MG Gパーツ[フルドド]のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 Gパーツ[フルドド]のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイドのレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵のデザインは前回ご紹介したMG 1/100 Gパーツ[フルドド](実戦配備カラー)とほぼ同じ。ですが上部に写っているヘイズル改が、ヘイズル・ラー第2形態とヘイズル・ラーで分けられています。それと、パッケージカラーがネイビーからダークグレーに変更されていて、さらに右下の爆発による閃光追加されています。色がダークグレーになっているのは、おそらくフルドドの白を目立たせるためでしょうね。

では早速開封。やや物足りなさも感じるボリューム。比較画像は載せていませんが、箱の大きさはMGジム系キットなどと同じくらいのサイズです。

全部で4袋分のランナーです。

表紙やデカールガイドなどもフルドド実戦配備カラーと似た感じ。表紙イラストはカラーなので閃光が鮮やかです。ちょっと小話ですが、フルドドはハンブラビにつながるとの設定もあるとのこと。フルドド2機合体はどうもエイのような形状に感じますし、ハンブラビにつながるのも納得な気がします。

では説明書を一通りどうぞ。

以上、説明書でした。組み立てはフルドド実戦配備カラーとほぼ同じ。既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、MG Gパーツ[フルドド](実戦配備カラー)にはヘイズル・ラー第2形態への換装が記載されていますが、このMG Gパーツ[フルドド]にはヘイズル・ラーへの換装方法しか記載されていません。なので、もしこのMG Gパーツ[フルドド]を2体購入してヘイズル・ラー第2形態を再現したい場合は、実戦配備カラーの説明書をご参考ください。⇒MG Gパーツ[フルドド](実戦配備カラー)のパッケージ・ランナー レビュー

カラーガイドはMGガンダムTR-1[ヘイズル改]のものと全く同じ。(簡単でスイマセン^_^;)

では各ランナーを簡単に見ていきます。

↑A1ランナー。ホワイトのランナーです。フルドドの外装パーツ類。

↑A2ランナー。ホワイトのランナーで、こちらも外装パーツ類。

↑B1ランナー。グレーの内部パーツ類。換装時のマウントパーツも含まれています。このグレーは実戦配備カラーのフルドドと同じ成型色。少し柔めの素材(KPSかな?)でできているので、接続部などに使うとネジ切れることもなく、パーツ同士の接続には適した素材になっています。

↑B2ランナー。グレーのランナーで内部パーツ類。

↑C、Dランナー。Cがネイビーのスラスターウイング用外装パーツで、Dがイエローのダクトパーツ類。

↑BA13-B1/B2ランナー。ブラックの台座用パーツです。

↑BA13-Aランナーと水転写デカール。BA13-Aはブラックの台座パーツです。水転写デカールも実戦配備カラーと同じデザインです。

以上です。実戦配備カラーと白ヘイズルの第2形態再現のため、制作したフルドドは合計4機。同じ作業の繰り返しでフルドドを極めた感がありますし、さすがにもう空きました^_^; 何体も作ると組み立て方も覚えますし、パーツもそれほど多くなく、わかりやすい形状なので説明書を見ずに組み立てられるようになりますね。

フルドドのキット自体はネイビーとホワイトで印象もだいぶ違いますし、第2形態にするにもアドバンスド・ヘイズルと通常のTR-1[ヘイズル改]を使うのとではかなり違ってくるので、両方楽しめるのがありがたいところです。

置き場所には少し悩む大柄なキットですが、できれば両第2形態を並べて飾ると迫力があっていいかと思います。AOZのストーリーはあまり詳しくないんですけど、こんな派手さのある機体がバトルを繰り広げるシーンを演出したり想像しながら、アニメ化を待つのもガンプラの楽しみの一つですね。

icon

⇒楽天でMG Gパーツ[フルドド]を探す
⇒駿河屋でMG Gパーツ[フルドド]を探す
⇒ヤフーショッピングでMG Gパーツ[フルドド]を探す

コメントを残す