RG パーフェクトストライクガンダムのパッケージ・ランナー レビュー

今回は、RG 1/144 パーフェクトストライクガンダムのパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はRGのフォーマットで、フェイスアップと全身が掲載されたものになります。フェイスアップは肩の装甲や後部のマルチプルアサルトストライカーもきっちりとデザインされていますが、全身は塗装済みキットを使った合成。

注目なのはパッケージカラーで、白黒になっています。装備品がカラフルなのでカラーリングのチョイスが難しかったんですかね。君はいったい何色・・・?ちなみに色んな色を混ぜ合わせると、グレーなどの無彩色になりますね。

パッケージサイズは一般的なHGに比べ、縦横とも1cm程度大きめなプレバンRGサイズ。MGやRE/100と同じですが、高さも1.5倍でボリューム感があります。このボリュームはなかなかハードですな・・・;

開封。外箱とは対象的に中身はカラフル。

全部で9袋分のランナーです。

説明書は専用のものが付属しています。こちらは鮮やかなカラーフェイスアップイラスト。触るとそこそこの厚みを感じることができます。

一通り説明書をどうぞ。

以上、説明書でした。ストライクガンダムはRGおなじみのアドバンスド・MS・ジョイント構造。アドバンスド・MS・ジョイントのフレームに細かな外装パーツを取り付けて完成させるタイプです。なので何体か組んで構造を理解している場合は早く組み立てられるかと。マルチプルアサルトストライカーもRGからの流用なので、馴染みのある方も多いかもですね。

カラーガイドはかなり複雑に調色されています。色種もストライクとソード、ランチャーなどのカラーがあるので多め。そうでなくてもRGはパーツ数が多いので、塗装にはなかなか手間がかかりそうです。ゆっくり時間をかけて楽しみつつ塗装するって感じ。

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑Aランナー。ブルー、イエロー、レッド、クリアーピンクのイロプラランナーで、エールストライカーやストライクの胴体部パーツなど。以下、しばらくRGストライクガンダムからの流用ランナーが続きます。

↑Bランナー。ダークグレー成型色のアドバンスド・MS・ジョイントフレームです。

↑Cランナー。ホワイト、クリーム、ワインレッド、クリアーのイロプラランナーで、ストライクガンダムの頭部パーツや各部外装、エールストライカーの各部外装パーツなど。

↑D1、D2ランナー。ホワイト成型色で、ストライクガンダムの各部外装やシールドパーツなど。

↑Eランナー。レッドとブラックのイロプラランナーで、頭部や腹部、ソール部にシールド、エールストライカーパーツなど様々。

↑Fランナー。各部の内部パーツや57mm高エネルギービームライフルパーツなど。

↑Gランナー。ブラック成型色で、ショルダーアーマーなどの各部パーツ類。ABS素材で、強度が必要な箇所に使用するパーツになります。

ここまでがRGストライクガンダムからの流用ランナーです。

↑Hランナー。ホワイト、ブラック、ダークグレーのイロプラランナーで、バッテリーパックなどのマルチプルアサルトストライカー用パーツ。新規ランナーになります。

↑BA-0、SAランナー。BA-0はクリアー成型色のランナーレス台座。SAは2枚あり、クリアーピンク成型色のビーム刃パーツとレッド成型色の給弾ベルトや350mmガンランチャーパーツ。以下、しばらくRGスカイグラスパー ランチャー/ソードパックからの流用です。

↑SBランナー。グリーン成型色で、アグニや複合兵装ユニット「コンボウェポンポッド」用パーツなど。

↑SC、SD、SEランナー。SCはライトブルー、SDはホワイト、SEはブルー成型色で、ビームブーメラン「マイダスメッサー」、ロケットアンカー「パンツァーアイゼン」、15.78m対艦刀「シュベルトゲベール」用パーツなど。

↑SFランナー。ブラック(ダークグレー)成型色で、15.78m対艦刀「シュベルトゲベール」、アグニ他のパーツ類。

↑SG、SHランナー。SGはブラック成型色で、アグニのアームや120mm対艦バルカン砲パーツなど。SHはイエロー成型色で、アグニや複合兵装ユニット「コンボウェポンポッド」の各部パーツなど。

↑SIランナーとリード線。SIはブラック成型色で、15.78m対艦刀「シュベルトゲベール」やロケットアンカー「パンツァーアイゼン」パーツなど。

↑リアリスティックデカールです。

以上です。ランナー枚数多い・・・・レビュー疲れた・・・_| ̄|◯・・・・っと、心の声。

このキットは造形やプロポーションもいいですし、ポージングも決まる良いキットだと思います。それだけに、各部がゆるゆるなのがなんかもったいないかなぁと。自分は各部に接着剤を塗り塗りしつつ乾かして強度をアップさせましたが、それでも結構ゆるい箇所はありました。だいぶ強度も上がってきてポージングもしやすくなっていきましたが、ガンプラとしては組み立て直後でもしっかりとした強度がないと辛いところですよね。ポージングできないというのは本末転倒でもありますし;

ただ近年キット化されたRGサザビーやRGνガンダムは強度も高く、文句のない完成度を持っていると思います。それもこういったキットによって欠点を補っていった結果だと思うので、逆にアドバンスド・MS・ジョイントのありがたみを感じるという意味でも良いキットなのかも。

icon

⇒楽天でRG パーフェクトストライクガンダムを探す
⇒駿河屋でRG パーフェクトストライクガンダムを探す
⇒ヤフーショッピングでRG パーフェクトストライクガンダムを探す

コメントを残す