RE/100 ガンイージ 陸戦タイプ レビュー

今回は、RE/100 1/100 ガンイージ 陸戦タイプのレビューをご紹介します!

RE/100 ガンイージ 陸戦タイプは、『機動戦士Vガンダム ニューモビルスーツバリエーション』より、『ガンイージ 陸戦タイプ』の1/100スケールモデルキットです。陸戦タイプの防塵処理が施された特徴的な機体形状と、成型色とパーツ分割による陸戦機らしいサンドカラーを再現。ガンイージの各種武装類に加え、特徴的な新規デザインの水転写式デカールが付属。価格は3,780円(税込み)。プレミアムバンダイ限定の商品です。

2018年12月に発売されたRE/100 ガンイージをベースに、頭部や胴体部、肩部、脚部などが陸戦タイプ用に新造。地上運用機らしいカラーリングを交え、バリエーション機として通常のガンイージとは違った印象を持つキットになっています。

成型色はブラウンとライトブラウンがメイン。陸戦タイプらしいサンドカラーが再現されています。関節なども通常のガンイージとは異なるダークグレーでの色分け。新造箇所により、シールで補う箇所が通常のガンイージよりも少し増えています。

構造はRE/100ガンイージと変わらずで自立も安定しています。RE/100おなじみのポリキャップ(PC-210)を使用。

新造箇所を含め、通常のRE/100ガンイージと比較しつつ各部を見ていきます。

頭部。一見すると通常のガンイージと同じように見えますが、バイザーやバルカン、額モールドなどの形状が細かく違っていて、陸戦タイプ用に右側面にアンテナが造形されています。左右のダクト内部はシールでの色分け。

アンテナは細いので、引っ掛けて折ってしまわないよう注意です。頭部は前後挟み込みタイプで、側面に合わせ目ができます。肩のコンテナも陸戦タイプ用にミリタリー調のものが新造されています。

とさか前後のセンサーやツインアイはシールでの色分け。ツインアイやセンサーはクリアーパーツではなく、赤いパーツにシールを貼るようになっています。ツインアイは通常のガンイージとは違ってオレンジです。

胸部から腰部。エアインテーク周りやフロントアーマーなどは通常のガンイージと変わりませんが、肩のウェポンコンテナや腰のサイドアーマーが陸戦タイプ用に新造されています。エアインテーク内部はスリットモールドの入ったパーツに、赤いシールを貼っての色分けです。

ウェポンコンテナ内部は通常のガンイージと同じ。右肩にサーベル柄、左肩に2連マルチ・ランチャーが内蔵されています。

通常のガンイージと同じく肩のウェポンコンテナは脱着が可能で、プレーンなパーツを取り付けることでシンプルな形態が再現可能です。

サイドアーマーは陸戦タイプ用に新造されています。

腰アーマー裏は通常のガンイージとあまり変わらず。フロントアーマーのみ裏打ちパーツが造形されています。股間部はスライド可動にギミックによって脚部の可動域が広がるようになっています。

腕部。フォルムは通常のガンイージとあまり変わりませんが、ショルダーアーマー前後に角型のダクトが造形された新規パーツになっています。

二の腕や前腕などは通常のガンイージと全く同じ形状。ですが前腕部がブラウンとライトブラウンの2色で色分けされています。カラバリによって重複しているパーツがあるので、色を間違えて組まないよう注意が必要です。

前腕はブラウンの部分が回転可動します。左腕部の前腕にはビーム・シールド発生器を装備。

ショルダーアーマー。通常のガンイージに比べ、前後にダクトが造形され、上部の細いダクトがオミットされています。ダクト内部はスリット入りで黒いシールでの色分けですが、ふちは黒く塗り分けが必要です。

脚部。こちらも全体的なフォルムは通常のガンイージとあまり変わりませんが、リアの装甲が3本のスリットが入った新規パーツになっています。ふくらはぎ後部に合わせ目ができます。

ソール部は通常のガンイージと同じ形状。ですが成型色が変わってミリタリー調になっています。

背部も通常のガンイージと同じで、4基のスラスターが造形されています。

通常のガンイージと並べて。カラーリングも含め、陸戦タイプはミリタリー感が強いです。

プレバンから発売のRE/100 ガンブラスターとも並べて。

同型機なので、ブースター・パック(ツインテールユニット)も問題なく取り付けられます。これはこれでありかも。

肩のウェポンコンテナが異なりますが、頭部の左右への可動にそれほど差はないようです。ごく僅かに干渉しやすいかなという程度。

肩の可動にも特に影響はないようです。

その他の可動域や他キットとのサイズ差などは通常のRE/100ガンイージと同じなのでそちらのレビューをご参考くださいm(_ _)m

⇒RE/100 ガンイージ レビュー

ビーム・バズーカ、ビーム・ライフル、扇形ビームサーベル刃、ビームサーベル刃、ビーム・シールド、肩パーツ×2、ビーム・バズーカ用マウントパーツ、ビーム・ライフル用マウントパーツ×2が付属。通常のガンイージに付属しているものと同じです。

ガンイージ用の余剰パーツが多数付属します。サイドアーマーが付属しないので通常のガンイージとして組むことはできませんが、カラバリを楽しむには十分なパーツ数です。ビームサーベル刃も1本は余剰です。

特徴的なマーキングの水転写デカールが付属。

ビーム・バズーカ。ガンイージに付属しているものと同じです。左右挟み込みタイプですが、上下の合わせ目は段落ちモールド化されています。

グリップは収納式。センサーは赤いシールでの色分けです。

マウントパーツを使ってリアアーマーに懸架可能です。

ビーム・ライフル。MG VガンダムVer.Kaに付属しているものと同じです。合わせ目はできない構造になっています。センサーはクリアーグリーンパーツによる色分け。

分解することでビーム・ピストルとして使用可能です。

マウントパーツを使って、ふくらはぎにマウント可能です。

ビーム・シールドはシールド発生器に挟み込んで固定。固定強度は高めですが、リアアーマーにビーム・バズーカを取り付けていると干渉しやすいので注意です。角度を変えると七色に輝きます。

一通り武装した状態で。ビーム・バズーカはグリップとダボ固定でグリップも可動するので、干渉もなく持たせやすいです。

キットのバランスは良いですし、ポージングは決まりやすいです。あまりガシガシと動かすと、二の腕や脚の付け根などが抜けやすいので注意です。

ビーム・シールドはブラックライトで発光はしませんが、光に当てると虹色に輝き、ビームの鮮やかさが再現されています。

ビーム・ライフルは前腕と干渉して分解しやすいので、ポージング時は少しストレスを感じるかも。

サーベル柄はダボ固定が浅めで外れやすく、固定するという部分では難しいかも。ですがダボを差し込まなくてもハンドパーツで挟んで保持できるので、それほど苦になることはありません。

適当に何枚かどうぞ。

肩のウェポンコンテナからマルチ・ランチャーを発射!

以上です。通常のガンイージとは違った、ミリタリー感のあるカラーリングが特徴的。泥臭い感じが出ていて渋いキットになっていると思います。小型で取り扱いやすいので、ポージングしていてもあまり不満はないですね。

気になる点としては、やはりビーム・ライフル。元々2009年に発売されたMG VガンダムVer.Kaなどに付属している武装なので、安定性は高くなく、バラけやすいです。装備するとかっこいいですが、ちょっとしたストレスになることもありそうです。

デカールも特殊で陸戦タイプとしての各部形状も独特なので、一味違うガンイージとして楽しめるのではないでしょうか。

icon

⇒楽天でRE/100 ガンイージ 陸戦タイプを探す
⇒駿河屋でRE/100 ガンイージ 陸戦タイプを探す
⇒ヤフーショッピングでRE/100 ガンイージ 陸戦タイプを探す

コメントを残す