MG ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)のパッケージ・ランナー レビュー

今回は、MG 1/100 ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)のパッケージ、ランナーのレビューをご紹介します!箱絵とランナー各種、説明書、カラーガイド等のレビューも合わせてご紹介していきます。では箱絵からどうぞ。

パケ絵はネイビーカラー。プレバン商品なので単色です。機体色がティターンズカラーだからということもありますが、白いヘイズル改もアドバンスド・ヘイズルもネイビーカラーだったので、ヘイズル系はすべて統一されているっぽいですね。側面の英語表記も白いヘイズル改と同じ。実戦配備カラーの部分がCOMBAT DEPLOYMENT COLORSと記載されています。ちなみにDEPLOYMENTは「配置する」とか「展開する」とかの意味。

実戦配備カラーの箱のサイズは、縦横は一般的なMGやVer.Kaのパッケージと同じで、高さが1cm程度薄め。白いヘイズル改と同じ大きさでした。一方、アドバンスド・ヘイズルはカスタムパーツ類が付属しているので、MGジャスティスガンダムやVer.Kaのサイズと同じになっています。

では開封。なかなか多いですね;ですがヘイズルは大きいパーツも多いので、そこまで組み立てに手がかかる感じでもなかったです。ちまちま感もなく、組み立てやすいですね。

全部で7袋分のランナー。

説明書を見ていきます。説明書は白いヘイズル改用のものに加え、実戦配備カラー用のペラ説明書が1枚付属しています。今回は実戦配備カラー用のペラ説明書のみレビューしますので、白いヘイズル改用の説明書はMGヘイズル改のパッケージ・ランナーレビューを御覧くださいm(_ _)m ⇒MG ガンダムTR-1[ヘイズル改]のパッケージ・ランナー レビュー

では実戦配備カラー用の説明書を見ていきます。この説明書にはパーツリストが掲載されていますが、ここに掲載されているのがすべてではありません。白いヘイズル改とは形状の違うランナーがピックアップされているだけです。

ペラ説明書に記載されている組み立ては、胸部と肩内部パーツのみ。配色が異なる部分だけランナー番号が違うので新規で掲載されています。まぁこれだけなら完全新規の説明書にするほどではないですね。

裏面はデカールの貼り方や塗装例が掲載。こちらは流石にカラー仕様でした。掲載されているヘイズル改はシンプルに塗装されているのみですが、それでも見本が掲載されていれば細かい部分の塗装を確認出来たりするのでいいですね。

カラーガイドは基本的な塗料が使用されていて、比較的手元にあるようなものになっています。色味の変化やオリジナリティという意味では物足りなさもあるかもしれませんけど、この色を参考に塗装するとまず間違いないヘイズル改に塗装できると思います。ちなみにこのカラーガイドはアドバンスド・ヘイズルと全く同じです。

では各ランナーを見ていきます。

↑A1ランナー。グレー、ホワイト、クリアーグリーンのイロプラランナーです。白いヘイズル改のランナーに比べ、左の襟パーツがなくなっています。他の部分の形状は同じ。

↑A2ランナー。グレーとホワイトのイロプラランナー。A1の一部と同じです。

↑B1、B2ランナー。ともにイエローのランナーです。B1が白いヘイズル改のものと異なり、左下に襟パーツが追加されています。B2はB1の一部と同じ。

↑C1、C2ランナー。ともにグレーのランナーです。C1の右下に肩内部パーツが追加され、白いヘイズル改には付属していないC2ランナーが追加されています。

↑Dランナー。ネイビー(ダークブルー)のランナーです。こちらも白いヘイズル改修に比べ、右上の襟パーツがなくなっています。

↑Eランナー。ネイビーのランナーで、同じものが2枚付属します。このランナーも白いヘイズル改では右上にあった肩内部パーツが省かれています。

↑Fランナー。グレーのランナーです。MGガンダムMk-Ⅱ Ver.2.0からの流用で、各部の内部パーツ用ランナーになります。

↑Gランナー。グレーのランナーです。こちらもMGガンダムMk-Ⅱ Ver.2.0からの流用で脚部などの内部パーツ類です。

↑H1、H2ランナー。H1がホワイトで、シールドブースター用パーツ。H2がレッドで、胸部、腰部、顎パーツです。

↑I1、I2ランナー。ともにグレーのランナーです。ヘイズル改の内部パーツ類。

↑K、SB1ランナー。Kがグレーで内部パーツやマニピュレーターなど。MGガンダムMk-Ⅱ Ver.2.0からの流用です。SB1はクリアーピンクのサーベル刃用ランナーです。

↑ポリキャップ、水転写デカール、ホイルシール、ワニスチューブです。ポリキャップは定番のPC-130B。ワニスチューブは必要最低限の量しか付属していないので、切り間違えないようご注意を。

以上です。組立自体は白いヘイズル改とほとんど変わらずですが、部分的に違った配色のパーツが使われていたり、説明書をあっちこっち見比べたりするという、普段煩わしさを感じる部分があるのが逆に楽しみだったりします。白いヘイズル改と変わらないだけに、そういった部分に違いを感じることができるのは嬉しいような悲しいような;

今回、アドバンスド・ヘイズルのみでヘイズル・ラーが再現出来なかったら困るので入手してみましたが(その必要はなかったみたいですけど)、やっぱりこのキット単体としても惚れ惚れするような重厚感ある造形とティターンズカラーはとても魅力的に映りますね。個人的にも白ヘイズル改とどちらがいいかの選択は『差がないくらいどちらも良い』ということで落ち着きました^_^;

これでアドヘイと実戦配備カラー両方でのフルドド装備ができるので、どちらが相性がいいか、デザイン的な秀逸さがあるかも確認したいと思います^_^

icon

⇒楽天でMG ガンダムTR-1 [ヘイズル改](実戦配備カラー)を探す
⇒駿河屋でMG ガンダムTR-1 [ヘイズル改](実戦配備カラー)を探す
⇒ヤフーショッピングでMG ガンダムTR-1 [ヘイズル改](実戦配備カラー)を探す

コメントを残す