SD 三国創傑伝 呂布シナンジュ&赤兎馬 レビュー

今回は、SD 三国創傑伝 呂布シナンジュ&赤兎馬のレビューをご紹介します!

SD 三国創傑伝 呂布シナンジュ&赤兎馬は、『SD 三国創傑伝』に登場する『呂布シナンジュ』と『赤兎馬』のSDキットです。進化したプロポーションと、パーツ分割によるSD史上最高峰の色分けを実現。一新された頭身バランスと各所の関節構造により、躍動感あふれるポージングが再現可能なキットになっています。特徴的なデザインの専用バイク「赤兎馬」が付属。価格は1,430円(税込み)です。

強者との戦いを唯一生きがいとする戦闘狂『呂布シナンジュ』と、暴力的な出力を誇る名車『赤兎馬(せきとば)』がキット化。

呂布シナンジュ。三国志に登場する武将・群雄『呂布(りょふ)』の名と機動戦士ガンダムUCに登場する『シナンジュ』の意匠を持ち、各部に炎や竜の造形を持つ豪傑感あるキットになっています。

成型色はレッドとゴールドがメインで、部分的にブラックとクリアーパープルを配色。呂布シナンジュ本体はモノアイ(ツインアイ)や各部のゴールド部分をシールで補いますが、エングレービングや各部装甲などを塗装で細かく塗り分ける必要があります。

関節・内部パーツはグレー成型色で、他のSD三国創傑伝キットと共通のフレームが採用されています。

ポリキャップは使用されておらず、全てパーツによる構成となっています。背部にシナンジュの特徴的なスラスターやプロペラントタンクを装備していますが、軽量なので特に比重がかかることもなく自立は安定しています。

パーツはランナーから手で切り離すことができますが、ゲートを一箇所カットするだけでラクに切り離せます。ゲートカットには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。 ⇒ヌルっと切れる片刃ニッパー

大画戟(だいがげき)、方天戦斧(ほうてんせんぷ)、紫炎刀(しえんとう)☓2、ジョイントパーツが付属。

余剰パーツがいくつか付属します。

頭部。中心部分はほぼシナンジュで、周りにゴールドパーツなどでアンテナや装飾が造形されています。モノアイ周りや顎、左右ゴールド装甲の一部はグレーに塗り分けが必要モノアイはブルーのシールでの色分けです。

頭頂部から後部にかけて、呂布の特徴でもある印象的な『翎子(りんず)』が造形。翎子はクリアーパープル成型色での再現となっています。

後頭部は一部をパープルやゴールドに塗り分けが必要。

フェイスパーツを外すと内部からガンダムタイプのフェイスが露出。レッドウォーリアのようなヒロイックなフェイスになっています。

胴体部。主にゴールド成型色ですが、胸元やフロントアーマー上下の装甲はクリアーパープル成型色での色分けとなっています。胸部、フロントアーマー共にエングレービングは一部がシールで色分けされていますが、装甲の赤やエングレービング、リアアーマーのブラックなどを細かく塗装する必要があります。

フロントアーマー裏にモールドは造形されていません。ボールジョイント接続で適度に可動。

リアアーマーの内側にはトータスメモリ用のデバイスが造形。デバイスは左右に造形されているので、他キットのメモリも合わせて装着可能です。トータスメモリはクリアーパープル成型色で、表面には亀のようなモールドが造形されています。他のSD三国創傑伝キットに付属しているメモリと同じなので、交換して組み換えることも可能です。

腕部はショルダーアーマーが派手な作りになっています。二の腕以下はシナンジュをベースにしたシンプルなスタイル。

二の腕以下は前後2個パーツ構成で肉抜き穴はありません。側面に合わせ目がありますが消すのはラク。前腕のエングレービング部分をゴールドに塗り分ける必要があります。

ショルダーアーマーは左右で形状が異なります。右のショルダーアーマーはドラゴンが口から炎を吐くような装飾が施されています。炎はクリアーパープル成型色での再現。装甲の一部をゴールドシールで色分けしますが、一部の装甲はゴールドに、牙(髭?)のような部分はブラックに塗り分ける必要があります。

左のショルダーアーマーは装甲から炎が吹き出るような形状。こちらも一部をゴールドシールで色分けしますが、一部をゴールドに塗り分ける必要があります。

外側の装甲を外すとシナンジュのシンプルなショルダーアーマーが露出。

脚部もシナンジュの名残を残す作りになっています。膝の小型ダクトをゴールドに、側面のスラスターをグレーに塗り分ける必要があります。大腿部も赤く塗り分けが必要。大腿部は内側に肉抜き穴があります。膝から下は左右挟み込みタイプで前後に合わせ目ができます。

サイドアーマーはレッドとゴールドの2個パーツ構成。付け根がボールジョイント接続で適度に可動します。表面をブラック、パープル、ゴールドに細かく塗り分ける必要があります。

ソール部はブラック一色なので、全体的に赤く塗り分ける必要があります。足裏は大部分が肉抜き穴ですが、一部に3.0mm穴やモールドが造形。

背部にはシナンジュ特有のスラスターやプロペラントタンクが造形。

スラスターは1個パーツ構成で、周りをゴールドとホワイトに、内部2基のバーニアをグレーに塗り分ける必要があります。

プロペラントタンクは左右ブラック成型色の一個パーツ構成で、基部をグレーに、タンク部はゴールド、中間部をホワイトに塗り分ける必要があります。

バックパックは1ダボ接続。プロペラントタンク裏面には肉抜き穴があります。

プロペラントタンクは上下に可動。スラスターは付け根がボールジョイントで左右にスイングします。

HG陸戦型ジムと並べて。HGと並べると差はありますが、翎子が造形されているのでその分大柄な印象。

曹操ウイングガンダムと並べて。因縁の相手との組み合わせ。

SD 三国創傑伝シリーズキット(劉備ユニコーンガンダム、張遼サザビー)と並べて比較。赤が深い色味なので、サザビーに比べて全体的に締まった印象です。

肩が左右に引き出せ、首も幅広く可動するSD三国創傑伝キット共通のフォーマット。

ですが頭部は各部が干渉するため、ほとんど上下可動させることはできません。左右へも45度程度まで。

腕は思ったよりも上がるようで、水平に近いくらいに上げることができます。

肩の前後スイングもまずまずです。

胴体部装甲で確認しにくいですが、SD三国創傑伝シリーズ共通のフォーマットで腹部、背部が広く展開が可能。なので上半身を幅広く前後スイングさせることができます。ただし後方に反らすと比重がかかりすぎて倒れたりするので注意が必要です。

腰は360度回転が可能。ただし干渉によって腰が抜けやすいので注意が必要です。アクションベースやスタンドへは、通常通り股間部に3.0mm軸を差し込んでのディスプレイとなります。

フロントアーマーが大柄で干渉しやすいため、前後開脚はほとんどできず。膝は前後アーマー内でくの字程度曲げることができます。

足首は前後左右ともわずか。

左右への開脚はハの字程度まで展開が可能です。

内股、ガニ股も共に45度程度まで。

可動域の総括としては、他のSD三国創傑伝キットと大きくは変わらないですが、この派手な造形にして腕が思ったよりも動くのは意外ですね。一方下半身は他のSD三国創傑伝キットよりも動きが制限されるので、少し物足りない感じもあるかと。

大画戟(だいがげき)。槍状の武装で、クリアーパープル成型色での再現となっています。ちょっとわかりにくいかもですが、片側はごっそり肉抜き穴になっています。

方天戦斧(ほうてんせんぷ)。剣刃状の武装で、こちらもクリアーパープル成型色での再現。こちらも片側が肉抜き穴になっています。

大画戟と方天戦斧は組み合わせることで『方天画戟(ほうてんがげき)』が再現可能。重量感ある武装になっています。

紫炎刀(しえんとう)。ビームトマホークをベースにした印象的な武装です。クリアーパープル成型色での再現。

紫炎刀を前後で組み合わせることで、『紫炎頭尾(しえんとうび)』が再現可能。薙刀のようなスタイルになります。

紫炎刀は背部にマウント可能。3.0mm穴にマウントします。

一通り武装して。

各部や武装類の炎のような装飾によって、全体的にヒール感や豪傑感が感じられていいですね。

方天戦斧は保持の向きを変えることで、複数の攻撃パターンを演出することができます。

紫炎刀を両手持ちして。武装類のグリップはハンドパーツにしっかりと収まるサイズなので、簡単に抜けたりすることなく保持させることができます。クリアーパープルのパーツはブラックライトで照らしても発光はしませんでした。

赤兎馬(せきとば)。呂布シナンジュが搭乗する名車で、高すぎる性能が故、呂布喉の実力者でも無い限り乗りこなすことは難しいとのこと。

ベースはトリニティバイクですが、各部に一角馬頭や肉厚な装甲を持つ大型バイクになっています。赤成型色パーツのみの構成で、一部をラクヨウカラーであるパープルシールでの色分けです。

前側は一角馬のようなフロントカウルが追加されて大型化。前輪はブラックやメタリックパープルに塗り分けが必要で、中央のラインモールドはパープルのシールでの色分けです。トリニティバイクのパーツを利用しつつ、特徴的な形状が再現されていていいですね。

一角馬頭はモールドが細かく造形されています。

ダッシュボードにはメーターのようなモールドとメモリ装着用のデバイスが造形。デバイスには赤兎馬メモリが挿入されています。

赤兎馬メモリ。赤成型色で、表面には特徴的な円形モールドが造形されています。

後部は曲状のテールカウルが造形。後輪の側面には、トリニティバイクでダッシュボード左右にマウントされていた装甲を装備。

後部もメカニカルに造形され、後輪が幅のあるタイプに造形されるなど、一味違った迫力ある造形になっています。後輪もブラックやメタリックパープルに塗り分けが必要。

後部の装甲を外すと内部はトリニティバイクの形状になっています。後部左右装甲のラインはパープルのシールでの色分け。背部の搭乗時のジョイント部も通常通りアームによる展開が可能。

トリニティバイクと並べて比較。前後の装甲が変化しているので、トリニティバイクよりもツーランクほど強化されたようなスタイルになっています。

サイズ感や各部の造形もだいぶ違っていて迫力がありますね。

趙雲ダブルオーガンダムに付属している碧竜駆(へきりゅうく)とも並べて。対象的なカラーリングでそれぞれ形状が異なりますが、どちらも強化された特徴的な大型バイクになっています。赤兎馬のほうが更に大型。

赤兎馬への搭乗はバックパックとリアアーマーを外します。

呂布シナンジュ頭部の翎子を外し、赤兎馬のダッシュボード上部に組み付け。

呂布シナンジュを搭乗させて背部にバイクのジョイント部を接続固定します。

背部にバックパックを装着し、後輪側面の装甲に、ジョイントパーツを組み付けたバックパックを取り付けたら搭乗完了です。

搭乗させるだけでかなりの迫力。

やんちゃ感もありますし、大型バイクで迫力やスピード感も十分です。

綸子が干渉しやすく、シナンジュの首を振ったりするときは注意が必要ですが、その分造形に個性があっていいですね。その名の通り馬に乗っているような感じもあって面白いです。

大画戟と紫炎刀☓2を組み合わせることで方天紫炎弓(ほうてんしえんきゅう)も再現可能。

弓状の武装で特徴的な攻撃態勢が再現可能。ただ、上下に長くなっているので、接地面と干渉して向きが制限されやすいので注意が必要です。

浮かせた状態だと気兼ねなくポーズが取れるのでいいですね。

赤兎馬と方天紫炎弓との組み合わせると流鏑馬(やぶさめ)っぽいスタイルに。

シナンジュのフェイスパーツを外してガンダムタイプに。このSD三国創傑伝キットオリジナルのギミックによってヒロイックなスタイルを楽しむことができます。

続いて貂蝉クシャトリヤのパーツを使い、呂布シナンジュをパワーアップさせていきます。まずは貂蝉クシャトリヤ(別売り)のフェイスパーツやバイザーパーツを分解。スネークメモリも外しておきます。

呂布シナンジュの肩装飾パーツを外します。リアアーマー裏のトータスメモリも外しておきます。

呂布シナンジュのフェイスに、貂蝉クシャトリヤのフェイスパーツを組み付け、額に呂布シナンジュ右肩の炎パーツを組み付けます。

フロントアーマーに左肩の装飾パーツを組み付け、胸部にはドラゴン頭部のような形状をした右肩装飾パーツを組み付けます(画像右)。右肩装飾パーツの口内にはトータスメモリとスネークメモリを並行して組付け(画像左)。

貂蝉クシャトリヤの小型バインダーとジョイントパーツを組み付け、大型バインダーは基部のジョイントパーツの向きを変えておきます。

リアーアーマーに小型バインダーを組み付け、背部スラスターに大型バインダーを組み付けたら、呂布シナンジュのパワーアップが完了です。

呂布シナンジュのパワーアップバージョン。貂蝉クシャトリヤの各部パーツと組み合わせたことで、ナイチンゲールのようなスタイルに変化しています。

呂布シナンジュのパワーアップバージョンをいろんな角度から。

貂蝉クシャトリヤのフェイスパーツやバインダーを装備したことで、呂布シナンジュが大迫力のスタイルに変化しました。四肢が干渉によって動かしづらいですが、その造形を楽しむだけでも十分です。

適当に何枚かどうぞ。

 

以上です。シナンジュの意匠と各部の竜や炎のような造形、ゴールド成型色パーツによって、ヒール感や豪傑感を感じさせるキットになっていると思います。赤兎馬もテールカウルや後輪にサイズ感があったりで、馬力やスピード感のある作りになっていてかっこいいですね。

気になる点としては、SD 三国創傑伝キット共通の欠点ですが、装甲が派手な分干渉しやすく、思ったようなポーズを取るには難しいところがあります。赤兎馬に取り付けた綸子が長いので、たまに頭部と干渉したりするので破損には注意も必要です。

ガンダムタイプのマスクに変えれば、全く逆のヒロイックなスタイルになるのも魅力的。武装の組み合わせも豊富で、貂蝉クシャトリヤのパーツと組み合わせることでパワーアップしたスタイルが楽しめるなど、様々なギミックを持ったキットになっていて遊びの幅が広いのもいいですね。

⇒あみあみでSD 三国創傑伝 呂布シナンジュ&赤兎馬を探す
⇒楽天でSD 三国創傑伝 呂布シナンジュ&赤兎馬を探す
⇒駿河屋でSD 三国創傑伝 呂布シナンジュ&赤兎馬を探す
⇒ヤフーショッピングでSD 三国創傑伝 呂布シナンジュ&赤兎馬を探す

icon

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

1件のコメントがあります。

  1. かき氷

    on 2021年2月26日 at 08:41 - 返信

    レビューお疲れ様でした。
    個人的にシナンジュは好きなのでこのボリュームで発売されたのは嬉しいです。
    このレビューで細かいところが見られたので良かったです。

コメントを残す