SDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー) レビュー

今回は、SDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)のレビューをご紹介します!

SDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)は、ゲーム「SDガンダム GGENERATION モノアイガンダムズ」に登場する試作MS『シスクード』のSDガンダム クロスシルエットシリーズキットです。ティターンズ所属機特有のカラーリングを成型色で再現。モノアイは可動式構造にジュエルシールでリアルに演出。高速巡航形態に変形可能なほか、大型のIフィールド・ランチャーなどが付属する特徴的なキットになっています。価格は1,512円(税込み)。

強奪された機体(エゥーゴカラー)とは異なる、少数が量産されたティターンズカラー。成型色以外は以前レビューしたSDガンダム クロスシルエット シスクード(白いシスクード)と同じ構造でキット化されています。

成型色は主に明るめのダークブルーと濃いめのダークブルーの2色。配色が白いシスクードとは多少異なりますが、ランナー構成は同じです。エアインテークやショルダーアーマー、脚部など、シールで補う箇所も白いシスクードと同じ。

短足なので自立は問題ないですが、背中に4基(合計8枚)のバインダーを装備しているので、後方に倒れやすくなっています。

造形は白いシスクードと同じなので、各部は簡単に見ていきます。まずは頭部。外装部がダークブルーの成型色になっています。その他の配色は白いシスクードと同じ。額のセンサーはシールでの色分けです。

外装パーツを外してモノアイを左右に可動させるのも同じ。ピンクのジュエルシールが鮮やかです。

モノアイ可動により、表情をつけることができます。

胸部から腰部。上半身やサイドアーマーは白いシスクードと同じですが、フロントアーマーがダークブルー成型色になっています。胸部は白い部分やエアインテーク内部の黒はシールでの色分けです。

腕部。白い装甲がティターンズカラーになり、腕部全体がダークブルーの深い色合いになっています。ショルダーアーマー手前の上下2箇所モールドはシールでの色分けです。

脚部。左右挟み込みタイプで、アンクルガードが別パーツ構成。下部の装甲部分がシールでの色分けになっています。白いシスクードでは脚底が赤でしたが、こちらは濃いダークブルー成型色になっています。

足裏には肉抜き穴があります。

背面バインダー。ダークブルー2色で構成されています。

バインダーは四方に展開が可能。

バインダーは2枚一組で、左右に展開します。

白いシスクードと並べて。ティターンズカラーもエゥーゴカラーもどちらもそれぞれの良さがありますね。カラーリングの違いから、ティターンズカラーのほうが少し小さく見えます。

各部可動域については白いシスクードと同じなのでそちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒SDガンダム クロスシルエット シスクード レビュー

Iフィールド・ランチャー、ビームサーベル(サーベル刃、柄)☓2と、五角形の余剰パーツが付属します。

Iフィールド・ランチャー。白いシスクードに付属しているものと同じです。成型色も同じ。左右挟み込みタイプですが合わせ目はほとんどモールド化されていて、部分的にできるのみです。

グリップ類は左腕装備用に左右で組み換えが可能で、手前のグリップは付け根がボールジョイントでフレキシブルに可動します。

Iフィールド・ランチャーを保持して。片手でも浮かせての保持が可能でしたがすぐに垂れるので、ヘタレや個体差などで違ってくるようです。基本片腕保持は難しいと思います。

Iフィールド・ランチャーの迫力もいいですが、モノアイがギラリと睨みつけるような独特の表情があります。

ビームサーベルを装備して。SDフレームだと干渉しやすく、ポージングにぎこちなさもありますが、背面のバインダーに存在感があるので、ちょっとしたポーズでも様になります。

高速巡航形態へ。全身黒ずくめのフォームですが、白いシスクードとは違った味があります。

白いシスクード(高速巡航形態)と並べて。

CSフレームに組み換えて。なんか白いシスクードよりもいいんじゃないかって気がします。

SDフレームのシスクード(ティターンズカラー)と並べて。シスクードの場合、SDフレームとCSフレーム、どちらでもモノアイが変わらないので、瞳ありとなしになっている他のSDCSキットとはちょっと違う印象。

肘や膝が曲がり、ソール部も伸ばしやすくなっているので、ポージングに躍動感が出てきます。Iフィールド・ランチャーは左腕で保持させてみました。

サーベルの両手持ち。

CSフレームでの高速巡航形態。

適当に何枚かどうぞ。

以上です。構造自体は白いシスクードと同じですが、ティターンスカラーならではの良さが感じられるキットになっていると思います。はじめはだたのカラバリと思いながら組んでいましたが、撮影してみると逆によく感じるようになってきました。モノアイだからこちらのカラーリングのほうが合っているのかなと思ったり。

武器類は多くないですが存在感がありますし、サーベル2本持ちなどのポーズも造形と相まって映えるものになっています。おおよそガンダムらしくないモノアイで好き嫌いは出やすいかもですが、手にするとその良さを感じられる、割と奥深いキットでした。

⇒楽天でSDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)を探す
⇒駿河屋でSDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)を探す
⇒ヤフーショッピングでSDガンダム クロスシルエット シスクード(ティターンズカラー)を探す

コメントを残す