RG トールギス EW[チタニウムフィニッシュ]のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、RG 1/144 トールギス EW[チタニウムフィニッシュ]のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はトールギスの純白がそのまま反映されたホワイトカラー。フェイスアップ画像はおそらく通常版のRGトールギスEWのパケ絵の色をそのまま抜いたものではないかと。素立ちのほうは通常版の素立ちイラストに画像編集ソフトで加工したものみたいですね。チタニウムフィニッシュ版なので、素立ちのほうはそれっぽいグラデーションが施された画像になっています。

横絵にもフェイスアップ画像が加えられています。以前ご紹介したRG ウイングガンダムゼロ EW&ドライツバーク[チタニウムフィニッシュ]も横絵にフェイスアップが追加されていましたし、HGジョニー・ライデン専用ゲルググHGシン・マツナガ専用ゲルググJはパッケージを合わせることで剣を交えるシーンが演出できるものだったので、同時発売のライバル機として少しだけでも味のある演出がされているのは良いですね。

パケ絵は縦幅は通常のHGやRGと同じで、横幅が1cm程度長め。高さは2cm程度高さがあります。通常版のRGトールギスEWのパケ絵に比べて1cmほど高さがあって大きいですが、キット自体は付属品、本体共に通常版と同じです。なぜ・・・・・!?と思いますが、この理由はまた後ほど。

では開封。通常版は箱いっぱいにランナーが入っていましたが、こちらは割と余裕があります。大判ランナーもそれほど多くない感じです。

全部で6袋分のランナー。

説明書はチタニウムフィニッシュ版専用のペラ説明書が1枚と、RGトールギスEWの説明書がそのまま付属。RGウイングゼロ&ドライツバークチタニウムフィニッシュと同じ構成ですね。ペラ説明書は裏面は真っ白で、Aランナーと水転写デカールのパーツリストが掲載されているのみです。カラーガイドも通常版のものを参考にします。

RGトールギスEWの説明書については通常版のレビューをご覧ください。⇒RG トールギス EWのパッケージ・ランナー レビュー

チタニウムフィニッシュ加工が施された白いランナーは、2枚入りのものは1枚をビニールに入れて、キズがつかないように梱包されています。

では各ランナーを見ていきます。

↑Aランナー。ホワイト、ゴールド、ダークブラウンのイロプラランナーです。各部外装パーツ類など。通常版では1枚のイロプラでしたが、こちらは加工の都合から、ホワイト、ゴールド、ダークブラウンがそれぞれ分けて別々にパッケージされています。ランナーが分離梱包されているので、パッケージサイズも少し大きく、説明書にもAランナーのみが掲載されているんですね。

※ホワイトはチタニウムフィニッシュ加工、ゴールドはグロスインジェクション加工、ダークブラウンはメタリックカラー加工が施されています。

↑B、C1ランナー。Bがグレーのアドバンスド・MS・ジョイントパーツです。C1はホワイトの外装、シールドパーツなど。

ちょっと興味深いところですが、どのホワイトランナーも、端に素手か軍手などで触った跡が残っています。いつもとは違った加工が施されているのでしっかりと乾燥せず、跡が残ってしまったというところでしょうか。

↑D1ランナー。ゴールドの肩やシールド枠パーツ類。

ほぼオレンジのような色ですが、よく見ると粒子感があります。

↑E1、E2ランナー。共にホワイトのランナーで、脚部やスーパーバーニアなどのパーツ類。

チタニウムフィニッシュは(ホワイト成型色に)シルバーメッキ→パールホワイト(メッキ)で塗装されているため、内側のモールドが造形されている部分などはシルバーがそのまま露出した、塗装ムラのような状態になっています。ですがその塗装がキットをより輝かせるものになっています。

RGウイングゼロ&ドライツバークチタニウムフィニッシュも同じ加工がされていますが、こちらは元が白い成型色パーツですしアンダーゲートが使用されているので、ゲート跡があまり目立ちません。

↑Fランナー。ダークブルーのハンドパーツや脚部、腕部パーツ、ドーバーガンパーツなど。

ダークブルーのランナーはメタリックカラー加工が施されているので、金属感のある輝きがあります。

↑G1ランナー、ダークグレーのランナーで、各部内部パーツ類やスーパーバーニアのフレームパーツなど。

こちらもメタリックカラーで、粒子によって金属っぽさが出る加工が施されています。

↑G2ランナー。G1の一部と同じです。

↑H1、H2、SB-12ランナー。H1はクリアーのアイパーツやサーベル刃など。H2はレッドのグロスインジェクションで、クレストパーツ。SB-12はクリアーピンクのサーベル刃です。

↑リアリスティックデカールと水転写デカールです。

以上です。MGシナンジュなどでもちょいちょい発売されているチタニウムフィニッシュ加工ですが、RG1/144サイズは細かすぎて塗装ムラが出来てしまったり、ゲート跡が露出する場合は元の成型色を目立たない色にする必要があったりと、課題もまだいくつかありそうですね。

ただ、カラーリングや艶感はホントに素晴らしいので、グロスインジェクションやメタリックカラーのウェルドラインの最適化と共に、できるだけ見栄えの悪い部分を排除して、最適な完成度を持った仕上がりになるよう期待したいところです。

icon

⇒楽天でRG トールギス EW[チタニウムフィニッシュ]を探す
⇒駿河屋でRG トールギス EW[チタニウムフィニッシュ]を探す
⇒ヤフーショッピングでRG トールギス EW[チタニウムフィニッシュ]を探す

4 件のコメントがあります。

  1. 名無しのトールギス好き

    on 2019年2月14日 at 13:21 - 返信

    RGウイングゼロチタニウム版のウイングを移植してトールギスフリューゲルに出来そうですね。

    • nori

      on 2019年2月18日 at 01:51 - 返信

      コメントありがとうございます!
      試してみたんですけど、ちょっとダボサイズが合わなくて断念しました_| ̄|○
      トールギスフリューゲルみたく再現するには、ダボを太らせたりして少々改修する必要がありそうですね。

      • 名無しのトールギス好き

        on 2019年2月21日 at 00:07 - 返信

        ダボを太くする方法は木工用パテをダボの周りに付けて穴に合わせる感じですか?

        • nori

          on 2019年2月25日 at 03:16 - 返信

          コメントありがとうございます!
          木工用パテでなくても、通常の瞬間接着剤や、最悪ティッシュやマスキングテープでもいけるかもですね。
          ただ、ある程度サイズ差があるので、そうですねー・・・やっぱりマスキングテープを細く切って巻くのが一番無駄がなくて修正もきくのかなと思います;
          拙い返答ですが参考になれば幸いですm(_ _)m

コメントを残す