング時に干渉してサイドアーマーがポロリしやすいのも少しストレスになるかも。

仮面パーツやホエール・アングラーを装備することでフック船長のような容姿になるのも面白いですし、ダイナミックなポージングでひと味違った演出も可能。海賊団の船長らしい風格を感じさせるキットになっているのがいいですね。

⇒あみあみでSDW HEROES ベンジャミンV2ガンダムを探す
⇒楽天でSDW HEROES ベンジャミンV2ガンダムを探す
⇒駿河屋でSDW HEROES ベンジャミンV2ガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでSDW HEROES ベンジャミンV2ガンダムを探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す