icon

RG シャア専用ズゴック レビュー

今回は、2014年7月に発売されたRG 1/144 MSM-07S シャア専用ズゴックのレビューをご紹介します!

RG シャア専用ズゴックは、『機動戦士ガンダム』に登場する水陸両用MS『シャア専用ズゴック』の1/144スケールモデルキットです。シャア専用機の赤いカラーリングを成型色で再現。水中を高速移動するための流線形ボディや柔軟性を備えた内部フレーム、細部ディテールなど、RGならでは精密さが追求されたキットになっています。価格は2,750円(税込み)です。

シャア・アズナブルが搭乗するジオン公国軍所属水陸両用MS『ズゴック』がRGでキット化。モノアイ内蔵型の胴体部や蛇腹状の四肢関節、鋭いアイアンネイルなど、印象的な機体形状がメカニカルに再現されています。

成型色は主にピンク、レッド、ダークグレーの3色。ただしそれぞれが2色で構成されるなど、多色整形での再現となっています。その他コックピットハッチがホワイト、モノアイやバイザーがクリアー成型色で再現されるなど緻密。大部分がパーツで色分けされているため、塗装はほとんど必要ありません。

外装の一部はアンダーゲート仕様。内部フレームにはズゴック用のアドバンスド・MS・ジョイント8フレームが採用され、リアルな可動を実現しています。

ポリキャップは不使用。関節強度はまずまずです。負荷がかかるような装備はなく、自立は安定しています。背部バックパックも自立に影響はありません。

4本爪のアイアンネイルパーツ✕2、ディスプレイ用ジョイントパーツ、シャア・アズナブルフィギュアが付属。

専用のリアリスティックデカールが付属します。

アドバンスド・MS・ジョイントによる内部フレーム。細身ですが、緻密なフレーム構造が再現されています。

頭部・胴体部。各部ともパーツ分割され、胸のスリットダクトやエアインテークなどが細かく緻密な造形で再現されています。外装のピンクも2色での再現。

頭頂部には240mmロケット弾を装備。弾頭の脱着や射出の再現などはありませんが、別パーツで色分けされています。

頭頂部パーツとクリアーのバイザーパーツは脱着が可能。モノアイを可動させる際に取り外します。モノアイは基部パーツに赤いシールを貼り、その上からクリアーパーツを被せての再現です。

モノアイは左右にロール可動し、上下にも可動させることができます。

腹部のコックピットハッチは展開が可能。下辺りを押し込むことで丈夫の白い部分が開きます。

胴体内部フレーム。エアインテーク内部にも網状のモールドが造形されています。コックピットにパイロットフィギュアは格納されておらず、シンプルなシートが造形されているのみです。

腰部もメカニカルに造形。

腰アーマーは可動式。モールド入りの裏打ちパーツが造形されています。股間部にはスライドギミックがあり、脚部の可動域を広げることができます。

腕部。個性的なデザインで、蛇腹状の関節と大きなアイアンネイルが印象的。

腕部内部フレーム。

腕部関節は3節で造形されています。それぞれが前後挟み込みタイプですが、側面の合わせ目は段落ちモールド化。表面には色分けパーツによるパネルが造形されるなどリアルにデザインされています。(ゲート跡が汚くてスイマセン;)

前腕部も2色のレッド成型色パーツでの再現。先端には3爪のアイアンネイルが造形されています。赤い装甲は前後挟み込みタイプで側面には合わせ目ができます。

3爪は展開が可能。中央にはメガ粒子砲が別パーツ化されています。基部が四方に可動。アイアンネイルのハンドパーツを適度に可動させることができます。

肘も深くまで曲げることが可能。

付属の4爪パーツに組み替えることで、オプション兵装として計画されていた4爪のアイアンネイルを再現することができます。

脚部も蛇腹状の大腿部と緻密な膝下形状が印象的。どっしりとした存在感あるデザインになっています。

脚部内部フレーム。

大腿部は3節の蛇腹型ですが、こちらはゲート跡が目立たず。後部には色分けパーツによるパネルも造形されています。

膝から下は前後挟み込みタイプですが、合わせ目部分にはパーツを噛ませることで対応してあります。わずかに出来る合わせ目も段落ちモールド化。

ソール部。スニーカーのようなキュートな形状ながら、つま先や脚甲がパーツで色分けされるなど緻密な作りに。脚底も広く安定感があります。

足裏には適度なモールドやスクリューが造形されるなど作りが細かいです。スクリューはメタリックグレー成型色での色分け。

スクリュー基部はスイングが可能です。

つま先は少し角度変更が可能。脚甲も少し浮かせることができます。つま先のダクトパーツはポロリしやすいので注意が必要です。

背部には2基のバックパック(複合エンジン)を装備。表面にはダクトがメカニカルにデザインされています。

外装は前後挟み込みタイプですが、側面の合わせ目は段落ちモールド化。下部内部にはメタリックグレー成型色のスクリューが造形されています。

1ダボ接続ですが、その下のストッパーによって適度な範囲内でスイングするようになっています。

HG陸戦型ジム、HGルプスレクスと並べてサイズを比較。ジム系よりも少し大きめ。ちなみにズゴックの全高は18.4mもしくは19.4mとなっています。

HGUCシャア専用ズゴックが手元になく、比較ができなくて申し訳ないですが、せめて手元にあるRG RX-78-2ガンダム、HGUCジムと並べて。ジャブロー基地内での戦闘シーンが再現できそうです。ジムもRG化されるといいですね。

腕は水平以上に上げることが可能。もう少し上げることができますが、アドバンスド・MS・ジョイントフレームなので水平にまでじわっと戻ってしまいます。破損が怖いですが、肘は90度程度まで曲げることが可能。蛇腹の節部分はそれぞれがなだらかに可動します。肘辺りの外装パーツが外れやすいので注意が必要。

肩の前後スイングはなし。肩の付け根がロール可動します。

腹部は少し前後スイングさせることができます。これ以上にスイングしますが、こちらもじわりと元に戻ってしまいます。胸部も少し左右にスイングしますが、元に戻ってしまうので可動の比較ができず;

腰は干渉なく360度回転が可能です。アクションベースやスタンドへは、股間部に付属のジョイントパーツを組み付けてのディスプレイとなります。ジョイントパーツの固定強度はあまり高くはないですが、3.0mm軸にも対応しています。

腰アーマーが小型且つ股間部に可動ギミックがあるので、前後開脚は幅広く展開させることができます。

膝は90度程度曲げることが可能。膝内部はアドバンスド・MS・ジョイントがむき出しの状態ですが、膝装甲には裏打ちパーツも造形されています。

足首は前後左右とも適度にスイングが可能。

左右への開脚は水平程度まで展開させることができますが、アドバンスド・MS・ジョイントの強度によって垂れやすくなるので注意が必要です。

脚の付け根と膝の2箇所がロールするので、内股、ガニ股は幅広く展開させることができます。

立膝はきれいな姿勢で再現することができました。

可動域の総括としては、可動範囲は広めで可動箇所も多く柔軟ではありますが、アドバンスド・MS・ジョイントの関節で曲げても元に戻りやすいのと、全体的に強度が弱めでヘナっとなりやすいので注意が必要です。主要関節の肩や膝肘、腰などは割と曲げた際の形状を保ってくれるので、その辺りでうまくポージングを再現することはできそうです。

シャア・アズナブルフィギュア。定番のマスク姿で、腕組みした状態でのポーズとなっています。赤成型色なので塗装時の隠蔽が気になるところです。下地塗装などしてから塗り分けると良さそうです。

可動箇所が多いので、より自然な姿勢でのポージングを再現することができます。

モノアイの可動が確認しづらいところではありますが、左右にスイングするので適度に表情をつけることができます。

HGUCジムと組み合わせれば、劇中のジャブロー攻略戦でジムを撃破したシーンも再現可能。RGズゴックのほうが圧倒的な密度感がありますが、その分際立つので良いかと。

立膝は劇中ほどきれいな姿勢を取るのは難しいですが、ある程度様になるかたちで再現することができます。

4爪のアイアンネイルを装備すればより攻撃的な武装として楽しむことができます。4爪はアドバンスド・MS・ジョイント仕様ではないので、爪を広げすぎるとすぐにヘタれて開かなくなるので注意が必要です。

適当に何枚かどうぞ。

ディスプレイ用ジョイントパーツを何度か脱着させていると、股間部とジョイントパーツがヘタれて全く固定できなくなりました;仕方がないので、コの字パーツを股間部に組付けてディスプレイさせています。

以上です。モノアイ可動ギミックやコックピットハッチの開閉など、細部にまでこだわったリアルなギミック、造形を楽しむことができます。各部のラインモールドやダクトスリットなどのメカニカルさも際立っていますし、同色部分も2色で緻密な色分けが再現されているのもいいですね。

気になる点は、アドバンスド・MS・ジョイントで関節が元に戻りやすいのと、膝内部パーツやつま先パーツなど、部分的にポロリしやすい箇所もあるので注意が必要です。個体差かもですが、股間部に組み付けるジョイントパーツがヘタれて固定できなくなったので、その点も深くしっかりと固定できるものであればと良かったですね。

欠点は色々とあるものの、細部ディテールやメカニカルさは一級品。プロポーションもバランスが取れていますし、アレンジの効いた脚部やバックパックなども違和感なくできています。ディスプレイ用に高い完成度を持ったズゴックとして楽しめそうですね。

⇒あみあみでRG シャア専用ズゴックを探す
⇒DMM.comでRG シャア専用ズゴックを探す
⇒駿河屋でRG シャア専用ズゴックを探す
⇒楽天でRG シャア専用ズゴックを探す
⇒ヤフーショッピングでRG シャア専用ズゴックを探す

キットの組み立てには『ヌルっと切れる片刃ニッパー』を使用しています。(一度切りです。)切れ味はもちろん優秀。薄刃ですが強度が高く長持ちするのでおすすめです。⇒ヌルっと切れる片刃ニッパーのレビューはこちら

icon

  • ,
  • タグ:

『ガンダムブログはじめました』を投げ銭で応援する

いつも『ガンダムブログはじめました』をご覧いただきありがとうございます。「この記事に満足した」「寄付してあげてもいいよ」という場合は、投げ銭していただけるとありがたいですm(_ _)m 投げ銭はAmazonギフト券で行っています。金額は15円から自由に設定が可能。ギフト送信時、『受取人』に入力していただくメールアドレスは「[email protected]」です。※投げ銭額は「金額を入力」欄に(15円から)書き込んでください。

投げ銭いただきました!

長太郎様 ガンダムブログ、とても参考にさせていただいております!MGEX ユニコーン、自分も楽しんで製作しようと思います(^^♪

おっさn様 いつも参考にさせていただいております

tak様 たくさんの画像ありがとうございます。ターンA,ターンXのブログともによかったです。

匿名希望様 見やすい写真レイアウトと、公平で無駄のない文章で購入の参考にとても役立っております。 微額ですがサイト運営のためにお納め頂ければ幸いです。 ご多忙と存じますが、コトブキヤ商品や30MMなどもレビューしていただければ更に助かります。

長谷川 亮様 いつもサイトを楽しく読ませていただいております。これからも頑張ってください。

y nose様 分かりやすい記事をいつもありがとうございます。製作、購入時の参考にさせて頂いております。

菊地 俊介様 素晴らしい仕上がりに敬服しております。

ありがとうございます! いただいた投げ銭はレビュー用キットの購入資金として大切に使わせていただきますm(_ _)m

コメントを残す