RG エリック・マンスフィールド専用ザクⅡ レビュー

今回は、RG 1/144 エリック・マンスフィールド専用ザクⅡのレビューをご紹介します!

RG エリック・マンスフィールド専用ザクⅡは、『機動戦士ガンダムMSV』より、ジオンのエースパイロット「エリック・マンスフィールド」が搭乗する高機動型ザクⅡの1/144スケールモデルキットです。特徴的なエリック・マンスフィールド専用機色を成型色で再現。左側頭部にブレードアンテナを新造し、RG特有のパーツ構成によって高機動型ザクⅡの重厚なスタイルが再現されたキットになっています。価格は3,240円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

RGジョニー・ライデン専用ザクⅡからバリエ展開されているRG高機動型ザクⅡの構造を元に、バックパック燃料タンクの小型化、脚後部に筒状の推進剤タンクを装備したR-1A型で再現。頭部ブレードアンテナや口元のカラーリングが印象的なキットになっています。

成型色は主にホワイト、グレー、ブラックの3色。低彩度迷彩が渋さを感じさせるカラーリングになっています。胴体部などはパーツによって細かく色分けされていますが、口元の特徴的なグレーはシールでの色分けです。

アドバンスド・MS・ジョイントに多少ヘタレやすさはありますが、組み立て直後は気になるほどではないかと。つま先が可動する分、自立に不安定さもありますが、しっかりと接地させた状態だと問題なく自立が可能です。

頭部。頭頂部には何もないですが、左側面にブレードアンテナを装備しています。口元のグレーはリアリスティックデカールでの色分け。

モノアイはクリアーパーツにシールを貼っての色分け。頭部を動かすと、モノアイもそれに合わせて左右に可動します。

シールを貼らない状態も再現してみました。色分けが無い(シールを貼らない)ほうがいいような気も・・・・;

胸部から腰部。各部がパーツによって色分けされ、RG高機動型ザクⅡの細かな造形やモールドも再現されています。胸部左右の角型パーツはポロリしやすいので注意です。小さいパーツなので、紛失しやすいです。

コックピットハッチは開閉可能。内部はシートが造形されているだけでパイロットフィギュアはありません。ハッチはMGのように左右チョイスはなく左固定です。腰アーマーはモールドの入った内部フレーム兼裏打ちパーツが造形されています。

右腕部はL字シールドを装備。ジョイントパーツはフレキシブルに可動します。アドバンスド・MS・ジョイントを基部として、複数の外装パーツを組み合わせて構成されています。L字シールドは内部に別パーツを挟み込んでの色分け。

左肩にはスパイクアーマーを装備。スパイクも別パーツ化され、装甲はホワイト2色で色分けされています。スパイクアーマーもジョイントパーツでフレキシブルに可動します。

脚部。ダクトや複数のバーニアなどを装備した、高機動型ザクⅡ特有のメカニカルな造形が再現されています。

後部の燃料タンクはR-1A型特有の筒状。下部左右の羽2枚は適度に可動します。脚部の動力パイプは、頭部や腰部とは違ってスプリングが内蔵されています。膝の曲げに対して柔軟に対応します。

ソール部はプレーンな造形です。足裏は別パーツによる細かな造形。3基のバーニアは内部も細かく造形されています。

バックパック。両脇の丸型タンクがRGジョニー・ライデン専用ザクⅡなどとは異なり、小型化されています(R-1A型の形状)。ダクト周りなどは複数パーツの組み合わせで細かく色分けされています。

バーニアは上下に可動。両脇の翼部も可動します。バーニア内部の造形は脚部3基バーニアと同じ。

一番形状が近いRG黒い三連星専用ザクⅡと並べて。頭部形状が違うだけですが、カラーリングの違いで印象が違っています。

手元にあるRGザクを一通り並べて。

可動域に関してはRG 黒い三連星専用ザクⅡとほぼ同じなのでそちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒RG 黒い三連星専用ザクⅡ レビュー

ジャイアント・バズ、ザク・バズーカ、ザク・マシンガン、ヒート・ホーク、武器用マウントパーツ(L字シールド用)、ヒート・ホーク用マウントパーツ、武器持ち手(左右)、平手(左右)、可動手(左右)、エリック・マンスフィールドフィギュアが付属します。

その他、細かい余剰パーツが多数付属します。

専用のリアリスティックデカールが付属。

フィギュアの形状はRGジョニー・ライデン専用ザクⅡなどに付属しているものと同じです。

ジャイアントバズ。高機動型ザクⅡ定番の武装です。複数パーツの組み合わせですが、グリップやセンサー周りだけ左右挟み込みタイプなので、上下に合わせ目ができます。成型色も形状も他のRG高機動型ザクⅡに付属のものと同じです。

グリップ、フォアグリップ、センサーなど、すべての箇所が可動します。砲口下部の金具部分も可動。

センサーはハッチが開閉式で、内部はクリアーパーツを取り付けるようになっています。抜けなくなりそうなので取り付けていません。

後部には弾頭が造形されています。

ザク・バズーカ。RGシャア専用ザクから付属する定番の武装です。

センサーやフォアグリップは可動しますが、グリップは可動しません。グリップには可動式のリブが造形されています。センサー内部はクリアーパーツではなく、同じ成型色のパーツを取り付けるようになっています。

説明書に記載はないですが、リアアーマーの中央部を展開することでザク・バズーカを懸架可能です。しっかりと固定はされないので、バックパックと組み合わせて保持するようになります。

ザクマシンガン。こちらもRGシャア専用ザクから付属しています。

センサーはクリアーパーツを取り付けるようになっています。フォアグリップやセンサーは可動式。上部のドラムマガジンは脱着が可能です。

グリップには可動式のリブがあります。ドラムマガジンはリアアーマーやサイドアーマーにマウント可能。

ヒート・ホークも定番の武装。グリップには保持用のダボが造形されています。刃の部分は別パーツ化されているので、塗装しやすくなっています。

マウントパーツを使うことで、ヒート・ホークをサイドアーマーやリアアーマーにマウント可能です。

L字シールドにジョイントパーツを取り付けることで、ジャイアントバズ、ザクマシンガン、ヒート・ホークがまとめてマウント可能です。 ただ、全ての武器を取り付けると肩が重量に負けてしまうので、垂れないようにアドバンスド・MS・ジョイントを補強する必要があります。

適当に武装して。武装スタイルにはザクならではの渋さを感じます。ジャイアントバズでも腕が垂れやすいので、保持強度の弱さはこのキットの問題点ですね。

ジャイアントバズは、片手保持の場合は垂れやすいですが、担ぐ分には問題ないです。グリップも可動するので自然な保持が可能。

肩可動は柔軟なので、両手持ちはラクに再現が可能です。

背中のザク・バズーカは腹部の反らせ方によっては外れ落ちることもあるので注意です。

ザク・マシンガンは安定した保持が可能。構えても肩が垂れることはありません。手のひらにリブで固定しているのでガッチリと保持できていますが、逆に外すとき、リブが破損したりする場合もあるので注意しながら脱着します。

両手持ちもラクです。

ザク・バズーカはグリップが可動しないので肩に担ぐポーズは支えて難しいです。無理に担ごうとするとハンドパーツが手首から離れるので、脇に抱えて保持や射撃ポーズをしたほうがラクで安定します。

 

ヒート・ホークは手のひらにダボ固定してもいいですし、可動ハンドパーツで握らせるのもありです。

以上です。口元の色分けは好みが分かれそうですが、全体的なカラーリングはミリタリー感が強く出ていていいと思います。頭部のアンテナも他の高機動型ザクⅡとは違った表現がされていていいですね。

このRG高機動型ザクⅡはどれも同じことが言えますが、アドバンスド・MS・ジョイントによる肩部が弱めで、重量のある武器を保持すると垂れやすくポージングしにくいので、その点はやはり気になりますね。それと、胸部両脇のパーツも定番のポロリパーツなので、補強してやったほうがいいかと思います。

この精密感はRGならではなので、バリエ機収集の一体として、ひと味違った高機動型ザクⅡを楽しんで見るのもいいですね。

icon

⇒楽天でRG エリック・マンスフィールド専用ザクⅡを探す
⇒駿河屋でRG エリック・マンスフィールド専用ザクⅡを探す
⇒ヤフーショッピングでRG エリック・マンスフィールド専用ザクⅡを探す

コメントを残す